企業研究

三井物産の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

三井物産における最近の平均年収推移

総合商社として名高い三井物産。明治時代に初の総合商社として創立され、以降も日本企業として初めて海外進出を果しました。総合商社ということで年収も高いイメージがつよい会社ですが、実際の年収はいくらぐらいなのでしょうか。また、平均年齢や勤続年数も気になるところです。以下にまとめてみました。

三井物産とは

正式名称:三井物産株式会社
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目1番3号
従業員数:5,971名
平均年齢:42.4歳
平均勤続年数:18年11か月
※http://www.mitsui.com/jp/ja/
※有価証券報告書を参照

「商社マン」と聞いて真新しいスーツを着た若者をイメージする人と、貫禄のある年配
の人をイメージする人それぞれだと思います。実際の平均年齢は働き盛りの40代で、勤続年数は約19年。厚生労働省の賃金構造基本統計調査での平均よりも5年程度も勤続年数が長いことが分かります。これらの数字が年収の高さと比例しているのでしょうか。

近年の平均年収推移

三井物産の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 1,214.0万円
平成27年 1,363.0万円
平成26年 1,361.0万円
平成25年 1,352.0万円
平成24年 1,363.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

グラフを見ても分かるように、ここ5年間は常に平均年収が1,200万円を超える高収入となっています。やはり、総合商社のトップクラスだけあって安定感があるようですが、平成27年から平成28年にかけてはおよそ150万円も平均年収が下がっています。では、年齢別での年収に差はあるのか見てみましょう。

三井物産における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 605.6万円 39.9万円 127.4万円
25~29歳 1,037.8万円 68.3万円 218.4万円
30~34歳 1,203.7万円 79.2万円 253.3万円
35~39歳 1,312.7万円 86.4万円 276.2万円
40~44歳 1,362.4万円 89.6万円 286.6万円
45~49歳 1,460.9万円 96.1万円 307.4万円
50~54歳 1,524.1万円 100.3万円 320.7万円
55~59歳 1,432.5万円 94.3万円 301.4万円
60~64歳 981.9万円 64.6万円 206.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 39.9万円 127.4万円 605.6万円
23歳 45.5万円 145.6万円 692.1万円
24歳 51.2万円 163.8万円 778.5万円
25歳 56.9万円 182.0万円 864.9万円
26歳 62.6万円 200.2万円 951.4万円
27歳 68.3万円 218.4万円 1,037.8万円
28歳 70.5万円 225.3万円 1,071.0万円
29歳 72.7万円 232.3万円 1,104.1万円
30歳 74.8万円 239.3万円 1,137.3万円
31歳 77.0万円 246.3万円 1,170.5万円
32歳 79.2万円 253.3万円 1,203.7万円
33歳 80.6万円 257.8万円 1,225.5万円
34歳 82.1万円 262.4万円 1,247.3万円
35歳 83.5万円 267.0万円 1,269.1万円
36歳 84.9万円 271.6万円 1,290.9万円
37歳 86.4万円 276.2万円 1,312.7万円
38歳 87.0万円 278.3万円 1,322.7万円
39歳 87.7万円 280.4万円 1,332.6万円
40歳 88.3万円 282.5万円 1,342.5万円
41歳 89.0万円 284.6万円 1,352.4万円
42歳 89.6万円 286.6万円 1,362.4万円
43歳 90.9万円 290.8万円 1,382.1万円
44歳 92.2万円 294.9万円 1,401.8万円
45歳 93.5万円 299.1万円 1,421.5万円
46歳 94.8万円 303.2万円 1,441.2万円
47歳 96.1万円 307.4万円 1,460.9万円
48歳 97.0万円 310.0万円 1,473.6万円
49歳 97.8万円 312.7万円 1,486.2万円
50歳 98.6万円 315.4万円 1,498.8万円
51歳 99.5万円 318.0万円 1,511.4万円
52歳 100.3万円 320.7万円 1,524.1万円
53歳 99.1万円 316.8万円 1,505.7万円
54歳 97.9万円 313.0万円 1,487.4万円
55歳 96.7万円 309.1万円 1,469.1万円
56歳 95.5万円 305.2万円 1,450.8万円
57歳 94.3万円 301.4万円 1,432.5万円
58歳 88.3万円 282.4万円 1,342.4万円
59歳 82.4万円 263.5万円 1,252.2万円
60歳 76.5万円 244.5万円 1,162.1万円
61歳 70.5万円 225.5万円 1,072.0万円
62歳 64.6万円 206.6万円 981.9万円
63歳 51.7万円 165.3万円 785.5万円
64歳 38.8万円 124.0万円 589.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井物産の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,802.9万円
課長 1,410.1万円
係長 1,073.8万円
20~24歳の一般社員 605.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三井物産の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 24万円
大学院卒 27.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

気になる初任給では、大卒と大学院卒の差額は約3.5万円とほかの企業に比べると
やや大きい傾向にあるようです。

総合商社業界における年収の傾向とは

総合商社業界とは

一般的に「高収入」のイメージの強い「商社」業界ですが、ものづくりで成長してきた日本を支えてきたのが大手商社企業なのです。商社業界には総合商社他、専門商社があります。総合商社は食べ物から機械まで幅広く取り扱っていますが、専門商社はある特化した事業においての企業間取引を行っています。それらの市場規模は何十兆円という大規模なものです。

総合商社業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 三井物産 総合商社業界
20~24歳 605.6万円 612.1万円
25~29歳 1,037.8万円 994.4万円
30~34歳 1,203.7万円 1,126.1万円
35~39歳 1,312.7万円 1,231.3万円
40~44歳 1,362.4万円 1,275.7万円
45~49歳 1,460.9万円 1,301.0万円
50~54歳 1,524.1万円 1,335.8万円
55~59歳 1,432.5万円 1,309.0万円
60~64歳 981.9万円 1,029.6万円
生涯賃金 5.46億円 5.11億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

初任給こそ600万円台ですが、25歳を過ぎた頃にはすでに年収1,000万を超えています。ピークの50代にともなると、20代前半の約3倍と大きく差が出ていることが分かります。

まとめ

総合商社業界の中でも常にトップクラスの三井物産は、数字を見ても分かるように生涯を通じて安定した高年収と言えるでしょう。他の商社と比較してもほぼ年収を上回っています。これらの数字が勤務年数の長さと比例しているのかもれしません。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ