企業研究

アステラス製薬の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アステラス製薬における最近の平均年収推移

東証一部で医薬品国内トップクラスにあるアステラス製薬は、大企業のイメージが強いのではないでしょうか。実際にはどのくらいの年収なのが、また、年齢別、役職別に調べてみました。

アステラス製薬とは

正式名称:アステラス製薬株式会社
所在地:東京都中央区日本橋本町2-5-1
従業員数:5,186名
平均年齢:42.6歳
平均勤続年数:17.3年
※https://www.astellas.com/jp/
※有価証券報告書を参照

「医薬品」の代表とも言える大きなでシェアを誇るアステラス製薬は、従業員も5,000人を超えます。国内製薬業界3強とも呼ばれ武田・第一三共と共にこの製薬会社は大きくなりました。

近年の平均年収推移

アステラス製薬の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 1,073.0万円
平成27年 1,069.0万円
平成26年 1,056.0万円
平成25年 1,036.0万円
平成24年 1,015.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

グラフを見て分かるように、ここ5年間の平均年収は1,000万円でほぼ横ばいとなっています。安定した高収入と言えるでしょう。

自分が医薬品業界に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、医薬品業界の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が医薬品業界に向いているか、サクッと診断してみましょう。

アステラス製薬における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 598.0万円 37.2万円 151.6万円
25~29歳 886.9万円 55.2万円 224.9万円
30~34歳 1,035.7万円 64.4万円 262.6万円
35~39歳 1,118.8万円 69.6万円 283.7万円
40~44歳 1,190.8万円 74.1万円 301.9万円
45~49歳 1,308.4万円 81.4万円 331.7万円
50~54歳 1,387.1万円 86.3万円 351.7万円
55~59歳 1,299.3万円 80.8万円 329.4万円
60~64歳 832.8万円 51.8万円 211.1万円

編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 37.2万円 151.6万円 598.0万円
23歳 40.8万円 166.3万円 655.8万円
24歳 44.4万円 180.9万円 713.6万円
25歳 48.0万円 195.6万円 771.4万円
26歳 51.6万円 210.2万円 829.1万円
27歳 55.2万円 224.9万円 886.9万円
28歳 57.0万円 232.4万円 916.7万円
29歳 58.9万円 239.9万円 946.4万円
30歳 60.7万円 247.5万円 976.2万円
31歳 62.6万円 255.0万円 1,005.9万円
32歳 64.4万円 262.6万円 1,035.7万円
33歳 65.5万円 266.8万円 1,052.3万円
34歳 66.5万円 271.0万円 1,068.9万円
35歳 67.5万円 275.2万円 1,085.6万円
36歳 68.6万円 279.4万円 1,102.2万円
37歳 69.6万円 283.7万円 1,118.8万円
38歳 70.5万円 287.3万円 1,133.2万円
39歳 71.4万円 291.0万円 1,147.6万円
40歳 72.3万円 294.6万円 1,162.0万円
41歳 73.2万円 298.3万円 1,176.4万円
42歳 74.1万円 301.9万円 1,190.8万円
43歳 75.5万円 307.9万円 1,214.3万円
44歳 77.0万円 313.8万円 1,237.9万円
45歳 78.5万円 319.8万円 1,261.4万円
46歳 79.9万円 325.7万円 1,284.9万円
47歳 81.4万円 331.7万円 1,308.4万円
48歳 82.4万円 335.7万円 1,324.1万円
49歳 83.3万円 339.7万円 1,339.8万円
50歳 84.3万円 343.7万円 1,355.6万円
51歳 85.3万円 347.7万円 1,371.3万円
52歳 86.3万円 351.7万円 1,387.1万円
53歳 85.2万円 347.2万円 1,369.5万円
54歳 84.1万円 342.8万円 1,352.0万円
55歳 83.0万円 338.3万円 1,334.4万円
56歳 81.9万円 333.9万円 1,316.9万円
57歳 80.8万円 329.4万円 1,299.3万円
58歳 75.0万円 305.8万円 1,206.0万円
59歳 69.2万円 282.1万円 1,112.7万円
60歳 63.4万円 258.4万円 1,019.4万円
61歳 57.6万円 234.8万円 926.1万円
62歳 51.8万円 211.1万円 832.8万円
63歳 41.4万円 168.9万円 666.2万円
64歳 31.1万円 126.7万円 499.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アステラス製薬の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,780.2万円
課長 1,392.4万円
係長 1,060.3万円
20~24歳の一般社員 598.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アステラス製薬の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22万円
大学院卒 24.4万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒と大学院卒で、約2万5千円の差があるようです。他の企業と比べると差はそれほどないのかもしれません。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

「医薬品」と一言で言っても、薬の販売だけでなく医薬品の研究開発から効果の確認まで幅広く携わっています。日本の医薬品市場では約10兆円を占めるほど重要であることがわかります。売り上げ高を見ても、武田薬品工業に次いで2位を占め大変高い業績を残しています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 アステラス製薬 医薬品業界
20~24歳 598.0万円 476.7万円
25~29歳 886.9万円 595.2万円
30~34歳 1,035.7万円 682.4万円
35~39歳 1,118.8万円 731.8万円
40~44歳 1,190.8万円 798.3万円
45~49歳 1,308.4万円 855.6万円
50~54歳 1,387.1万円 908.9万円
55~59歳 1,299.3万円 882.6万円
60~64歳 832.8万円 611.4万円
生涯賃金 4.83億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

数字を見て分かるように、30代から年収は1,000万を超え、他の医薬品業界よりも長く高収入が維持されていることが分かります。また、40代~50代になると、他の医薬品業界より500万近く差があります。

年収以外の魅力

アステラス製薬は年収以外にも、多くの魅力を持っている企業です。就職活動をするにあたり、医薬品業界に就職したいと考えている人やアステラス製薬に応募を考えている人、気になっている人は、企業の情報を知るとともに、年収や企業としての魅力などについてしっかりと知っておきましょう。

それらの知識は就職活動、採用後も利点が多く、役立つことがあるので研究しましょう。アステラス製薬の魅力や特徴は、充実の研究開発体制と充実したMR(医薬情報担当者)体制です。アステラス製薬の魅力について詳しく見ていきましょう。

充実の研究開発体制

アステラス製薬では、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」という経営理念のもと、変化する医療の最先端に立ち、グローバル市場において医薬品を生み出しています。国内トップクラスの研究開発投資と体制を構築して居るのが特徴です。アステラス製薬は医療用医薬品事業に資源を集中することで革新的な新薬の研究開発に取り組んでいます。

そうした中で、多くの新薬候補品群を持つことに成功しています。泌尿器、免疫疾患および感染症、精神・神経疾患、糖尿病合併症および代謝性疾患、がんを含む5領域を重点研究領域として、新薬の研究開発を充実させているのです。それらを含め、企業価値を持続的に向上させているアステラス製薬は魅力的な企業だといえます。

充実したMR(医薬情報担当者)体制

アステラス製薬では医学・薬学や医療現場の制度、環境への知識習得、MRとして患者様のためにできることを考え、行動する習慣を研修やOJTで身に着けることが出来る環境が整っています。例えば、新人のMRを育成するための体系化された研修プログラム「Astellas Business College」や、一人前のMRには、現場一体型のOJTでさらにひとつ上のMRへと成長できる環境を大切にしています。

MRは医療機関を訪問し、医薬品の適正使用のために医療機関に学術的情報を提供・収集・伝達するという役割のある職種です。そのためMR体制を更に強化し、国内No.1を目指すとともに、世界中の人々にアステラス製薬の薬を届けることのできる体制を整えています。

医薬品業界の動向

ここではアステラス製薬が属する医薬品業界の動向について解説します。まずアステラス製薬の売上高は、2017年は昨年と比べ4.4%減少していますが、純利益は12.9%増加しています。今後もさらなる増加が見込まれています。

アステラス製薬以外の医薬品業界では、売上高が年々増加傾向となっていますが、平成28年には医薬品の価格を下げる「特例拡大再算定」が導入されたことや、日本では高齢化が進んでいるため社会保障費抑制が進むとされていることから医薬品の価格を下げなければならない事態となりました。このことから、厳しい状況が続いていると言えるでしょう。

そして、製薬会社は、新薬の研究・開発など莫大な費用がかかるので、資金力が大きな企業ほど開発がしやすい傾向にあります。日本の企業が再編を繰り返しおこなっているのは、海外の巨大製薬企業の存在が大きく関係していると考えられています。

まとめ

役職で年収の差があったものの、多数の医薬品業界の中でも群を抜いて高収入であることがこれらの数字で読み取れました。また、平均年齢も若く勤続年数も17年と長めであることから生涯安定した職業と言えるのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ