企業研究

中国電力の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

中国電力への就職を目指すなら年収について知っておこう

電力会社の中でも高い電力販売量を誇る中国電力ですので、志望する学生も多いのではないでしょうか。中国電力を志望する場合、企業や電力業界の研究はもちろん大切ですが、年収に関する情報も知っておく必要があります。

電力会社の大手だから、年収も高いのだろうと考える学生もいるかもしれません。ですが、中国銀行に入社してから「思っていたよりも年収が低かった」と後悔することがあっては困ります。このようなことにならないためにも、中国電力の年収について把握しておきましょう。

自分は電力会社に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、電力会社の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が電力会社に向いているタイプか、診断してみましょう。

中国電力における最近の平均年収推移

中国電力は広島県広島市に本社を置く電力会社です。 営業地域は広島県、岡山県、島根県、鳥取県、山口県の全域、 兵庫県、香川県、愛媛県の一部の地域を管轄しています。 水力発電所が98箇所、火力発電所が12箇所、新エネルギー(太陽光)が2箇所、 原子力発電所が島根と山口の2箇所あります。島根原子力発電所は点検中、 山口県の上関原子力発電所は計画中の状況です。 こんな中国電力について企業が公開している情報を元に賃金や年収などを調べてみました。

中国電力とは

正式名称:中国電力株式会社
所在地:広島市中区小町4番33号
従業員数:8,678人
平均年齢:43.6歳
平均勤続年数:23.7年
//www.energia.co.jp/
※有価証券報告書を参照

中国電力の平均勤続年数は23.7年と一般的な企業に比べると非常に長いですが、 電力会社の中でも上位ランクになります。 仕事のやりがい、職場環境が整っているからこそ、長く勤務される社員が多く、企業に安定感が生まれます。 東日本大震災による賃金の影響は少なく、給与面でも安定して支給されています。

近年の平均年収推移

中国電力の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 777.0万円
平成27年 779.0万円
平成26年 765.0万円
平成25年 789.0万円
平成24年 794.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

東日本大震災直後の年収の落ち込みは-2%と沖縄電力(0%)に次ぐ減少率でした。 その後、若干の減少傾向が見られますが、周辺地域の年収と比較しても高く、 安定していると言えるでしょう。東日本大震災の影響で山口県の 上関原子力発電所が工事中断は反対意見もあり、今後の動向が気になります。

中国電力の仕事内容

中国電力は、電気を安定的に供給するための事業を行っています。その業務内容は、電気をつくる「発電」をはじめ、電気を送る「送電、変電、系統運用」、電気を人々のもとに届ける「配電」、本社において中国電力の事業をサポートする職種があります。

中国電力の業務を大別すると、技術系と事務系に分けられます。技術系は主に現場で働く仕事で、発電所の設計や管理およびメンテナンスなどを手掛けています。事務系の職種においては、燃料の調達や電気契約の締結、料金の請求や販売促進などを行っています。どの職種も、中国電力の経営を支えるための重要な役割を担っています。次項では、それぞれの職種でどのような仕事をしているのかを具体的に説明していきます。

技術系|電気・機械・原子力・土木・技術研究など

技術系の職種を細かく分類すると、電気系、機械系、化学系、原子力系、土木系、建築系、技術研究に分けられます。電気、機械、化学、原子力系の職種において、共通しているのは発電所の運転やメンテナンスを行うことです。それに加えて、各職種の社員はさまざまな業務を行っています。

電気系の社員は、主に電気の配給に関わっています。機械系の社員が行うことは、新しい発電方式の開発および導入です。科学系は、環境保全の課題解決に向けて取り組んでいます。原子力部門の業務は、原子力発電所の運転およびメンテナンス、使用済み燃料や放射性廃棄物の管理です。また、土木系や建築系の職種は、各発電所や変電所などの設計計画や施工に携わっています。

事務系|営業・販売促進・経営企画・海外事業など

事務系の職種は、営業や経営企画、海外事業など8つの職種があります。営業では、電気を使用する顧客との契約締結、電気料金の計算や請求などを請け負い、販売推進職は、顧客に対してエネルギー全般に関するサービスの提案を行います。

燃料部門は、原子燃料の調達が業務です。経営企画では、経営計画や方針の企画および立案に取り組みます。法務の業務は法務に関する活動であり、人事部門の業務は人事異動などの人材に関わる業務です。

また、企業の資金循環に関わる経理部門、物品調達や工事の契約・管理などを行う資材部門もあります。その他にも、マスコミ対応や社外広報などを手掛ける広報や、土地・建物の維持管理および土地の有効活用を行う管材、研究所において知的財産の創出のために新たなテーマへ挑戦する研究部門、海外事業部門などがあります。

中国電力における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 392.0万円 24.7万円 95.5万円
25~29歳 594.2万円 37.4万円 144.8万円
30~34歳 722.4万円 45.5万円 176.0万円
35~39歳 784.1万円 49.4万円 191.1万円
40~44歳 865.8万円 54.6万円 211.0万円
45~49歳 991.4万円 62.5万円 241.6万円
50~54歳 1,026.5万円 64.7万円 250.1万円
55~59歳 1,023.0万円 64.5万円 249.3万円
60~64歳 595.9万円 37.6万円 145.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

中国電力の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.7万円 95.5万円 392.0万円
23歳 27.3万円 105.4万円 432.4万円
24歳 29.8万円 115.2万円 472.9万円
25歳 32.4万円 125.1万円 513.3万円
26歳 34.9万円 134.9万円 553.7万円
27歳 37.4万円 144.8万円 594.2万円
28歳 39.1万円 151.0万円 619.8万円
29歳 40.7万円 157.3万円 645.5万円
30歳 42.3万円 163.5万円 671.1万円
31歳 43.9万円 169.8万円 696.8万円
32歳 45.5万円 176.0万円 722.4万円
33歳 46.3万円 179.0万円 734.8万円
34歳 47.1万円 182.1万円 747.1万円
35歳 47.9万円 185.1万円 759.5万円
36歳 48.6万円 188.1万円 771.8万円
37歳 49.4万円 191.1万円 784.1万円
38歳 50.5万円 195.1万円 800.5万円
39歳 51.5万円 199.0万円 816.8万円
40歳 52.5万円 203.0万円 833.1万円
41歳 53.5万円 207.0万円 849.5万円
42歳 54.6万円 211.0万円 865.8万円
43歳 56.2万円 217.1万円 890.9万円
44歳 57.7万円 223.2万円 916.0万円
45歳 59.3万円 229.3万円 941.2万円
46歳 60.9万円 235.5万円 966.3万円
47歳 62.5万円 241.6万円 991.4万円
48歳 62.9万円 243.3万円 998.4万円
49歳 63.4万円 245.0万円 1,005.4万円
50歳 63.8万円 246.7万円 1,012.4万円
51歳 64.3万円 248.4万円 1,019.5万円
52歳 64.7万円 250.1万円 1,026.5万円
53歳 64.7万円 250.0万円 1,025.8万円
54歳 64.6万円 249.8万円 1,025.1万円
55歳 64.6万円 249.6万円 1,024.4万円
56歳 64.5万円 249.5万円 1,023.7万円
57歳 64.5万円 249.3万円 1,023.0万円
58歳 59.1万円 228.5万円 937.6万円
59歳 53.7万円 207.7万円 852.2万円
60歳 48.3万円 186.8万円 766.8万円
61歳 42.9万円 166.0万円 681.4万円
62歳 37.6万円 145.2万円 595.9万円
63歳 30.0万円 116.2万円 476.8万円
64歳 22.5万円 87.1万円 357.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

中国電力の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,166.8万円
課長 912.6万円
係長 695.0万円
20~24歳の一般社員 392.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

部長クラスになると年収1,000万円を超える

中国電力の年収を、役職ごとにシュミレーションしました。中国電力における部長職の年収は1,166万円、課長職は912万円、係長職は695万円、20代前半の若手社員は392万円という予測です。部長クラスの役職に就くと、年収が1,000万円を超えます。

次に、電力会社の大手企業である関西電力の年収と比較してみましょう。関西電力の部長職の年収は1,023万円、課長職は800万円、係長職は609万円、20代前半の若手社員の343万円となる予測です。中国電力と比較すると、一般社員を除く各役職において、中国電力の年収のほうが100万円ほど高い傾向にあります。

中国電力の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.4万円
大学院卒 23.8万円

※リクナビ2018より参照しています。

電力会社の初任給としては1万円程度高い額です。大学院卒は修士了の金額です。 高専卒の場合は190,000円です。初任給は参考程度に捉え、年々の昇給を重視するようにしましょう。

電気・ガス業界における年収の傾向と生涯賃金

電気・ガス業界とは

2011年の東日本大震災前の電力業界は高収入で安定していましたが、震災によって 原子力発電所の稼働が停止状況になったことは電力業界に大きな打撃となりました。他の発電による 電力供給が負担が増え、各社とも経営に影響が出ました。発電には原発以外にも火力、水力、 新エネルギーなどいくつかの方法がありますが、電力各社によってその利用率は 異なります。原子力発電所の稼働停止を求める声も多く上がっていることから、新たな電力発電の開発、研究が期待されます。

電気・ガス業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 中国電力 電気・ガス業界
20~24歳 392.0万円 345.8万円
25~29歳 594.2万円 437.0万円
30~34歳 722.4万円 545.5万円
35~39歳 784.1万円 590.6万円
40~44歳 865.8万円 696.0万円
45~49歳 991.4万円 811.0万円
50~54歳 1,026.5万円 821.7万円
55~59歳 1,023.0万円 896.1万円
60~64歳 595.9万円 517.3万円
生涯賃金 3.50億円 2.83億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

中国電力の年収は全ての年齢層で電気・ガス業界を上回っています。 原発関連による影響が少なく、年収が高く安定、維持している優良企業です。

まとめ

ここまで中国電力について調査してきました。 東日本大震災の影響で一時、全ての原子力発電所が働停止となりました。中国電力の原発比率は20.9%と、 沖縄(0%)、中部(12.3%)に次ぐ3番目の低さのため、震災による業績の影響が少なかったと言えます。原発が停止しても給与への影響を最小限に留めることができる安定性のある優良な企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ