企業研究

岩谷産業の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

岩谷産業における最近の平均年収推移

岩谷産業株式会社は大阪に本社を置き、LPガスを中心としたエネルギー事業、産業ガス事業などを 展開しているLPGのトップ企業です。身近な商品ではカセットコンロなどが有名です。 こんな岩谷産業の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

岩谷産業とは

正式名称:岩谷産業株式会社
所在地:大阪市中央区本町3丁目6番4号
従業員数:1,206人
平均年齢:38.6歳
平均勤続年数:14.9年
http://www.iwatani.co.jp/jpn/
※有価証券報告書を参照

岩谷産業は昭和28年に家庭用LPガスをマルヰプロパンとして販売を開始しました。 昭和44年にカセットコンロを販売しました。 早期から水素に着目し、研究を重ねてきたことで水素を扱う事業としては国内で約4割シェアを誇る トップ企業に成長しました。国産宇宙ロケットで使用する液体水素燃料、燃料電池自動車の水素ステーションなどにも関わっています。水素燃料に興味を持っている方には魅力的な企業です。 その他にも、エネルギー事業関連から機械製造、電子部品、マテリアル、食品などの総合事業への展開をしています。

近年の平均年収推移

岩谷産業の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 866.0万円
平成27年 857.0万円
平成26年 854.0万円
平成25年 847.0万円
平成24年 827.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

岩谷産業の平均年収は一般企業と比較すると高額です。 リーマンショックの影響で平成20年(898万円)から21年(818.1万円)に かけて大幅に落ち込みました。その後は着実に業績を伸ばしながら回復しています。

オトクな就活資料【無料】

【大学3年生限定】総合商社のこともっと知りたくありませんか?|三井物産の若手社員インタビューつき!

業界研究はなぜ大切なのか。それはズバリ、人事側がそこを採用の軸に置いているからです。業界研究が浅い就活生は志望度が低い、熱意が足りないと判断されます。 三井物産・三菱商事のような人気企業から内定を取りたいなら、充実した業界研究を。

岩谷産業における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 471.0万円 31.1万円 97.7万円
25~29歳 731.8万円 48.3万円 151.9万円
30~34歳 839.1万円 55.4万円 174.1万円
35~39歳 925.4万円 61.1万円 192.1万円
40~44歳 973.8万円 64.3万円 202.1万円
45~49歳 1,029.5万円 68.0万円 213.6万円
50~54歳 1,061.3万円 70.1万円 220.3万円
55~59歳 1,026.3万円 67.8万円 213.0万円
60~64歳 733.2万円 48.4万円 152.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

岩谷産業の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 31.1万円 97.7万円 471.0万円
23歳 34.5万円 108.6万円 523.2万円
24歳 38.0万円 119.4万円 575.3万円
25歳 41.4万円 130.2万円 627.5万円
26歳 44.9万円 141.1万円 679.7万円
27歳 48.3万円 151.9万円 731.8万円
28歳 49.7万円 156.3万円 753.3万円
29歳 51.2万円 160.8万円 774.7万円
30歳 52.6万円 165.2万円 796.2万円
31歳 54.0万円 169.7万円 817.6万円
32歳 55.4万円 174.1万円 839.1万円
33歳 56.6万円 177.7万円 856.3万円
34歳 57.7万円 181.3万円 873.6万円
35歳 58.8万円 184.9万円 890.9万円
36歳 60.0万円 188.5万円 908.1万円
37歳 61.1万円 192.1万円 925.4万円
38歳 61.8万円 194.1万円 935.1万円
39歳 62.4万円 196.1万円 944.8万円
40歳 63.0万円 198.1万円 954.4万円
41歳 63.7万円 200.1万円 964.1万円
42歳 64.3万円 202.1万円 973.8万円
43歳 65.0万円 204.4万円 984.9万円
44歳 65.8万円 206.7万円 996.0万円
45歳 66.5万円 209.0万円 1,007.2万円
46歳 67.2万円 211.3万円 1,018.3万円
47歳 68.0万円 213.6万円 1,029.5万円
48歳 68.4万円 215.0万円 1,035.8万円
49歳 68.8万円 216.3万円 1,042.2万円
50歳 69.2万円 217.6万円 1,048.6万円
51歳 69.7万円 218.9万円 1,054.9万円
52歳 70.1万円 220.3万円 1,061.3万円
53歳 69.6万円 218.8万円 1,054.3万円
54歳 69.2万円 217.4万円 1,047.3万円
55歳 68.7万円 215.9万円 1,040.3万円
56歳 68.2万円 214.5万円 1,033.3万円
57歳 67.8万円 213.0万円 1,026.3万円
58歳 63.9万円 200.8万円 967.7万円
59歳 60.0万円 188.7万円 909.1万円
60歳 56.2万円 176.5万円 850.4万円
61歳 52.3万円 164.3万円 791.8万円
62歳 48.4万円 152.2万円 733.2万円
63歳 38.7万円 121.7万円 586.5万円
64歳 29.1万円 91.3万円 439.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

岩谷産業の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,402.0万円
課長 1,096.6万円
係長 835.1万円
20~24歳の一般社員 471.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

岩谷産業の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 24万円
大学院卒 27万円

※リクナビ2018より参照しています。

岩谷産業の初任給は一般企業と比較すると高額です。岩谷産業は総合職と一般職に別れています。 上記の金額は総合職の初任給です。一般職(事務コース)の場合、短大卒で188,200円、大学卒で200,000円となっています。

電気・ガス業界における年収の傾向と生涯賃金

ガス業界は全体的に上昇傾向にあります。リーマンショックの影響で平成21年には 落ち込みがありましたが、その後は上昇を続けています。 東日本大震災の影響で原子力発電所が稼働停止となったことで火力発電や水力発電などによる 発電に頼ることになりました。火力発電では燃料となるガスの需要が増えたことで売上げ効果が 出ています。逆に暖冬になると、ガスの需要が減ることになり、ガス業界としては痛手となります。

電気・ガス業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 岩谷産業 電気・ガス業界
20~24歳 471.0万円 339.2万円
25~29歳 731.8万円 551.1万円
30~34歳 839.1万円 624.1万円
35~39歳 925.4万円 682.4万円
40~44歳 973.8万円 707.0万円
45~49歳 1,029.5万円 721.0万円
50~54歳 1,061.3万円 740.3万円
55~59歳 1,026.3万円 725.4万円
60~64歳 733.2万円 570.6万円
生涯賃金 3.90億円 2.83億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ガス業界ではトップクラスの岩谷産業の年収はガス業界の好調さや拡大事業の成功が起因しているため、電気・ガス業界の平均年収を大幅に上回っています。

まとめ

ここまで岩谷産業について調査してきました。古くからガス事業に参入し、 水素を扱うトップ企業に成長しました。エネルギーに関連する市場に参入し、事業の拡大、展開するノウハウを持っています。 取り扱うガスは危険性がありますが、ここまで経営を続けているのは優良な企業の証拠ではないかと思います。 水素燃料には注目が集まっているため、今後、岩谷産業がより一層、社会に貢献されることを期待します。

このコラムを読んだ人に人気の就活対策ツール3選!

監修者プロフィール

work9のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。