企業研究

豊田自動織機の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

豊田自動織機の収入事情を知っておこう

トヨタ自動車の源流企業である豊田自動織機を志望している就活生も多いのではないでしょうか。1926年設立という歴史ある企業ですが、常に時代の最先端を見据えているのが魅力です。2020年のビジョンとして「世界の人々の豊かな生活、暖かい社会づくりの貢献」を掲げています。ハイブリッド車や電気自動車を生産していくために、新たな技術開発に挑んでいるのです。この記事では、そんな豊田自動織機で働く社員の年収についてご紹介します。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

豊田自動織機における最近の平均年収推移

株式会社豊田自動織機は愛知県刈谷市に本社を置く、トヨタグループの機械メーカーです。社名にある織機発明が原点となる企業で、現在ではエアジェット織機の開発、生産、販売を手掛け、販売台数シェアでは世界トップを誇っています。その他、自動車、産業車両の製造を行っています。

自動車はトヨタのコンパクトカーからミディアムカーまでの生産、ディーゼルエンジンの開発、エアコンコンプレッサー、ハイブリッド車の電子部品の開発をおこない、産業車両では燃料電池 フォークリフトの製造、販売を行なっている多彩な企業です。この記事では、豊田自動織機の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

豊田自動織機とは

正式名称:株式会社豊田自動織機
所在地:愛知県刈谷市豊田町2丁目1番地
従業員数:13,659人
平均年齢:39.4歳
平均勤続年数:17年
//www.toyota-shokki.co.jp/
※有価証券報告書を参照

豊田自動織機は、トヨタグループの中でもトップクラスの企業です。世界のトヨタ車を扱っているため品質には非常に厳しいですが、 職場環境はよく、社員の健康面などのケアも行なわれていることが伺えます。大企業グループのため、給与の安定感や福利厚生の充実などはしっかりしています。

近年の平均年収推移

豊田自動織機の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 791.0万円
平成27年 779.0万円
平成26年 774.0万円
平成25年 742.0万円
平成24年 710.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

豊田自動織機の平均年収は、リーマンショックの影響で平成20年(709.5万円)から21年(643.1万円)にかけて大幅に落ち込みました。その後はV字回復を見せ増加の道を辿っています。世界に誇る大企業の強さと抜群の安定感を感じ取ることができます。

豊田自動織機における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 440.5万円 27.4万円 111.7万円
25~29歳 653.4万円 40.6万円 165.6万円
30~34歳 762.9万円 47.5万円 193.4万円
35~39歳 824.2万円 51.3万円 209.0万円
40~44歳 877.3万円 54.6万円 222.4万円
45~49歳 963.8万円 60.0万円 244.4万円
50~54歳 1,021.8万円 63.6万円 259.1万円
55~59歳 957.2万円 59.5万円 242.7万円
60~64歳 613.5万円 38.2万円 155.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

豊田自動織機の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 27.4万円 111.7万円 440.5万円
23歳 30.1万円 122.5万円 483.1万円
24歳 32.7万円 133.3万円 525.7万円
25歳 35.3万円 144.1万円 568.2万円
26歳 38.0万円 154.9万円 610.8万円
27歳 40.6万円 165.6万円 653.4万円
28歳 42.0万円 171.2万円 675.3万円
29歳 43.4万円 176.8万円 697.2万円
30歳 44.7万円 182.3万円 719.1万円
31歳 46.1万円 187.9万円 741.0万円
32歳 47.5万円 193.4万円 762.9万円
33歳 48.2万円 196.5万円 775.2万円
34歳 49.0万円 199.6万円 787.5万円
35歳 49.7万円 202.7万円 799.7万円
36歳 50.5万円 205.9万円 812.0万円
37歳 51.3万円 209.0万円 824.2万円
38歳 51.9万円 211.6万円 834.8万円
39歳 52.6万円 214.3万円 845.4万円
40歳 53.3万円 217.0万円 856.0万円
41歳 53.9万円 219.7万円 866.7万円
42歳 54.6万円 222.4万円 877.3万円
43歳 55.6万円 226.8万円 894.6万円
44歳 56.7万円 231.2万円 911.9万円
45歳 57.8万円 235.6万円 929.2万円
46歳 58.9万円 240.0万円 946.5万円
47歳 60.0万円 244.4万円 963.8万円
48歳 60.7万円 247.3万円 975.4万円
49歳 61.4万円 250.2万円 987.0万円
50歳 62.1万円 253.2万円 998.6万円
51歳 62.8万円 256.1万円 1,010.2万円
52歳 63.6万円 259.1万円 1,021.8万円
53歳 62.8万円 255.8万円 1,008.9万円
54歳 62.0万円 252.5万円 996.0万円
55歳 61.2万円 249.2万円 983.0万円
56歳 60.3万円 245.9万円 970.1万円
57歳 59.5万円 242.7万円 957.2万円
58歳 55.3万円 225.2万円 888.4万円
59歳 51.0万円 207.8万円 819.7万円
60歳 46.7万円 190.4万円 751.0万円
61歳 42.4万円 173.0万円 682.2万円
62歳 38.2万円 155.5万円 613.5万円
63歳 30.5万円 124.4万円 490.8万円
64歳 22.9万円 93.3万円 368.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

豊田自動織機の役職者の年収

役職者の年収について推定値を算出しました。

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,311.4万円
課長 1,025.7万円
係長 781.1万円
20~24歳の一般社員 440.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

部長クラスになると年収1,300万円になる

豊田自動織機では、部長に就任すると年収が1,300万円を超えます。係長から課長、課長から部長へと昇進するごとに200~300万円程度年収がアップするのです。有価証券報告書によると、豊田自動織機で働く社員の平均年齢は39.4歳で、平均勤続年数は17.0年とあります。比較的若い社員が活躍している職場と言えるでしょう。

新入社員の定着率は高く、2017年12月の情報によると2014年度の新卒採用は98.2%、2015年度は99.4%、2016年度は100%です。長く働くことで昇進のチャンスも多く巡ってくるため、年収1,000万円超えも夢ではないと言えます。

豊田自動織機の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
大学院卒 22.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

豊田自動織機の初任給は一般企業の平均的な金額です。上記の大学卒は総合職の金額で 一般職は186,000円です。

豊田自動織機の教育制度や福利厚生

ここまで収入についてみてきましたが、豊田自動織機に入社すると他にどのような待遇が受けられるのでしょうか。企業によって、教育制度や福利厚生はさまざまです。人材育成に力を入れている企業では、たくさんの学びの場が用意されています。

企業選択をする場合は、年収の他に福利厚生も確認すべきです。福利厚生には法定福利と法定外福利があります。法定外福利は企業が独自で設けているため、同業他社と比較する場合に注目してみるのがおすすめです。ここからは、教育制度やさまざまな支援制度についてご紹介していきます。

教育制度

【必須研修】
・新入社員研修
・基礎技術講座

【選択研修】
・知的財産教育
・ビジネス法律講座
・トヨタ生産方式
・品質管理教育
・語学講座
・企画力
・マーケティング
・計数感覚
・表現力
・階層別研修 など

豊田自動織機では、上記のような研修を用意しています。求める人物像としてやるべき課題に注目し、チャレンジしたい人と掲げており、成長を支援するためにも多くの研修が用意されていると言えるでしょう。挑戦する機会に恵まれる中で、そこに立ち向かうスキルを磨いておくことはとても大切なのです。

福利厚生

福利厚生

・独身寮
・社宅
・社内預金
・財形
・持株
・住宅資金貸付制度
・車両購入資金貸付制度
・社員クラブ
(多目的ホール・レストラン・アスレチックルーム・室内プールなど完備)
・総合体育文化センター
・グラウンド
・テニスコート
・保養所
・体育クラブ
・文化クラブ

豊田自動織機の福利厚生には、上記のようなものがあります。独身寮や社宅は安い賃貸料のケースが多いため、暮らしのサポートとしてメリットが大きいです。社員クラブとして運動できる環境も整備されているため、健康維持に役立ちます。完全週休2日制を利用して、このような施設で気軽にリフレッシュできるのは大きな魅力です。

自動車業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車業界における年収の傾向と生涯賃金について推定値を算出しました。

自動車業界とは

自動車業界は100年に1度と言われている転換期に入っています。自動車の燃料は、ガソリンエンジンから電気モーターの時代に入ろうとしています。日本ではハイブリッド車が好調ですが、世界では電気自動車を強く推進している動きです。世界の各メーカーが電気自動車の開発を進めている中、国内ではハイブリッド車の開発に力が注がれているように感じます。

ガソリン自動車に比べて電気自動車の部品は非常に少なく製造できるため、日本のベンチャー企業が電気自動車を開発し海外企業が注目しています。トヨタグループは世界の自動車市場で戦い続けることになりますが、新たな時代の変化の対応が注目されます。

自動車業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 豊田自動織機 自動車部品業界
20~24歳 440.5万円 386.2万円
25~29歳 653.4万円 482.3万円
30~34歳 762.9万円 552.9万円
35~39歳 824.2万円 592.9万円
40~44歳 877.3万円 646.8万円
45~49歳 963.8万円 693.2万円
50~54歳 1,021.8万円 736.4万円
55~59歳 957.2万円 715.1万円
60~64歳 613.5万円 495.3万円
生涯賃金 3.56億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

豊田自動織機の年収は、自動車部品業界と比較すると各年齢層で上回っています。初任給は一般企業に近いため、若年層と業界平均の差は小さいですが、年齢と共に差が広がっていることがわかります。

安定している企業の一つ

ここまで豊田自動織機について調査してきました。豊田自動織機は自動車製造、産業車両製造、エアジェット織機の3本柱の経営していることがわかり、企業の安定さを感じ取ることができます。トヨタグループの中でも中核となる企業であるため、成長を続けることが予想されます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ