企業研究

島津製作所の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

島津製作所における最近の平均年収推移

株式会社島津製作所は京都市に本社を置き、分析計測機器、医療用画像診断機器、航空・産業機器 などを製造する、明治8年に創業した歴史ある企業です。日本で初めて医療用のX線装置を開発するなど、 世の中に存在しなかった商品を数々生み出してきました。 シニアフェローの田中耕一氏は2002年に「生体高分子の同定および構造解析のための手法の開発」で ノーベル化学賞を受賞しました。 こんな島津製作所の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

島津製作所とは

正式名称:株式会社 島津製作所
所在地:京都市中京区西ノ京桑原町1番地
従業員数:3,202人
平均年齢:42.6歳
平均勤続年数:18年
//www.shimadzu.co.jp
※有価証券報告書を参照

島津製作所の計測器は「見えないものを見えるように」をキーワードに人々の安全や健康な暮らしを 支えるための事業を行なっています。 多くの業界で必要な計測器を製造しているため、ラインナップはトップクラスです。平均勤続年数は18年と長く、年功序列の風土があり、働きやすい職場環境です。成果がそのまま社会貢献として反映されるため、やりがいやモチベーションに繋がります。

近年の平均年収推移

島津製作所の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 812.0万円
平成27年 794.0万円
平成26年 771.0万円
平成25年 732.0万円
平成24年 745.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

島津製作所の年収は平均年収は一般企業と比較すると高額です。 リーマンショックの影響で平成20年(793.8万円)から21年(712.5万円)に かけて大幅に落ち込みました。その後は変動しながら着実に業績を伸ばています。 平成28には800万円とを超える年収となりました。

島津製作所における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 488.7万円 30.5万円 122.5万円
25~29歳 662.8万円 41.4万円 166.1万円
30~34歳 764.8万円 47.8万円 191.7万円
35~39歳 835.7万円 52.2万円 209.5万円
40~44歳 902.3万円 56.3万円 226.2万円
45~49歳 977.5万円 61.0万円 245.0万円
50~54歳 1,024.6万円 64.0万円 256.8万円
55~59歳 986.8万円 61.6万円 247.3万円
60~64歳 660.5万円 41.2万円 165.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

島津製作所の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 30.5万円 122.5万円 488.7万円
23歳 32.7万円 131.2万円 523.6万円
24歳 34.9万円 140.0万円 558.4万円
25歳 37.0万円 148.7万円 593.2万円
26歳 39.2万円 157.4万円 628.0万円
27歳 41.4万円 166.1万円 662.8万円
28歳 42.7万円 171.2万円 683.2万円
29歳 43.9万円 176.4万円 703.6万円
30歳 45.2万円 181.5万円 724.0万円
31歳 46.5万円 186.6万円 744.4万円
32歳 47.8万円 191.7万円 764.8万円
33歳 48.6万円 195.3万円 779.0万円
34歳 49.5万円 198.8万円 793.2万円
35歳 50.4万円 202.4万円 807.4万円
36歳 51.3万円 205.9万円 821.6万円
37歳 52.2万円 209.5万円 835.7万円
38歳 53.0万円 212.8万円 849.1万円
39歳 53.9万円 216.2万円 862.4万円
40歳 54.7万円 219.5万円 875.7万円
41歳 55.5万円 222.8万円 889.0万円
42歳 56.3万円 226.2万円 902.3万円
43歳 57.3万円 229.9万円 917.4万円
44歳 58.2万円 233.7万円 932.4万円
45歳 59.2万円 237.5万円 947.4万円
46歳 60.1万円 241.3万円 962.5万円
47歳 61.0万円 245.0万円 977.5万円
48歳 61.6万円 247.4万円 986.9万円
49歳 62.2万円 249.7万円 996.4万円
50歳 62.8万円 252.1万円 1,005.8万円
51歳 63.4万円 254.5万円 1,015.2万円
52歳 64.0万円 256.8万円 1,024.6万円
53歳 63.5万円 254.9万円 1,017.1万円
54歳 63.0万円 253.0万円 1,009.5万円
55歳 62.6万円 251.1万円 1,001.9万円
56歳 62.1万円 249.2万円 994.3万円
57歳 61.6万円 247.3万円 986.8万円
58歳 57.5万円 231.0万円 921.5万円
59歳 53.5万円 214.6万円 856.2万円
60歳 49.4万円 198.3万円 791.0万円
61歳 45.3万円 181.9万円 725.7万円
62歳 41.2万円 165.5万円 660.5万円
63歳 33.0万円 132.4万円 528.4万円
64歳 24.7万円 99.3万円 396.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

島津製作所の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,454.9万円
課長 1,138.0万円
係長 866.6万円
20~24歳の一般社員 488.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

島津製作所の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.102万円
大学院卒 23.644万円

※リクナビ2018より参照しています。

島津製作所の初任給は一般企業の平均的な金額です。ここには住宅手当として一律6,400円が 含まれています。標準労働時間(7.75時間)を超過した場合には残業代が支給されます。

電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金

電機・家電大手業界とは

計測器業界は、国内の景気回復の影響で民間、官庁、大学向けのものが増加傾向にあります。精密機器業界や医療業界が活気づくことで、計測器業界にも余波が届くようになります。 精密機器業界の売上高・シェアとしては、ニコン(8,229億円15.7%)、オリンパス(8,045億円15.4%)、 テルモ(5,250億円10.0%)の順で島津製作所(3,422億円6.5%)は7位にランキングされています。

電機・家電大手業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 島津製作所 電機・家電大手業界
20~24歳 488.7万円 451.1万円
25~29歳 662.8万円 563.3万円
30~34歳 764.8万円 645.8万円
35~39歳 835.7万円 692.5万円
40~44歳 902.3万円 755.5万円
45~49歳 977.5万円 809.7万円
50~54歳 1,024.6万円 860.2万円
55~59歳 986.8万円 835.2万円
60~64歳 660.5万円 578.6万円
生涯賃金 3.65億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

島津製作所の年収は電機・家電大手業界の平均と比較すると各年齢層ともに上回っています。今後、医療業界が活発になったり、電気自動車が普及するようになる兆候があります。計測器の需要も増えるため、今後の年収増加には期待が持てます。

まとめ

ここまで島津製作所について調査してきました。人の役に立つ多くの計測器を製造しています。 計測器によって病気を早期に発見することができるなど技術の進歩にも貢献しています。 計測器は高額であるため、世間や企業などの景気の影響を受けてしまうこともあります。 島津製作所の高度な技術が更に広く展開し、世界で活躍することを期待します。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ