企業研究

エーザイの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

エーザイにおける最近の平均年収推移

創業77年になるエーザイはアメリカやオーストラリア、アジアでも活躍しています。新しい医薬品の開発にも力を入れているエーザイですが、その平均年収などはどうなっているのでしょうか。見ていきましょう。

エーザイとは

正式名称:エーザイ株式会社
所在地:東京都文京区小石川4丁目6番10号
従業員数:3,246人
平均年齢:44.3歳
平均勤続年数:19.9年
//www.eisai.co.jp/
※有価証券報告書を参照

上場企業の平均年齢はおよそ40.44歳、平均勤続年数はおよそ14.7年なので、水準を上回り、働きやすい会社であることが伺えます。また、医薬品業界全体の平均勤続年数が11年と短いのに対して20年弱というのは、安心して働けますね。

近年の平均年収推移

エーザイの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 1,039.0万円
平成27年 1,094.0万円
平成26年 1,040.0万円
平成25年 1,040.0万円
平成24年 1,063.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平均年収はほぼ横ばいとなっていますが、業界全体の平均年収が700万円ほどなのに対し、1,000万円を超えています。業界の中でも、安定して収入を得ることができる会社と言えます。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

エーザイにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 625.7万円 39.1万円 156.8万円
25~29歳 848.5万円 53.0万円 212.7万円
30~34歳 979.1万円 61.1万円 245.4万円
35~39歳 1,069.9万円 66.8万円 268.2万円
40~44歳 1,155.2万円 72.1万円 289.6万円
45~49歳 1,251.4万円 78.1万円 313.7万円
50~54歳 1,311.7万円 81.9万円 328.8万円
55~59歳 1,263.3万円 78.9万円 316.6万円
60~64歳 845.5万円 52.8万円 211.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

エーザイの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 39.1万円 156.8万円 625.7万円
23歳 41.9万円 168.0万円 670.3万円
24歳 44.6万円 179.2万円 714.8万円
25歳 47.4万円 190.3万円 759.4万円
26歳 50.2万円 201.5万円 803.9万円
27歳 53.0万円 212.7万円 848.5万円
28歳 54.6万円 219.2万円 874.6万円
29歳 56.2万円 225.8万円 900.7万円
30歳 57.9万円 232.3万円 926.9万円
31歳 59.5万円 238.9万円 953.0万円
32歳 61.1万円 245.4万円 979.1万円
33歳 62.3万円 250.0万円 997.3万円
34歳 63.4万円 254.5万円 1,015.4万円
35歳 64.5万円 259.1万円 1,033.6万円
36歳 65.7万円 263.6万円 1,051.8万円
37歳 66.8万円 268.2万円 1,069.9万円
38歳 67.9万円 272.5万円 1,087.0万円
39歳 68.9万円 276.7万円 1,104.0万円
40歳 70.0万円 281.0万円 1,121.1万円
41歳 71.1万円 285.3万円 1,138.1万円
42歳 72.1万円 289.6万円 1,155.2万円
43歳 73.3万円 294.4万円 1,174.4万円
44歳 74.5万円 299.2万円 1,193.7万円
45歳 75.7万円 304.0万円 1,212.9万円
46歳 76.9万円 308.9万円 1,232.2万円
47歳 78.1万円 313.7万円 1,251.4万円
48歳 78.9万円 316.7万円 1,263.5万円
49歳 79.7万円 319.7万円 1,275.5万円
50歳 80.4万円 322.7万円 1,287.6万円
51歳 81.2万円 325.8万円 1,299.7万円
52歳 81.9万円 328.8万円 1,311.7万円
53歳 81.3万円 326.4万円 1,302.0万円
54歳 80.7万円 323.9万円 1,292.3万円
55歳 80.1万円 321.5万円 1,282.7万円
56歳 79.5万円 319.1万円 1,273.0万円
57歳 78.9万円 316.6万円 1,263.3万円
58歳 73.7万円 295.7万円 1,179.7万円
59歳 68.5万円 274.8万円 1,096.2万円
60歳 63.2万円 253.8万円 1,012.6万円
61歳 58.0万円 232.9万円 929.1万円
62歳 52.8万円 211.9万円 845.5万円
63歳 42.2万円 169.5万円 676.4万円
64歳 31.7万円 127.2万円 507.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

エーザイの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,862.6万円
課長 1,456.9万円
係長 1,109.4万円
20~24歳の一般社員 625.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

エーザイの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 27.44万円
大学院卒 29.3万円

※リクナビ2018より参照しています。

グローバルスタッフ職でこの初任給となります。他にも創薬研究職・臨床開発職・生産技術職・MSL/MR職があり、ほとんど変わりはありませんが、創薬研究職になると博士了で32万円ほどになるので、かなり待遇がいいことが伺えます。他社に比べても非常に高い数字となっています。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

私たちが生活していく上で、医薬品を全く使わないという人はほとんどいないと思います。ということは需要のある職種であることが言えますね。医薬品業界は平均年齢が高く、平均勤続年数は11年と、他の業界に対して短くなっています。というのも、入社した人のほとんどが、難関学部を経て入社するため、入社当初から平均年齢があがることが原因であることが言えます。今後も医薬品業界は活躍の場がたくさんありそうですね。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 エーザイ 医薬品業界
20~24歳 625.7万円 476.7万円
25~29歳 848.5万円 595.2万円
30~34歳 979.1万円 682.4万円
35~39歳 1,069.9万円 731.8万円
40~44歳 1,155.2万円 798.3万円
45~49歳 1,251.4万円 855.6万円
50~54歳 1,311.7万円 908.9万円
55~59歳 1,263.3万円 882.6万円
60~64歳 845.5万円 611.4万円
生涯賃金 4.68億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

グラフを見てすぐにわかるように、業界の平均年収を大きく上回っています。50代後半になると、業界平均よりも400万円ほど上回っており、エーザイの業績の良さが伺えます。日本だけでなく、海外でもグローバルに活躍しているエーザイだからこそ、この年収となっているのでしょう。

年収以外の魅力

エーザイの年収は、医薬品業界と比較すると高い水準にあることが分かりました。それでは、エーザイに就職した場合、従業員には収入以外にどのような待遇があるのでしょうか。収入だけでなく、職場の労働条件も企業を選ぶうえでの重要な要素のひとつです。
エーザイは、入社後の定着率が9割を超え、平均勤続年数は19年であることから、入社後長く働き続けている従業員が多いことが分かります。

また、育休取得率は9割以上にも登り、女性の役員も在籍していることから、男性だけでなく女性も活躍できる企業であることがわかります。その理由とは、どのような点にあるのでしょうか。今回は、エーザイの福利厚生と人事制度に焦点を当ててまとめました。

諸手当や休暇制度などの福利厚生が整っている

エーザイの諸手当で特徴的な制度は、タイムマネジメント手当です。これは、時間外勤務の有無に関わらず、毎月40時間の時間外手当相当額を支給するというもので、金額は6万円から8万円程度です。この手当があるため、他社よりも給与水準が高い傾向にあるのでしょう。その他にも、通勤や住宅、転勤、外勤手当などがあります。また、様々な休暇制度も定められています。基本的に土日の週休2日制で、祝日や年末年始、夏期休暇や有給休暇などがあります。

さらに、長期療養休暇や産前産後休暇、介護休暇も取得できます。自分が妊娠や出産、怪我をした場合や、家族が要介護者になった時にも休暇が取得でき、退職せずに長く働き続けることができます。そのほかにも、雇用・労災・健康保険などの保険や、企業年金や社員持株会、住宅融資を受けられる制度もあります。

研修や自己啓発支援制度が充実している

エーザイでは、様々な職種や経歴の従業員に合う研修を行っています。新入社員を対象にした研修のほか、幹部職や組織長が受ける研修もあります。また、選抜型研修として、女性リーダー育成プログラム、グローバルリーダー向け研修なども開催されます。さらに、プロフェッショナル開発プログラムや、MBA、ロースクール留学制度などの各部門が主催する研修もおこなわれます。

通信講座や社外研修の紹介などといった、自己啓発支援制度もあります。また、キャリアコンサルタントに常時相談ができる体制も整えています。
このように人事制度が充実していることで、従業員のやる気と、さらに上のレベルを目指す意欲が高まり、従業員の成長が促されているのでしょう。

医薬品業界の動向


医薬品業界の業績は、平成17年から平成27年にかけて右肩上がりに上昇しています。その一方で、高齢化社会を受けて、社会保障費や医療費を抑制する動きが活発化し、それに伴って薬価の引き下げが進められています。政府は、平成32年度中にジェネリック医薬品(後発薬)のシェアを8割以上にする目標を掲げ、後発薬のさらなる普及が予想されます。その一方で、特許切れ新薬を抱える製薬メーカーにとっては厳しい状況です。

さらに、平成28年度には販売額が大きい医薬品の価格を抑える「特例拡大再算定」が導入されたことで、医薬品業界にとっては逆風となっています。こうした状況において、各社では再編や統合、買収の動きが盛んです。また、自社の手掛ける分野から外れた事業を他社に譲渡したり、他社の事業を譲り受けるといった事業交換もおこなわれています。

まとめ

一般的な労働者の平均年収が440万円なのに対して、エーザイの平均年収は2倍以上であることがわかりましたね。難関大学を経て入社するからこそ、この数字となっているのでしょう。医薬品業界の推移はゆるやかではありますが右肩上がりとなっているので、今後も色々な場で活躍し、業績を伸ばすことが見込めますね。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ