企業研究

伊藤忠商事の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

伊藤忠商事における最近の平均年収推移

「丸紅」「三菱商事」と並ぶ総合商社と言えばこの「伊藤忠商事」でしょう。繊維・エネルギー・食料とたいへん幅広い分野で国内、輸出入および3か国間取引を行うほか、国内外における事業投資などを手掛けています。一般に高収入であることで知られている商社の概要と年収を調べてみました。

伊藤忠商事とは

正式名称:伊藤忠商事株式会社
所在地:東京都港区北青山2丁目5番1号
従業員数:4,381人
平均年齢:41.5歳
平均勤続年数:16.9年
//www.itochu.co.jp/ja/index.html
※有価証券報告書を参照

平均年齢は42歳と他業界と比べても平均並みで、平均勤続年数は16.9年とやや長いと言えるでしょう。

近年の平均年収推移

伊藤忠商事の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 1,384.0万円
平成27年 1,383.0万円
平成26年 1,395.0万円
平成25年 1,384.0万円
平成24年 1,389.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

数字を見てまず驚くのが、ここ5年間1,300万円台の年収を常にキープしていることです。また、年度別に見ても差は10万円以下で安定感があります。

伊藤忠商事における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 752.9万円 49.7万円 156.3万円
25~29歳 1,169.9万円 77.3万円 242.8万円
30~34歳 1,341.3万円 88.6万円 278.4万円
35~39歳 1,479.3万円 97.7万円 307.0万円
40~44歳 1,556.6万円 102.8万円 323.0万円
45~49歳 1,645.7万円 108.7万円 341.5万円
50~54歳 1,696.5万円 112.0万円 352.1万円
55~59歳 1,640.7万円 108.3万円 340.5万円
60~64歳 1,172.0万円 77.4万円 243.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

伊藤忠商事の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 49.7万円 156.3万円 752.9万円
23歳 55.2万円 173.6万円 836.3万円
24歳 60.7万円 190.9万円 919.7万円
25歳 66.2万円 208.2万円 1,003.1万円
26歳 71.8万円 225.5万円 1,086.5万円
27歳 77.3万円 242.8万円 1,169.9万円
28歳 79.5万円 249.9万円 1,204.2万円
29歳 81.8万円 257.0万円 1,238.4万円
30歳 84.0万円 264.1万円 1,272.7万円
31歳 86.3万円 271.2万円 1,307.0万円
32歳 88.6万円 278.4万円 1,341.3万円
33歳 90.4万円 284.1万円 1,368.9万円
34歳 92.2万円 289.8万円 1,396.5万円
35歳 94.0万円 295.5万円 1,424.1万円
36歳 95.9万円 301.3万円 1,451.7万円
37歳 97.7万円 307.0万円 1,479.3万円
38歳 98.7万円 310.2万円 1,494.8万円
39歳 99.7万円 313.4万円 1,510.2万円
40歳 100.8万円 316.6万円 1,525.7万円
41歳 101.8万円 319.8万円 1,541.2万円
42歳 102.8万円 323.0万円 1,556.6万円
43歳 104.0万円 326.7万円 1,574.4万円
44歳 105.1万円 330.4万円 1,592.2万円
45歳 106.3万円 334.1万円 1,610.0万円
46歳 107.5万円 337.8万円 1,627.9万円
47歳 108.7万円 341.5万円 1,645.7万円
48歳 109.3万円 343.6万円 1,655.8万円
49歳 110.0万円 345.8万円 1,666.0万円
50歳 110.7万円 347.9万円 1,676.2万円
51歳 111.4万円 350.0万円 1,686.3万円
52歳 112.0万円 352.1万円 1,696.5万円
53歳 111.3万円 349.8万円 1,685.3万円
54歳 110.6万円 347.4万円 1,674.2万円
55歳 109.8万円 345.1万円 1,663.0万円
56歳 109.1万円 342.8万円 1,651.8万円
57歳 108.3万円 340.5万円 1,640.7万円
58歳 102.2万円 321.0万円 1,546.9万円
59歳 96.0万円 301.6万円 1,453.2万円
60歳 89.8万円 282.1万円 1,359.5万円
61歳 83.6万円 262.7万円 1,265.7万円
62歳 77.4万円 243.2万円 1,172.0万円
63歳 61.9万円 194.6万円 937.6万円
64歳 46.4万円 145.9万円 703.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊藤忠商事の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 2,241.2万円
課長 1,753.0万円
係長 1,334.9万円
20~24歳の一般社員 752.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊藤忠商事の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 24万円
大学院卒 27.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒初任給が24万円、大学院卒が27万円といずれにしても高賃金であることがわかります。

総合商社業界における年収の傾向と生涯賃金

総合商社業界とは

平成20年頃まで世界的な資源価格の高騰を恩恵に受けて成長してきた総合商社。その後中国経済の減速などの影響から資源への依存が高かった商社は収益に苦しみました。現在転換期でもある総合商社は、今後非資源分野へとビジネスの分野を移行しつつあります。

総合商社業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 伊藤忠商事 総合商社業界
20~24歳 752.9万円 612.1万円
25~29歳 1,169.9万円 994.4万円
30~34歳 1,341.3万円 1,126.1万円
35~39歳 1,479.3万円 1,231.3万円
40~44歳 1,556.6万円 1,275.7万円
45~49歳 1,645.7万円 1,301.0万円
50~54歳 1,696.5万円 1,335.8万円
55~59歳 1,640.7万円 1,309.0万円
60~64歳 1,172.0万円 1,029.6万円
生涯賃金 6.23億円 5.11億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

商社業界平均と比べても常に平均年収を100万円以上上回っています。30代では200万円、40代では300万円の差があることが分かります。生涯賃金で比べると1億円の違いがあります。

まとめ

2017年2月に発売されたビジネス雑誌「PRESIDENT」に掲載された「幸せな会社」ランキングで725社中2位に輝いた伊藤忠商事。利益を出すことが強く求められる企業の中で、従業員が働く環境が整っていることは基本でもあります。若いうちから大きな仕事を任されることも多いこの業界ですが、そこで残した結果は必ず報酬で報われるかたちになっていると岡藤社長は語っています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ