企業研究

ハウス食品の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ハウス食品における最近の平均年収推移

ハウス食品の平均年収がどのような推移になっているのでしょうか?年齢別や役職別などの推移、ハウス食品と業界の年収は、どんな差がうまれているのか?推移シュミレーションをしていきます。

ハウス食品とは

正式名称:ハウス食品グループ本社株式会社
所在地:大阪府東大阪市御厨栄町1丁目5番7
従業員数:260人
平均年齢:42.42歳
平均勤続年数:18.08年
//housefoods-group.com/
※有価証券報告書を参照

ハウス食品は260人と従業員の人数はそれほど多くない企業ですが、上場企業の平均年齢40.44歳と比較すると少し年齢的に高い方が多いという事がわかります。上場企業の平均勤続年数は、14.7年と比較すると勤続年数はやや長い傾向があるようです。

近年の平均年収推移

ハウス食品の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 803.0万円
平成27年 804.0万円
平成26年 800.0万円
平成25年 789.0万円
平成24年 688.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

近年5年間を比較してみると、グラフでやや横並びの傾向にあるようです。表で見てみると、平成24年から平成25年は、600万台から700万台になっており、平成26年から平成28年は800万円台で安定しています。

就活生に人気の業界とは?

職種だけではなく、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も公開しているため、この1冊でたくさんの情報を無料でダウンロードすることができます。就活は、時間との戦いでもあります。就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

ハウス食品における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 523.3万円 34.0万円 114.9万円
25~29歳 667.2万円 43.4万円 146.5万円
30~34歳 756.3万円 49.2万円 166.1万円
35~39歳 821.1万円 53.4万円 180.3万円
40~44歳 883.1万円 57.4万円 193.9万円
45~49歳 926.5万円 60.3万円 203.4万円
50~54歳 978.9万円 63.7万円 214.9万円
55~59歳 971.4万円 63.2万円 213.3万円
60~64歳 702.8万円 45.7万円 154.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ハウス食品の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 34.0万円 114.9万円 523.3万円
23歳 35.9万円 121.2万円 552.1万円
24歳 37.8万円 127.5万円 580.9万円
25歳 39.6万円 133.9万円 609.7万円
26歳 41.5万円 140.2万円 638.4万円
27歳 43.4万円 146.5万円 667.2万円
28歳 44.6万円 150.4万円 685.0万円
29歳 45.7万円 154.3万円 702.9万円
30歳 46.9万円 158.2万円 720.7万円
31歳 48.0万円 162.1万円 738.5万円
32歳 49.2万円 166.1万円 756.3万円
33歳 50.0万円 168.9万円 769.2万円
34歳 50.9万円 171.8万円 782.2万円
35歳 51.7万円 174.6万円 795.2万円
36歳 52.6万円 177.5万円 808.2万円
37歳 53.4万円 180.3万円 821.1万円
38歳 54.2万円 183.0万円 833.5万円
39歳 55.0万円 185.7万円 845.9万円
40歳 55.8万円 188.5万円 858.3万円
41歳 56.6万円 191.2万円 870.7万円
42歳 57.4万円 193.9万円 883.1万円
43歳 58.0万円 195.8万円 891.8万円
44歳 58.6万円 197.7万円 900.5万円
45歳 59.1万円 199.6万円 909.2万円
46歳 59.7万円 201.5万円 917.8万円
47歳 60.3万円 203.4万円 926.5万円
48歳 60.9万円 205.7万円 937.0万円
49歳 61.6万円 208.0万円 947.5万円
50歳 62.3万円 210.3万円 957.9万円
51歳 63.0万円 212.6万円 968.4万円
52歳 63.7万円 214.9万円 978.9万円
53歳 63.6万円 214.6万円 977.4万円
54歳 63.5万円 214.3万円 975.9万円
55歳 63.4万円 213.9万円 974.4万円
56歳 63.3万円 213.6万円 972.9万円
57歳 63.2万円 213.3万円 971.4万円
58歳 59.7万円 201.5万円 917.7万円
59歳 56.2万円 189.7万円 864.0万円
60歳 52.7万円 177.9万円 810.3万円
61歳 49.2万円 166.1万円 756.5万円
62歳 45.7万円 154.3万円 702.8万円
63歳 36.6万円 123.5万円 562.2万円
64歳 27.4万円 92.6万円 421.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。年度毎に月給を見てみると、52歳までは少しずつ昇給はされていました。しかし、53歳になると月給は徐々さがる傾向にあるようでした。

ハウス食品の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,557.7万円
課長 1,218.4万円
係長 927.8万円
20~24歳の一般社員 523.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。役職別の年収の上がり方も、階級があがるにつれて年収は高い水準となっていました。

ハウス食品の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.9万円
大学院卒 22.1万円

※リクナビ2018より参照しています。

初任給は、大卒と大学院卒では約10,000円ほどの差があり、若干学びの差が反映されているようです。学んできたことを活かせるかもしれません。業務の取り組み次第では、体学院卒の10,000円差を縮めることができる可能性も出てくるでしょう。

食品業界における年収の傾向と生涯賃金

食品業界とは

食品業界は、加工食品(菓子、乾燥めん、冷凍食品、乳製品など)、清涼飲料水やアルコール類、また調味料や食品原料などを製造している企業です。食品業界と位置づけされるハウス食品は、食を通じて家庭の幸せに役立つという理念のあります。ライフスタイルの多様化してくるなど環境変化に対応し、新しい価値を作り出す事に挑戦し邁進を続けている企業です。

食品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ハウス食品 食品業界
20~24歳 523.3万円 369.8万円
25~29歳 667.2万円 461.8万円
30~34歳 756.3万円 529.4万円
35~39歳 821.1万円 567.7万円
40~44歳 883.1万円 619.3万円
45~49歳 926.5万円 663.8万円
50~54歳 978.9万円 705.2万円
55~59歳 971.4万円 684.7万円
60~64歳 702.8万円 474.3万円
生涯賃金 3.62億円 2.54億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

年代別にハウス食品と業界と比較すると、ハウス食品の方が全体的に高い推移になっています。中でも50~54歳が一番高い推移でした。ハウス食品の50~54歳は1,000万円に届く勢いです。ハウス食品の年収の推移が業界の年収よりも上回っています。

まとめ

日本ではなく世界へ日本の食文化を広げていくために、挑戦をしている企業なので、今後さらに飛躍をしていく事でしょう。家族で楽しめる食卓を、笑顔ある暮らしを作る企業として邁進し続けるからこそ、数値となって現れてきているのではないでしょうか。

 

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ