企業研究

キリンの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

キリンにおける最近の平均年収推移

「キリンビール」は長い間老若男女問わず根強い人気商品のひとつです。そのほか、「FIRE」や「午後の紅茶」、「野菜ジュース」など主力商品が数えきれないほどありますね。明治40年に設立された歴史ある大企業のこの会社の気になる年収はどのくらいでしょうか。

キリンとは

正式名称:キリンホールディングス株式会社
所在地:東京都中野区中野4‐10‐2
従業員数:28,569人
平均年齢:40.9歳
平均勤続年数:11.9年
//www.kirinholdings.co.jp/
※有価証券報告書を参照

平均年齢は40歳と上場企業と比べほぼ平均か若干若いくらいです。平均勤続年数は約12年と短めであることがわかります。

近年の平均年収推移

キリンの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 963.0万円
平成27年 1,013.0万円
平成26年 1,046.0万円
平成25年 1,105.0万円
平成24年 1,015.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

ここ5年間の平均年収ですが、平成28年こそ960万円であるものの、それまでの過去4年間は1,000万円を超えています。若干ではありますが、平成25年から緩やかに賃金が減少しています。

飲料業界の業界・企業研究を進めよう

飲料業界で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「飲料業界大研究Book」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

キリンにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 628.4万円 42.0万円 124.0万円
25~29歳 792.2万円 53.0万円 156.3万円
30~34歳 902.8万円 60.4万円 178.1万円
35~39歳 985.3万円 65.9万円 194.3万円
40~44歳 1,064.1万円 71.2万円 209.9万円
45~49歳 1,117.5万円 74.8万円 220.4万円
50~54歳 1,157.8万円 77.5万円 228.4万円
55~59歳 1,147.2万円 76.7万円 226.3万円
60~64歳 873.9万円 58.5万円 172.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

キリンの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 42.0万円 124.0万円 628.4万円
23歳 44.2万円 130.4万円 661.2万円
24歳 46.4万円 136.9万円 694.0万円
25歳 48.6万円 143.3万円 726.7万円
26歳 50.8万円 149.8万円 759.5万円
27歳 53.0万円 156.3万円 792.2万円
28歳 54.5万円 160.6万円 814.3万円
29歳 56.0万円 165.0万円 836.5万円
30歳 57.4万円 169.3万円 858.6万円
31歳 58.9万円 173.7万円 880.7万円
32歳 60.4万円 178.1万円 902.8万円
33歳 61.5万円 181.3万円 919.3万円
34歳 62.6万円 184.6万円 935.8万円
35歳 63.7万円 187.8万円 952.3万円
36歳 64.8万円 191.1万円 968.8万円
37歳 65.9万円 194.3万円 985.3万円
38歳 67.0万円 197.4万円 1,001.1万円
39歳 68.0万円 200.6万円 1,016.8万円
40歳 69.1万円 203.7万円 1,032.6万円
41歳 70.1万円 206.8万円 1,048.4万円
42歳 71.2万円 209.9万円 1,064.1万円
43歳 71.9万円 212.0万円 1,074.8万円
44歳 72.6万円 214.1万円 1,085.5万円
45歳 73.3万円 216.2万円 1,096.1万円
46歳 74.0万円 218.3万円 1,106.8万円
47歳 74.8万円 220.4万円 1,117.5万円
48歳 75.3万円 222.0万円 1,125.5万円
49歳 75.8万円 223.6万円 1,133.6万円
50歳 76.4万円 225.2万円 1,141.7万円
51歳 76.9万円 226.8万円 1,149.7万円
52歳 77.5万円 228.4万円 1,157.8万円
53歳 77.3万円 227.9万円 1,155.7万円
54歳 77.2万円 227.5万円 1,153.6万円
55歳 77.0万円 227.1万円 1,151.4万円
56歳 76.9万円 226.7万円 1,149.3万円
57歳 76.7万円 226.3万円 1,147.2万円
58歳 73.1万円 215.5万円 1,092.5万円
59歳 69.4万円 204.7万円 1,037.9万円
60歳 65.8万円 193.9万円 983.2万円
61歳 62.1万円 183.1万円 928.6万円
62歳 58.5万円 172.4万円 873.9万円
63歳 46.8万円 137.9万円 699.1万円
64歳 35.1万円 103.4万円 524.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

キリンの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,870.8万円
課長 1,463.2万円
係長 1,114.3万円
20~24歳の一般社員 628.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

キリンの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 23.2万円
大学院卒 25.2万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒で約23万円、大学院卒では25万円と約2万円の差があることがわかります。

飲料・酒類業界における年収の傾向と生涯賃金

飲料・酒類業界とは

総務省の「家計調査」によれば2016年の飲料1世帯あたりの1か月平均支出額は前年比4.0%増の4,238円でした。キリンの含む大手メーカーはブランド力を活かして世界的にブランドを展開していて、フランチャイズ方式でマーケティングの維持に注力している。この業界の上位5社がマーケットの8割以上を占める寡占市場でもあります。

飲料・酒類業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 キリン 飲料・酒類業界
20~24歳 628.4万円 437.4万円
25~29歳 792.2万円 546.1万円
30~34歳 902.8万円 626.1万円
35~39歳 985.3万円 671.4万円
40~44歳 1,064.1万円 732.4万円
45~49歳 1,117.5万円 785.0万円
50~54歳 1,157.8万円 833.9万円
55~59歳 1,147.2万円 809.7万円
60~64歳 873.9万円 560.9万円
生涯賃金 4.33億円 3.0億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

生涯を通して200万円から300万円の差をつけて年収は高めです。35歳から40歳では310万円ほどの収入の差があることがわかります。

まとめ

1907年に三菱財閥の傘下の会社「麒麟麦酒」として新発足後、アサヒスーパードライの台頭までは国内ビールのシェアの首位を獲得していました。その後もキリンビバレッジやメルシャンを完全子会社化するなど営業の共同展開をはじめました。サッカーの日本代表のスポンサーや日本オリンピック委員会のオフィシャルパートナーをするなど、社会貢献でもその名を広げています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ