企業研究

アルフレッサの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アルフレッサにおける最近の平均年収推移

アルフレッサは医薬品業界の中でも、卸業として業界第2位の売上高を誇っています。製薬会社とドラッグストア等の小売店や、病院・薬局との間に立ち医薬品を流通させる役割を担っています。私たちの健康を支える上でなくてはならない存在と言えるでしょう。
今回はそんなアルフレッサについて年収や生涯賃金を調べてみました。

アルフレッサにおける最近の平均年収推移

正式名称:アルフレッサホールディングス株式会社
所在地:東京都千代田区大手町1-1-3
従業員数:45人(単体)
平均年齢:46.9歳
平均勤続年数:8.9年
//www.alfresa.com/
※有価証券報告書を参照

薬価改定や、大型薬の特許切れによるジェネリック医薬品への置き換わりといったこともあり、直近の業績はアルフレッサのみならず、どこの企業も厳しい状況が続いているようです。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

製薬業界の業界・企業研究を進めよう

製薬業界で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「製薬業界の業界研究マニュアル」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

近年の平均年収推移

アルフレッサの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 684.0万円
平成27年 677.0万円
平成26年 727.0万円
平成25年 742.0万円
平成24年 724.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

近年業界的に厳しい状況が続いているということもあり、直近5年では僅かに増減はあるものの緩やかに減少傾向にあるようです。
医薬品卸業界全体の問題として、今後も劇的な状況の改善は考えにくいとされており、引き続き横ばいから減少傾向で推移する可能性が高いと思われます。

アルフレッサにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 406.5万円 28.7万円 62.6万円
25~29歳 582.2万円 41.0万円 89.7万円
30~34歳 659.4万円 46.5万円 101.6万円
35~39歳 726.4万円 51.2万円 112.0万円
40~44歳 764.5万円 53.9万円 117.8万円
45~49歳 783.0万円 55.2万円 120.7万円
50~54歳 797.1万円 56.2万円 122.8万円
55~59歳 793.9万円 56.0万円 122.3万円
60~64歳 643.2万円 45.3万円 99.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

アルフレッサの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 28.7万円 62.6万円 406.5万円
23歳 31.1万円 68.1万円 441.6万円
24歳 33.6万円 73.5万円 476.7万円
25歳 36.1万円 78.9万円 511.9万円
26歳 38.6万円 84.3万円 547.0万円
27歳 41.0万円 89.7万円 582.2万円
28歳 42.1万円 92.1万円 597.6万円
29歳 43.2万円 94.5万円 613.1万円
30歳 44.3万円 96.9万円 628.5万円
31歳 45.4万円 99.2万円 644.0万円
32歳 46.5万円 101.6万円 659.4万円
33歳 47.4万円 103.7万円 672.8万円
34歳 48.4万円 105.8万円 686.2万円
35歳 49.3万円 107.8万円 699.6万円
36歳 50.3万円 109.9万円 713.0万円
37歳 51.2万円 112.0万円 726.4万円
38歳 51.7万円 113.1万円 734.1万円
39歳 52.3万円 114.3万円 741.7万円
40歳 52.8万円 115.5万円 749.3万円
41歳 53.4万円 116.6万円 756.9万円
42歳 53.9万円 117.8万円 764.5万円
43歳 54.2万円 118.4万円 768.2万円
44歳 54.4万円 119.0万円 771.9万円
45歳 54.7万円 119.5万円 775.6万円
46歳 54.9万円 120.1万円 779.3万円
47歳 55.2万円 120.7万円 783.0万円
48歳 55.4万円 121.1万円 785.8万円
49歳 55.6万円 121.5万円 788.7万円
50歳 55.8万円 122.0万円 791.5万円
51歳 56.0万円 122.4万円 794.3万円
52歳 56.2万円 122.8万円 797.1万円
53歳 56.1万円 122.7万円 796.4万円
54歳 56.1万円 122.6万円 795.8万円
55歳 56.1万円 122.5万円 795.2万円
56歳 56.0万円 122.4万円 794.5万円
57歳 56.0万円 122.3万円 793.9万円
58歳 53.8万円 117.7万円 763.7万円
59歳 51.7万円 113.1万円 733.6万円
60歳 49.6万円 108.4万円 703.5万円
61歳 47.5万円 103.8万円 673.3万円
62歳 45.3万円 99.1万円 643.2万円
63歳 36.3万円 79.3万円 514.6万円
64歳 27.2万円 59.5万円 385.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アルフレッサの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,209.9万円
課長 946.4万円
係長 720.7万円
20~24歳の一般社員 406.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アルフレッサの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 23.6万円
大学院卒 23.6万円

※リクナビ2018より参照しています。

大学卒・大学院卒では初任給において違いはないようです。職種は営業職・薬剤師職等にわかれており、配属部署によって多少の違いが出てくることが予測されます。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

他の卸業と比べても営業利益率が低いと言われる医薬品卸業界ですが、平成12年以降急速に業界の再編が進みました。M&Aや統廃合を繰り返すことで、今では大手上位4社でのシェアが全体の8割以上となっています。再編によって上位の企業は医薬品の「毛細血管」といわれる安定供給を可能にした流通網を確率し、同時に調剤薬局への進出を果たした結果、収益を確保し経営の安定を果たすことが出来るようになってきました。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 アルフレッサ 医薬品業界
20~24歳 406.5万円 392.1万円
25~29歳 582.2万円 637.0万円
30~34歳 659.4万円 721.3万円
35~39歳 726.4万円 788.7万円
40~44歳 764.5万円 817.1万円
45~49歳 783.0万円 833.3万円
50~54歳 797.1万円 855.6万円
55~59歳 793.9万円 838.4万円
60~64歳 643.2万円 659.5万円
生涯賃金 3.08億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

医薬品業界の中でも卸業であるアルフレッサは、製薬業者を含む業界平均より低い水準と見られています。全体を通しても25歳以降は全ての年齢層で下回る傾向にあると予測されています。
生涯賃金でも約1,900万円程業界平均より低いと見られており、今後どのように収益を確保する経営体制へ移行して行けるかが、大きな分岐点となることでしょう。

まとめ

薬価改定・大型薬のジェネリックへの置き換わり・少子高齢化による保険制度の展望など、医薬品卸業を取り巻く環境は今後も厳しい状況であることが予測されています。これは業界再編の流れを作ったアルフレッサにおいても例外ではないようです。
医薬品という商品の特性上、今後も卸業が無くなることは考えにくくはありますが、外資企業とのM&Aや更なる統廃合、または新たなビジネスモデルを構築できるかが今後の大きな課題であることは間違いないと言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ