企業研究

四国電力の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

四国電力における最近の平均年収推移

四国電力は四国地方で展開する電力会社です。よんでんの愛称で親しまれています。そんな四国電力の年収や初任給がどれくらいなのか、四国電力が公開している情報を元に、年齢ごとの平均年収や生涯賃金を調べてみました。

四国電力とは

正式名称:四国電力株式会社
所在地:香川県高松市丸の内2番5号
従業員数:4,644人
平均年齢:43.7歳
平均勤続年数:22.2年
//www.yonden.co.jp/
※有価証券報告書を参照

四国電力の発電設備としては、水力発電所・火力発電所・原子力発電所・新エネ発電所があり、最大の発電量は 4カ所ある火力発電所(373万6千kW)となっています。次いで原子力発電所(145万6千kW)となっています。平均勤続年数はかなり高い水準です。

近年の平均年収推移

四国電力の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 744.0万円
平成27年 698.0万円
平成26年 661.0万円
平成25年 662.0万円
平成24年 768.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

四国電力の平均年収を見てみると、650万円~750万円で推移しています。平均勤続年数が高いので安定してこの年収水準を維持しているのかもしれません。

四国電力における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 408.5万円 25.8万円 98.4万円
25~29歳 561.2万円 35.5万円 135.2万円
30~34歳 674.4万円 42.7万円 162.4万円
35~39歳 740.8万円 46.9万円 178.4万円
40~44歳 830.1万円 52.5万円 199.9万円
45~49歳 937.6万円 59.3万円 225.8万円
50~54歳 959.9万円 60.7万円 231.2万円
55~59歳 982.7万円 62.2万円 236.6万円
60~64歳 598.3万円 37.9万円 144.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

四国電力の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.8万円 98.4万円 408.5万円
23歳 27.8万円 105.7万円 439.0万円
24歳 29.7万円 113.1万円 469.6万円
25歳 31.6万円 120.4万円 500.1万円
26歳 33.6万円 127.8万円 530.7万円
27歳 35.5万円 135.2万円 561.2万円
28歳 36.9万円 140.6万円 583.9万円
29歳 38.4万円 146.1万円 606.5万円
30歳 39.8万円 151.5万円 629.1万円
31歳 41.2万円 157.0万円 651.8万円
32歳 42.7万円 162.4万円 674.4万円
33歳 43.5万円 165.6万円 687.7万円
34歳 44.3万円 168.8万円 701.0万円
35歳 45.2万円 172.0万円 714.2万円
36歳 46.0万円 175.2万円 727.5万円
37歳 46.9万円 178.4万円 740.8万円
38歳 48.0万円 182.7万円 758.6万円
39歳 49.1万円 187.0万円 776.5万円
40歳 50.3万円 191.3万円 794.4万円
41歳 51.4万円 195.6万円 812.2万円
42歳 52.5万円 199.9万円 830.1万円
43歳 53.9万円 205.1万円 851.6万円
44歳 55.2万円 210.3万円 873.1万円
45歳 56.6万円 215.4万円 894.6万円
46歳 58.0万円 220.6万円 916.1万円
47歳 59.3万円 225.8万円 937.6万円
48歳 59.6万円 226.9万円 942.1万円
49歳 59.9万円 227.9万円 946.5万円
50歳 60.2万円 229.0万円 951.0万円
51歳 60.4万円 230.1万円 955.4万円
52歳 60.7万円 231.2万円 959.9万円
53歳 61.0万円 232.2万円 964.4万円
54歳 61.3万円 233.3万円 969.0万円
55歳 61.6万円 234.4万円 973.5万円
56歳 61.9万円 235.5万円 978.1万円
57歳 62.2万円 236.6万円 982.7万円
58歳 57.3万円 218.1万円 905.8万円
59歳 52.4万円 199.6万円 828.9万円
60歳 47.6万円 181.1万円 752.1万円
61歳 42.7万円 162.6万円 675.2万円
62歳 37.9万円 144.1万円 598.3万円
63歳 30.3万円 115.3万円 478.7万円
64歳 22.7万円 86.5万円 359.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

四国電力の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,216.0万円
課長 951.1万円
係長 724.3万円
20~24歳の一般社員 408.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

四国電力の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.4万円
大学院卒 22.6万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒・大学院卒の初任給は一般レベルです。ここに記載したのは総合職の初任給ですが、大学・短大・専門学校等を卒業見込みの方向けに少し初任給が低い一般職コースもできました。

電気・ガス業界における年収の傾向と生涯賃金

電気・ガス業界とは

福島原発事故などの影響で、原子力発電所に対する風当たりが強まっていて、主流だった原子力発電所に代わる安心・安全なエネルギーが望まれています。電気・ガス業界といったライフラインを支える企業が、震災以降大きな変革を求められている中で、四国電力にも当然さまざまな企業努力や安心・安全が求められます。

電気・ガス業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 四国電力 電気・ガス業界
20~24歳 408.5万円 345.8万円
25~29歳 561.2万円 437.0万円
30~34歳 674.4万円 545.5万円
35~39歳 740.8万円 590.6万円
40~44歳 830.1万円 696.0万円
45~49歳 937.6万円 811.0万円
50~54歳 959.9万円 821.7万円
55~59歳 982.7万円 896.1万円
60~64歳 598.3万円 517.3万円
生涯賃金 3.35億円 2.83億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

四国電力の平均年収は、電気・ガス業界の平均的な年収より高い予想です。定年間際まで年収が上がり続けるのも、この業界が安定している結果と言えそうです。

まとめ

電力自由化と共に電気・ガス業界は競争が激化してきました。大手電力会社でも常に改革を続けなくては生き残れる保証はありません。四国4県がメインエリアである四国電力は、他の電力会社よりも少しだけフットワークが軽いはずです。柔軟な企業努力で常に時代を読んだ経営をしていれば、将来も明るい企業となるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ