企業研究

東和薬品の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

東和薬品における最近の平均年収推移

東和薬品は日本を代表するジェネリック医薬品メーカーです。近年、徐々にジェネリック医薬品の認知度も上がってきています。そんな東和薬品の年収や初任給がどれくらいなのか、東和薬品が公開している情報を元に、年齢ごとの平均年収や生涯賃金を調べてみました。

東和薬品とは

正式名称:東和薬品株式会社
所在地:大阪府門真市新橋町2番11号
従業員数:2,279人
平均年齢:36歳
平均勤続年数:9.2年
//www.towayakuhin.co.jp/
※有価証券報告書を参照

東和薬品はジェネリック医薬品に特化しています。欧米に比べてジェネリック医薬品の普及率が低い日本で、安くて高品質のジェネリック医薬品の普及に力を入れています。
平均勤続年数が短いのが気になるところでもあります。

自分が医薬品業界に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、医薬品業界の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が医薬品業界に向いているか、サクッと診断してみましょう。

近年の平均年収推移

東和薬品の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 618.0万円
平成27年 639.0万円
平成26年 632.0万円
平成25年 632.0万円
平成24年 626.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

東和薬品の平均年収推移を見ると、約620万円~640万円で横ばいとなっています。今後注目のジェネリック医薬品ですので、業績が上がって年収が増える可能性も期待できます。

東和薬品における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 372.2万円 23.2万円 93.3万円
25~29歳 504.7万円 31.5万円 126.5万円
30~34歳 582.4万円 36.4万円 146.0万円
35~39歳 636.4万円 39.7万円 159.5万円
40~44歳 687.2万円 42.9万円 172.2万円
45~49歳 744.4万円 46.5万円 186.6万円
50~54歳 780.3万円 48.7万円 195.6万円
55~59歳 751.4万円 46.9万円 188.4万円
60~64歳 503.0万円 31.4万円 126.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

東和薬品の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 23.2万円 93.3万円 372.2万円
23歳 24.9万円 99.9万円 398.7万円
24歳 26.6万円 106.6万円 425.2万円
25歳 28.2万円 113.2万円 451.7万円
26歳 29.9万円 119.9万円 478.2万円
27歳 31.5万円 126.5万円 504.7万円
28歳 32.5万円 130.4万円 520.3万円
29歳 33.5万円 134.3万円 535.8万円
30歳 34.4万円 138.2万円 551.3万円
31歳 35.4万円 142.1万円 566.9万円
32歳 36.4万円 146.0万円 582.4万円
33歳 37.0万円 148.7万円 593.2万円
34歳 37.7万円 151.4万円 604.0万円
35歳 38.4万円 154.1万円 614.8万円
36歳 39.1万円 156.8万円 625.6万円
37歳 39.7万円 159.5万円 636.4万円
38歳 40.4万円 162.1万円 646.6万円
39歳 41.0万円 164.6万円 656.7万円
40歳 41.6万円 167.2万円 666.9万円
41歳 42.3万円 169.7万円 677.0万円
42歳 42.9万円 172.2万円 687.2万円
43歳 43.6万円 175.1万円 698.6万円
44歳 44.3万円 178.0万円 710.0万円
45歳 45.1万円 180.8万円 721.5万円
46歳 45.8万円 183.7万円 732.9万円
47歳 46.5万円 186.6万円 744.4万円
48歳 46.9万円 188.4万円 751.6万円
49歳 47.4万円 190.2万円 758.7万円
50歳 47.8万円 192.0万円 765.9万円
51歳 48.3万円 193.8万円 773.1万円
52歳 48.7万円 195.6万円 780.3万円
53歳 48.4万円 194.1万円 774.5万円
54歳 48.0万円 192.7万円 768.7万円
55歳 47.6万円 191.2万円 763.0万円
56歳 47.3万円 189.8万円 757.2万円
57歳 46.9万円 188.4万円 751.4万円
58歳 43.8万円 175.9万円 701.7万円
59歳 40.7万円 163.4万円 652.0万円
60歳 37.6万円 151.0万円 602.4万円
61歳 34.5万円 138.5万円 552.7万円
62歳 31.4万円 126.1万円 503.0万円
63歳 25.1万円 100.9万円 402.4万円
64歳 18.8万円 75.6万円 301.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

東和薬品の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,108.0万円
課長 866.6万円
係長 659.9万円
20~24歳の一般社員 372.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

東和薬品の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.25万円
大学院卒 22.75万円

※リクナビ2018より参照しています。

理系・文系での初任給の差はなく、大卒・大学院卒の初任給水準は平均的です。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

医薬品業界の中でもジェネリック医薬品は注目される分野で、日本ではジェネリック医薬品といえば東和薬品というくらい、イメージが定着しつつあります。高齢化社会で医療費負担軽減にも一役買うことができるジェネリック医薬品は、国が使用を推進しているほどです。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 東和薬品 医薬品業界
20~24歳 372.2万円 476.7万円
25~29歳 504.7万円 595.2万円
30~34歳 582.4万円 682.4万円
35~39歳 636.4万円 731.8万円
40~44歳 687.2万円 798.3万円
45~49歳 744.4万円 855.6万円
50~54歳 780.3万円 908.9万円
55~59歳 751.4万円 882.6万円
60~64歳 503.0万円 611.4万円
生涯賃金 2.78億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

東和薬品の平均年収は医薬品業界の平均的な年収より低いですが、ジェネリック医薬品の普及率が上がっていけば当然年収にも多少は跳ね返ってくると思われます。年収の大幅アップはしばらく期待できないかもしれませんが、将来性がある企業の一つだと思います。

まとめ

ジェネリック医薬品を正しく理解すれば、安心・安全だということがわかりますが、まだまだ欧米並みの普及率にはなっていません。東和薬品は日本でジェネリック医薬品の継続的な普及推進活動を行っていますので、いずれ従業員にもうれしい年収水準になる日が来ると思います。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ