企業研究

伊藤忠エネクスの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

伊藤忠エネクスにおける最近の平均年収推移

伊藤忠エネクスは、日本最大といわれる総合商社・伊藤忠商事のグループ企業です。伊藤忠商事の子会社はあらゆるジャンルに進出していますが、伊藤忠エネクスは中でもエネルギーを中心に扱う会社になっています。そんな伊藤忠エネクスの年収はどれくらいなのか、調べてみました。

伊藤忠エネクスとは

正式名称:伊藤忠エネクス株式会社
所在地:東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
従業員数:510人
平均年齢:41歳
平均勤続年数:14.8年
//www.itcenex.com/
※有価証券報告書を参照

伊藤忠エネクスには、ホームライフ部門、電力・ユーティリティ部門、生活エネルギー・流通部門、産業エネルギー・流通部門の4つの部門があります。
伊藤忠エネクスの平均年齢は41歳、平均勤続年数は14.8年と、どちらもごく平均的な数字になっています。

近年の平均年収推移

伊藤忠エネクスの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 896.0万円
平成27年 896.0万円
平成26年 895.0万円
平成25年 883.0万円
平成24年 842.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成24年と平成28年の平均年収を比べると、50万円以上増えていますが、ここ3年はほとんど変動がありません。平均年収に関しては、かなり安定していると言えるでしょう。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

伊藤忠エネクスにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 513.4万円 34.5万円 99.5万円
25~29歳 762.5万円 51.2万円 147.7万円
30~34歳 862.1万円 57.9万円 167.1万円
35~39歳 942.1万円 63.3万円 182.5万円
40~44歳 992.8万円 66.7万円 192.4万円
45~49歳 1,047.5万円 70.4万円 203.0万円
50~54歳 1,073.1万円 72.1万円 207.9万円
55~59歳 1,071.9万円 72.0万円 207.7万円
60~64歳 801.3万円 53.8万円 155.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

伊藤忠エネクスの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 34.5万円 99.5万円 513.4万円
23歳 37.8万円 109.1万円 563.2万円
24歳 41.2万円 118.8万円 613.0万円
25歳 44.5万円 128.4万円 662.9万円
26歳 47.9万円 138.1万円 712.7万円
27歳 51.2万円 147.7万円 762.5万円
28歳 52.6万円 151.6万円 782.4万円
29歳 53.9万円 155.5万円 802.3万円
30歳 55.2万円 159.3万円 822.3万円
31歳 56.6万円 163.2万円 842.2万円
32歳 57.9万円 167.1万円 862.1万円
33歳 59.0万円 170.2万円 878.1万円
34歳 60.1万円 173.3万円 894.1万円
35歳 61.1万円 176.3万円 910.1万円
36歳 62.2万円 179.4万円 926.1万円
37歳 63.3万円 182.5万円 942.1万円
38歳 64.0万円 184.5万円 952.2万円
39歳 64.7万円 186.5万円 962.4万円
40歳 65.3万円 188.4万円 972.5万円
41歳 66.0万円 190.4万円 982.7万円
42歳 66.7万円 192.4万円 992.8万円
43歳 67.4万円 194.5万円 1,003.8万円
44歳 68.2万円 196.6万円 1,014.7万円
45歳 68.9万円 198.7万円 1,025.6万円
46歳 69.6万円 200.9万円 1,036.6万円
47歳 70.4万円 203.0万円 1,047.5万円
48歳 70.7万円 204.0万円 1,052.6万円
49歳 71.1万円 205.0万円 1,057.8万円
50歳 71.4万円 206.0万円 1,062.9万円
51歳 71.8万円 206.9万円 1,068.0万円
52歳 72.1万円 207.9万円 1,073.1万円
53歳 72.1万円 207.9万円 1,072.9万円
54歳 72.1万円 207.8万円 1,072.6万円
55歳 72.1万円 207.8万円 1,072.4万円
56歳 72.0万円 207.7万円 1,072.1万円
57歳 72.0万円 207.7万円 1,071.9万円
58歳 68.4万円 197.2万円 1,017.8万円
59歳 64.7万円 186.7万円 963.7万円
60歳 61.1万円 176.2万円 909.6万円
61歳 57.5万円 165.8万円 855.5万円
62歳 53.8万円 155.3万円 801.3万円
63歳 43.1万円 124.2万円 641.1万円
64歳 32.3万円 93.2万円 480.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊藤忠エネクスの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,528.4万円
課長 1,195.5万円
係長 910.3万円
20~24歳の一般社員 513.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊藤忠エネクスの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 23.2万円
大学院卒 24万円

※リクナビ2018より参照しています。

2016年度の実績から、伊藤忠エネクスにおいては大卒と大学院卒では初任給が8,000円ほど違うようです。

電気・ガス業界における年収の傾向と生涯賃金

電気・ガス業界とは

電気は東京電力、ガスは東京ガス、というように、電気やガス業界はごく少数の企業によってほとんど独占状態となっていました。しかし近年自由化が進み、様々な企業が電気・ガス業界に進出してきています。このような電気・ガス業界の年収はどのようになっているのでしょうか。見ていきましょう。

電気・ガス業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 伊藤忠エネクス 電気・ガス業界
20~24歳 513.4万円 339.2万円
25~29歳 762.5万円 551.1万円
30~34歳 862.1万円 624.1万円
35~39歳 942.1万円 682.4万円
40~44歳 992.8万円 707.0万円
45~49歳 1,047.5万円 721.0万円
50~54歳 1,073.1万円 740.3万円
55~59歳 1,071.9万円 725.4万円
60~64歳 801.3万円 570.6万円
生涯賃金 4.03億円 2.83億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

伊藤忠エネクスと電気・ガス業界の年収を比べると、伊藤忠エネクスの方が圧倒的に高いということがわかります。生涯賃金を見ても1億円以上の差が出ていることから、伊藤忠エネクスの水準の高さがうかがえるでしょう。

まとめ

伊藤忠エネクスはあの伊藤忠商事の子会社ということもあってか、やはり高収入が望めるようです。活性化している傾向にある電気・ガス業界の中でも、安定していると言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ