企業研究

ツムラの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ツムラにおける最近の平均年収推移

株式会社ツムラは入浴剤などが有名ですが、自然と健康を科学する漢方のツムラとした
ネームバリューを持つ漢方薬品メーカーです。明治26年に東京日本橋で津村順天堂として創業し、婦人用生薬製剤の中将湯を生産、販売しました。昭和39年には入浴剤のバスクリンがヒットしたことで静岡に工場を新設しました。昭和49年には漢方製剤のトップ企業なりました。昭和63年に社名が現在のツムラに変更しました。こんなツムラの初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

ツムラとは

正式名称:株式会社ツムラ
所在地:東京都港区赤坂二丁目17番11号
従業員数:2,377人
平均年齢:43.7歳
平均勤続年数:20.1年
//www.tsumura.co.jp/
※有価証券報告書を参照

ツムラは本社は東京港区にあり、静岡県、茨城県に工場、研究所を置き、原料の生産は中国や北海道夕張の工場で調達、加工、管理などを行なっています。従業員は真面目な社員が多く、穏やかな優しい職場環境が作り上げられています。仕事に満足している社員が多いことから、平均勤続年数は20.1年と企業としては非常に長いことも理解できます。平均年齢は43.7歳と若干高齢です。

近年の平均年収推移

ツムラの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 824.0万円
平成27年 826.0万円
平成26年 838.0万円
平成25年 850.0万円
平成24年 826.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

ツムラの年収は800万円台と企業としては高額です。リーマンショックでは多くの企業で年収が大幅に落ち込んでいますが、ツムラは維持しています。リーマンショック直後の平成22年には784.8万円の平均年収が翌年には807.1万円と800万円を超えるようになりました。

ツムラにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 496.2万円 31.0万円 124.4万円
25~29歳 672.9万円 42.0万円 168.7万円
30~34歳 776.5万円 48.5万円 194.6万円
35~39歳 848.5万円 53.0万円 212.7万円
40~44歳 916.1万円 57.2万円 229.6万円
45~49歳 992.4万円 62.0万円 248.8万円
50~54歳 1,040.2万円 65.0万円 260.7万円
55~59歳 1,001.8万円 62.6万円 251.1万円
60~64歳 670.5万円 41.9万円 168.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ツムラの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 31.0万円 124.4万円 496.2万円
23歳 33.2万円 133.2万円 531.5万円
24歳 35.4万円 142.1万円 566.9万円
25歳 37.6万円 150.9万円 602.2万円
26歳 39.8万円 159.8万円 637.5万円
27歳 42.0万円 168.7万円 672.9万円
28歳 43.3万円 173.9万円 693.6万円
29歳 44.6万円 179.0万円 714.3万円
30歳 45.9万円 184.2万円 735.0万円
31歳 47.2万円 189.4万円 755.8万円
32歳 48.5万円 194.6万円 776.5万円
33歳 49.4万円 198.2万円 790.9万円
34歳 50.3万円 201.9万円 805.3万円
35歳 51.2万円 205.5万円 819.7万円
36歳 52.1万円 209.1万円 834.1万円
37歳 53.0万円 212.7万円 848.5万円
38歳 53.8万円 216.1万円 862.0万円
39歳 54.7万円 219.5万円 875.5万円
40歳 55.5万円 222.8万円 889.0万円
41歳 56.4万円 226.2万円 902.6万円
42歳 57.2万円 229.6万円 916.1万円
43歳 58.2万円 233.5万円 931.4万円
44歳 59.1万円 237.3万円 946.6万円
45歳 60.1万円 241.1万円 961.9万円
46歳 61.0万円 244.9万円 977.1万円
47歳 62.0万円 248.8万円 992.4万円
48歳 62.6万円 251.2万円 1,002.0万円
49歳 63.2万円 253.6万円 1,011.5万円
50歳 63.8万円 255.9万円 1,021.1万円
51歳 64.4万円 258.3万円 1,030.7万円
52歳 65.0万円 260.7万円 1,040.2万円
53歳 64.5万円 258.8万円 1,032.6万円
54歳 64.0万円 256.9万円 1,024.9万円
55歳 63.5万円 255.0万円 1,017.2万円
56歳 63.0万円 253.0万円 1,009.5万円
57歳 62.6万円 251.1万円 1,001.8万円
58歳 58.4万円 234.5万円 935.6万円
59歳 54.3万円 217.9万円 869.3万円
60歳 50.1万円 201.3万円 803.0万円
61歳 46.0万円 184.7万円 736.8万円
62歳 41.9万円 168.1万円 670.5万円
63歳 33.5万円 134.5万円 536.4万円
64歳 25.1万円 100.8万円 402.3万円v

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ツムラの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,477.1万円
課長 1,155.3万円
係長 879.8万円
20~24歳の一般社員 496.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ツムラ 年収の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22万円
大学院卒 22.94万円

※リクナビ2018より参照しています。

ツムラの初任給は一般企業の平均的な金額です。大卒と大学院卒との差額が9,400円とほとんど差がありません。昇給が高いため、初任給は参考程度に受けとめるようにしましょう。全学部・全学科から募集するなど、学歴よりも個人の資質を大切にしているようです。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

医薬品業界は緩やかに成長を続けています。高齢社会にむけて今後、需要は増えてくることが予想されます。アメリカの金融危機やリーマンショックではツムラをはじめ他の医療品企業でもほとんど影響は受けていません。人間の健康が重要視される企業のため、安定した業界であることがわかります。ツムラにも言えることですが業界全体の平均年齢が高い傾向です。業界の平均勤続年数は11年ですがツムラは20.1年と大幅に上回っています。これはツムラの社風や職場環境の良さが象徴されています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ツムラ 医薬品業界
20~24歳 496.2万円 476.7万円
25~29歳 672.9万円 595.2万円
30~34歳 776.5万円 682.4万円
35~39歳 848.5万円 731.8万円
40~44歳 916.1万円 798.3万円
45~49歳 992.4万円 855.6万円
50~54歳 1,040.2万円 908.9万円
55~59歳 1,001.8万円 882.6万円
60~64歳 670.5万円 611.4万円
生涯賃金 3.71億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ツムラの年収は医薬品業界と比較すると全ての年代で上回っています。若年層は平均年収に近いですが、これは初任給が一般企業並みで、他社との足並みを揃えているのではないかと憶測でき、企業の賢さが伺えます。

【39点以下は危険度MAX】
あなたの就活偏差値を診断しておこう!

今年の就活はコロナの影響もあり、先が見えない状況が続いていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、内定を勝ち取れないのは同じです。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

まとめ

ここまでツムラについて調査してきました。安定して穏やかで誰もが憧れてしまうような職場環境が想像できます。漢方薬品メーカーであることもあることは人間にとって安心して長く付き合うことができる商品を手掛けています。
引き続き、時代の波や世間の流れなどに左右されることなく、独自の路線を突き進んで欲しい企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ