企業研究

福山通運の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

福山通運における最近の平均年収推移

福山通運株式会社は昭和23年に広島県福山市で福山貨物運送株式会社として創業しました。昭和35年に近畿日本鉄道株式会社と資本提携したことで近鉄グループ企業となりました。平成21年には王子運送株式会社を子会社化するなど成長を続けています。こんな福山通運の初任給や年収などを、企業が公開している情報を元に調べてみました。

福山通運とは

正式名称:福山通運株式会社
所在地:広島県福山市東深津町四丁目20番1号
従業員数:9,226人
平均年齢:43.3歳
平均勤続年数:14.9年
//corp.fukutsu.co.jp/
※有価証券報告書を参照

福山通運は広島県福山市に本社を置き、全国の主要都市に400箇所の営業所を持っています。また、関東、中部、関西、中国、北九州にかけて23カ所の流通センターがあります。
引っ越し業務にも参入していて、全国に13カ所の引っ越しセンターがあります。平均勤続年数が14.9年と運送業界では長い企業です。

近年の平均年収推移

福山通運の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 445.0万円
平成27年 443.0万円
平成26年 438.0万円
平成25年 440.0万円
平成24年 433.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

福山通運の年収は440万円前後です。多くの企業がリーマンショックで大幅な年収の落ち込みがありましたが、福山通運の年収は影響を受けなかったデータがあります。10年近く440万円前後を推移しているため、安定性を持っている企業です。

福山通運における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 267.3万円 17.7万円 55.2万円
25~29歳 389.2万円 25.7万円 80.4万円
30~34歳 442.2万円 29.2万円 91.4万円
35~39歳 475.7万円 31.5万円 98.3万円
40~44歳 489.5万円 32.4万円 101.2万円
45~49歳 524.9万円 34.7万円 108.5万円
50~54歳 548.0万円 36.2万円 113.3万円
55~59歳 524.2万円 34.7万円 108.3万円
60~64歳 346.5万円 22.9万円 71.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

福山通運の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 17.7万円 55.2万円 267.3万円
23歳 19.3万円 60.3万円 291.7万円
24歳 20.9万円 65.3万円 316.1万円
25歳 22.5万円 70.4万円 340.5万円
26歳 24.1万円 75.4万円 364.9万円
27歳 25.7万円 80.4万円 389.2万円
28歳 26.4万円 82.6万円 399.8万円
29歳 27.1万円 84.8万円 410.4万円
30歳 27.8万円 87.0万円 421.0万円
31歳 28.5万円 89.2万円 431.6万円
32歳 29.2万円 91.4万円 442.2万円
33歳 29.7万円 92.8万円 448.9万円
34歳 30.1万円 94.2万円 455.6万円
35歳 30.6万円 95.5万円 462.3万円
36歳 31.0万円 96.9万円 469.0万円
37歳 31.5万円 98.3万円 475.7万円
38歳 31.6万円 98.9万円 478.5万円
39歳 31.8万円 99.5万円 481.3万円
40歳 32.0万円 100.0万円 484.0万円
41歳 32.2万円 100.6万円 486.8万円
42歳 32.4万円 101.2万円 489.5万円
43歳 32.8万円 102.6万円 496.6万円
44歳 33.3万円 104.1万円 503.7万円
45歳 33.8万円 105.5万円 510.7万円
46歳 34.2万円 107.0万円 517.8万円
47歳 34.7万円 108.5万円 524.9万円
48歳 35.0万円 109.4万円 529.5万円
49歳 35.3万円 110.4万円 534.1万円
50歳 35.6万円 111.3万円 538.8万円
51歳 35.9万円 112.3万円 543.4万円
52歳 36.2万円 113.3万円 548.0万円
53歳 35.9万円 112.3万円 543.3万円
54歳 35.6万円 111.3万円 538.5万円
55歳 35.3万円 110.3万円 533.7万円
56歳 35.0万円 109.3万円 529.0万円
57歳 34.7万円 108.3万円 524.2万円
58歳 32.3万円 101.0万円 488.7万円
59歳 30.0万円 93.6万円 453.1万円
60歳 27.6万円 86.3万円 417.6万円
61歳 25.3万円 79.0万円 382.1万円
62歳 22.9万円 71.6万円 346.5万円
63歳 18.3万円 57.3万円 277.2万円
64歳 13.7万円 43.0万円 207.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

福山通運の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 795.8万円
課長 622.4万円
係長 474.0万円
20~24歳の一般社員 267.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

福山通運の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.22万円
大学院卒 20.22万円

※リクナビ2018より参照しています。

福山通運の初任給は、一般企業の平均的より若干、低い金額です。大卒以上は同じ初任給です。初任給には基本給、地域給、管理者手当、職能給が含まれています。また、短大・専門・高専卒は198,200円です。

陸運業界における年収の傾向と生涯賃金

陸運業界とは

運送業界は、国内の貨物輸送量は低迷していますが、インターネット通販の普及で宅配便の取扱件数は増え続けています。宅配業者はドライバー不足が深刻化しています。
運送業界全体の傾向としては、宅配便が牽引しているため総合的には上昇傾向にあり、将来の成長にも期待が持てます。運送業界の売上高ランキングは、日本通運、日本郵政、ヤマトHD、の順で福山通運は国内9位となっています。

陸運業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 福山通運 陸運業界
20~24歳 267.3万円 388.0万円
25~29歳 389.2万円 478.0万円
30~34歳 442.2万円 520.1万円
35~39歳 475.7万円 553.4万円
40~44歳 489.5万円 563.4万円
45~49歳 524.9万円 573.1万円
50~54歳 548.0万円 589.1万円
55~59歳 524.2万円 599.8万円
60~64歳 346.5万円 442.1万円
生涯賃金 2.0億円 2.35億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

福山通運の年収は陸運業界と比較すると下回っています。特に若年層、高年層の差が大きく開いています。一般物流以外に引越しサービスを行なっていますが、今後の貨物輸送量の増大はあまり期待できない状況です。
売上げ拡大のためには、手掛けている引越しサービス以外にも宅配便への参入や関連業務を延長した事業への取り組みなど、業務を拡大していくことが重要です。

自分が運輸業界に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、運輸業界の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が運輸業界に向いているか、サクッと診断してみましょう。

まとめ

ここまで福山通運について調査してきました。貨物輸送量が減少していることは福山通運にとっては大きな痛手となっています。年収では陸運業界の平均を下回っているため、人材確保にも影響が出てきます。売上げを上げるために新たなことに取り組み成長することを期待します。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ