企業研究

不二越の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

不二越における最近の平均年収推移

不二越は、工具・機械部品・工作機械など、鉄鋼および金属製品を製造しているメーカーです。全国各地に営業拠点を構えており、富山市に5か所の生産拠点があります。
「成長企業への挑戦、夢をかなえるものづくり企業へ」を経営理念に、新たにロボット事業も導入しています。高い需要が見込まれるロボット事業を中心に事業を展開している不二越ですが、その年収は一体どのくらいなのでしょうか。公開情報を基に、調べてみました。

不二越とは

正式名称:株式会社不二越
所在地:東京都港区東新橋1丁目9番2号汐留住友ビル17階
従業員数:2,945人
平均年齢:39.3歳
平均勤続年数:14.8年
//www.nachi-fujikoshi.co.jp/company/index.html
※有価証券報告書を参照

不二越は、工具メーカーとして創業し、設立から10年後に製鉄事業を立ち上げました。材料を揃えるところから製品の組立・搬送までを自社で行う「一貫生産体制」によって、製造を行っています。高度経済成長の波に乗って機械メーカーとして事業を行い、平成10年にはナチビジネスを展開。世界市場でナチブランドを確立しています。
近年では、インドやメキシコに生産拠点を新設するなど、事業は海外へも拡大しています。

近年の平均年収推移

不二越の近年の平均年収の推移を調べてみました

年度 平均年収
平成28年 620.0万円
平成27年 636.0万円
平成26年 615.0万円
平成25年 576.0万円
平成24年 562.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年間でゆるやかに年収も上がっており、平成24年と比較すると58万円も給与が上がっています。3,000名近い従業員数の平均年齢が39.3歳となっており、高年齢で給与の高い役職が多いため、平均給与も高い数値になっているのかもしれません。

不二越における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 373.1万円 23.3万円 93.5万円
25~29歳 506.0万円 31.6万円 126.8万円
30~34歳 583.9万円 36.5万円 146.4万円
35~39歳 638.0万円 39.8万円 159.9万円
40~44歳 688.9万円 43.0万円 172.7万円
45~49歳 746.3万円 46.6万円 187.1万円
50~54歳 782.2万円 48.8万円 196.1万円
55~59歳 753.3万円 47.0万円 188.8万円
60~64歳 504.2万円 31.5万円 126.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

不二越の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 23.3万円 93.5万円 373.1万円
23歳 25.0万円 100.2万円 399.7万円
24歳 26.6万円 106.8万円 426.3万円
25歳 28.3万円 113.5万円 452.8万円
26歳 29.9万円 120.2万円 479.4万円
27歳 31.6万円 126.8万円 506.0万円
28歳 32.6万円 130.7万円 521.6万円
29歳 33.5万円 134.6万円 537.1万円
30歳 34.5万円 138.5万円 552.7万円
31歳 35.5万円 142.5万円 568.3万円
32歳 36.5万円 146.4万円 583.9万円
33歳 37.1万円 149.1万円 594.7万円
34歳 37.8万円 151.8万円 605.6万円
35歳 38.5万円 154.5万円 616.4万円
36歳 39.2万円 157.2万円 627.2万円
37歳 39.8万円 159.9万円 638.0万円
38歳 40.5万円 162.5万円 648.2万円
39歳 41.1万円 165.0万円 658.4万円
40歳 41.7万円 167.6万円 668.5万円
41歳 42.4万円 170.1万円 678.7万円
42歳 43.0万円 172.7万円 688.9万円
43歳 43.7万円 175.5万円 700.4万円
44歳 44.5万円 178.4万円 711.8万円
45歳 45.2万円 181.3万円 723.3万円
46歳 45.9万円 184.2万円 734.8万円
47歳 46.6万円 187.1万円 746.3万円
48歳 47.0万円 188.9万円 753.5万円
49歳 47.5万円 190.7万円 760.7万円
50歳 47.9万円 192.5万円 767.8万円
51歳 48.4万円 194.3万円 775.0万円
52歳 48.8万円 196.1万円 782.2万円
53歳 48.5万円 194.6万円 776.5万円
54歳 48.1万円 193.2万円 770.7万円
55歳 47.8万円 191.7万円 764.9万円
56歳 47.4万円 190.3万円 759.1万円
57歳 47.0万円 188.8万円 753.3万円
58歳 43.9万円 176.3万円 703.5万円
59歳 40.8万円 163.9万円 653.7万円
60歳 37.7万円 151.4万円 603.9万円
61歳 34.6万円 138.9万円 554.0万円
62歳 31.5万円 126.4万円 504.2万円
63歳 25.2万円 101.1万円 403.4万円
64歳 18.9万円 75.8万円 302.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

不二越の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,110.7万円
課長 868.8万円
係長 661.6万円
20~24歳の一般社員 373.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

不二越の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22万円
大学院卒 24万円

※リクナビ2018より参照しています。

大学と大学院卒では、若干ですが年収の差がありました。賞与は年に2回、また年に1度の昇給もあるようです。

鉄鋼・非鉄金属業界における年収の傾向と生涯賃金

鉄鋼・非鉄金属業界とは

鉄鋼業界というと、私たちの生活にはあまりなじみのない業界かもしれません。しかし、鉄鋼業界が製造した製品は、自動車の部品や家電、建築物など様々なものに使用されており、私たちの暮らしにとってなくてはならない物つくりを支える「縁の下の力持ち」のような存在です。
近年、中国などのメーカーが生産量を高め、安い価格で大量に鋼材を輸出したことにより、日本の鋼鉄メーカーの業績は低迷しています。そこでコストの削減や技術力の高さを生かして高性能の製品を生み出し、競争力を高めています。このような現状の鋼鉄業界ですが、その年収とはいったいどのくらいなのでしょうか。

鉄鋼・非鉄金属業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 不二越 鉄鋼・非鉄金属業界
20~24歳 373.1万円 384.3万円
25~29歳 506.0万円 479.8万円
30~34歳 583.9万円 550.0万円
35~39歳 638.0万円 589.8万円
40~44歳 688.9万円 643.5万円
45~49歳 746.3万円 689.7万円
50~54歳 782.2万円 732.7万円
55~59歳 753.3万円 711.4万円
60~64歳 504.2万円 492.8万円
生涯賃金 2.79億円 2.64億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

20代前半においては業界平均年収を下回っていますが、20代後半以降は業界平均を上回っています。年齢を重ねるにつれて、年収の差が開いていることがわかります。10歳ごとに約100万円ほど増加する予測になっています。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

まとめ

コスト削減や、経営統合、独自の技術力により、同業他社との差別化を図る鉄鋼メーカー。競争が激しい業界ですが、新たにロボット事業を導入し、業界と比較しても高い給与を誇る不二越は、今後さらに活躍する見込みがあるのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ