就活の悩み

就職留年、これでもする? 「企業の本音」と「最低限するべきこと」

目次

     1年目はダメだったけど今度はうまくいく、はずだった。

     実際は、1年目よりさらに高い壁がいくつも立ちはだかる。

     一歩ずつでも内定に近づくために、何から始めればいいのか。(AERA編集部・福山栄子)

     

     ぴんとこないな。

     国立大学で社会学を専攻する女子学生(24)が、3年生で就職活動を始めたときの正直な気持ちだ。2月から会社説明会を回ったり、エントリーシート(ES)を出したりしていた。でも、学生時代を通じて途上国支援のNPOにかかわっていて、利益追求の「民間企業」で自分が働くイメージがわかなかった。

     面接に進んでも心の中は、「どうせみんな同じなのに、なぜ志望動機なんて言わせるんだろう」

     そんな調子だったから、案の定先には進めず、どこからも内定が出なかった。そして迎えた4年生の6月。このまま続けてもダメだ、立て直そう。留年しようか、大学院か。

     父親は一言、「不況だから、状況は来年の方がもっと厳しくなるぞ」

     考えたあげく大学院を受け、10月に合格した。

    ●立ちはだかるESの壁

     でも迷いは続く。研究者になるわけじゃないし、やっぱり社会に出なきゃダメなんじゃないだろうか。大手企業のインターン募集を見つけ、申し込んだ。

     「面接で先に進めなかったもう一つの原因は、人見知り。どういう道に進むにしても、それを克服したかったんです」

     マンションを回り、インターネットの回線をオーナーや管理会社に売り込むのが仕事。これが、やってみたら楽しかった。

     相手の状況に応じてポイントや話し方を変えると、面白いように話がまとまる。利益を追求するのって、悪くないな。結局、1カ月でインターン20人中トップの営業成績を出した。

     自信がついて、やっぱり就職したくなった。担当教授に許しを請い、留年の手続きをして年明けから就活に猛チャージをかけた。再び会社説明会を回り、OB訪問をし、ESも40社以上に提出。だが--。

     就職留年した学生は誰もがこの「ESの壁」を口にした。とにかく、ESで落ち続けるのだ。

     彼女も例外ではなかった。ESなんてもう50~60枚は書いていて、書き方は心得ているはずなのに。面接で落とされるなら納得もいく。でも、ES段階で落とされていては、舞台に上がる前に帰された感じだ。

     ここで、留年した多くの学生が、頭ではわかっていたはずの「留年は不利」という現実に直面し、心折れるケースも多い。

     ある大手企業の採用担当者は、「留年」だけを理由にESをはねることはしないとしたうえで、こう打ち明ける。

     「同じレベルの現役4年生と留年4年生がいたら、やはり1年でも会社の中での伸びしろが多い現役生の方がいい」

    (続く)

    管理人の声

    多くの学生を見ることになったときに、全てが同じであれば、年齢であったり、学歴で判断することは多いと思います。
    ただ、就職留年することはとても勇気がいることですし、
    それだけの強い想いを持った人間であれば、社会に出ても頑張ってくれると思っています。
    だからこそ、自分にとって一番いい会社を見つけ出し、ぜひ社会で活躍していってほしいです。

    監修者プロフィール

    ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
    吉川 智也
    (よしかわ・ともや)
    1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
    現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

    記事についてのお問い合わせ