企業研究

アイカ工業の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アイカ工業における最近の平均年収推移

アイカ工業は、主に化粧板や建材などを製造している建材メーカーです。建設業の会社は表に出てくるのでよく知っている方が多いと思いますが、アイカ工業はいわば建設業の裏方のお仕事をしている会社です。とは言っても会社の規模は大きく、資本金は約98億円、売上高は約1516億円と、十分大企業と呼べる規模です。
そんな建設業を影で支える企業の年収がどのくらいか、企業が公開している情報を元に、年齢ごとの平均収入や生涯賃金を調べてみました。

アイカ工業とは

正式名称:アイカ工業株式会社
所在地:愛知県清須市西堀江2288番地
従業員数:3,766人
平均年齢:38.9歳
平均勤続年数:15.3年
//www.aica.co.jp/
※有価証券報告書を参照

アイカ工業は愛知県の会社です。従業員数は約3,700人で、平均年齢は約39歳です。平均勤続年数も15年前後と標準的と言えるでしょう。

近年の平均年収推移

アイカ工業の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 638.0万円
平成27年 633.0万円
平成26年 638.0万円
平成25年 643.0万円
平成24年 617.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平均年収は約638万円と標準より高めです。順調に右肩上がりとは行きませんが、ここ5年間でほぼ横ばいで推移していますので、年収は安定していると見てよいでしょう。

アイカ工業における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 384.5万円 24.0万円 96.4万円
25~29歳 521.4万円 32.6万円 130.7万円
30~34歳 601.7万円 37.6万円 150.8万円
35~39歳 657.4万円 41.1万円 164.8万円
40~44歳 709.8万円 44.3万円 177.9万円
45~49歳 769.0万円 48.0万円 192.7万円
50~54歳 806.0万円 50.3万円 202.0万円
55~59歳 776.3万円 48.5万円 194.6万円
60~64歳 519.6万円 32.4万円 130.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

アイカ工業の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.0万円 96.4万円 384.5万円
23歳 25.7万円 103.2万円 411.9万円
24歳 27.4万円 110.1万円 439.2万円
25歳 29.1万円 117.0万円 466.6万円
26歳 30.8万円 123.8万円 494.0万円
27歳 32.6万円 130.7万円 521.4万円
28歳 33.6万円 134.7万円 537.4万円
29歳 34.6万円 138.7万円 553.5万円
30歳 35.6万円 142.8万円 569.5万円
31歳 36.6万円 146.8万円 585.6万円
32歳 37.6万円 150.8万円 601.7万円
33歳 38.3万円 153.6万円 612.8万円
34歳 39.0万円 156.4万円 624.0万円
35歳 39.7万円 159.2万円 635.1万円
36歳 40.4万円 162.0万円 646.3万円
37歳 41.1万円 164.8万円 657.4万円
38歳 41.7万円 167.4万円 667.9万円
39歳 42.4万円 170.0万円 678.4万円
40歳 43.0万円 172.7万円 688.9万円
41歳 43.7万円 175.3万円 699.4万円
42歳 44.3万円 177.9万円 709.8万円
43歳 45.1万円 180.9万円 721.7万円
44歳 45.8万円 183.9万円 733.5万円
45歳 46.5万円 186.8万円 745.3万円
46歳 47.3万円 189.8万円 757.1万円
47歳 48.0万円 192.7万円 769.0万円
48歳 48.5万円 194.6万円 776.4万円
49歳 48.9万円 196.5万円 783.8万円
50歳 49.4万円 198.3万円 791.2万円
51歳 49.9万円 200.2万円 798.6万円
52歳 50.3万円 202.0万円 806.0万円
53歳 50.0万円 200.5万円 800.1万円
54歳 49.6万円 199.1万円 794.1万円
55歳 49.2万円 197.6万円 788.2万円
56歳 48.8万円 196.1万円 782.2万円
57歳 48.5万円 194.6万円 776.3万円
58歳 45.3万円 181.7万円 724.9万円
59歳 42.1万円 168.8万円 673.6万円
60歳 38.9万円 156.0万円 622.2万円
61歳 35.6万円 143.1万円 570.9万円
62歳 32.4万円 130.2万円 519.6万円
63歳 26.0万円 104.2万円 415.6万円
64歳 19.5万円 78.1万円 311.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気企業内定者のESを覗き見!

人気企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!

ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

アイカ工業の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,144.5万円
課長 895.2万円
係長 681.7万円
20~24歳の一般社員 384.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アイカ工業の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.469万円
大学院卒 23.075万円

※リクナビ2018より参照しています。

大学卒の初任給が214,690円と、中小企業に比べると高い額になっています。このあたりは大企業ならではと言ったところでしょうか。
採用コースは多彩で、技術系総合職(研究開発・生産技術スタッフ)、総合職(法人営業スタッフ)、施設エンジニア(設備開発・保全スタッフ)と多岐に渡ります。建材+化学ということで、就職後のコースはかなり選択肢がありそうです。

化学業界における年収の傾向と生涯賃金

化学業界とは

化学業界とは、主に様々な化学素材を製造・販売する業界です。この業界の特徴としては、国内にとどまらず、グローバルに展開している企業がほとんどだということです。産業規模は自動車業界に次いで2位の約27兆円で、非常に大規模な業界と言えるでしょう。成長の見込みも約2.5%年と、不況知らずで成長しています。

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 アイカ工業 化学業界
20~24歳 384.5万円 405.2万円
25~29歳 521.4万円 506.0万円
30~34歳 601.7万円 580.1万円
35~39歳 657.4万円 622.0万円
40~44歳 709.8万円 678.6万円
45~49歳 769.0万円 727.3万円
50~54歳 806.0万円 772.7万円
55~59歳 776.3万円 750.3万円
60~64歳 519.6万円 519.7万円
生涯賃金 2.87億円 2.78億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アイカ工業は、化学業界の中でも平均年収、生涯賃金ともに高水準に位置しています。化学業界自体が安定した業界ですので、アイカ工業の今後の賃金も、安定して推移していくと予想されます。

まとめ

化学業界の中でも上位に位置するアイカ工業の平均年収について調査してきました。化学業界はあまり表舞台に現れることが無いため、ちょっと地味なイメージがありますが、実は堅実に成長を続けている、日本になくてはならない重要な産業です。アイカ工業もその重要性を反映して、他の業界の大企業に引けをとらない収入となっていました。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ