企業研究

日本ライフラインの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

日本ライフラインにおける最近の平均年収推移

日本ライフラインは、医療機器を扱う商社です。ただし、商品の販売だけでなく、開発も行っているのが他の商社との大きな違いです。医療機器の中でも心臓循環器領域に特化した製品を扱っており、自社では、EPカテーテルや人工血管関連を開発しています。
普段はほとんど認知されることのない医療機器商社(兼メーカー)の年収はどれくらいなのでしょうか。今回は、日本ライフラインについて、企業が公開している情報を元に、年齢ごとの平均年収や生涯賃金を調べてみました。

日本ライフラインとは

正式名称:日本ライフライン株式会社
所在地:東京都品川区東品川二丁目2番20号 天王洲郵船ビル25F
従業員数:661人
平均年齢:38.9歳
平均勤続年数:9.5年
//www.jll.co.jp/
※有価証券報告書を参照

従業員数は661人と少なめです。創業は1981年で、最初は心臓のペースメーカーを販売していました。そのうち心臓の人工弁や人工血管などを販売するようになり、順調に業績を伸ばしています。
平均年齢は約39歳と比較的若く、また平均勤続年数が9.5年と短めなことから、人の入れ替わりが多い企業であることがうかがえます。少人数の企業ながら資本金は約21億円と多く、連結子会社も3社あります。

近年の平均年収推移

日本ライフラインの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 869.0万円
平成27年 835.0万円
平成26年 849.0万円
平成25年 827.0万円
平成24年 816.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

最新の平均年収は約870万円とかなりの高額となっています。過去5年間の平均年収の推移を見ても、5年間で約50万円も伸びており、現在進行系で成長しているようです。平均年収が800万円台の後半になるのは、大企業でも滅多にないので、年収は大手企業を含めてもかなり上位に入るのではないでしょうか。

日本ライフラインにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 498.0万円 33.5万円 96.5万円
25~29歳 739.6万円 49.7万円 143.3万円
30~34歳 836.3万円 56.2万円 162.0万円
35~39歳 913.8万円 61.4万円 177.1万円
40~44歳 963.1万円 64.7万円 186.6万円
45~49歳 1,016.1万円 68.3万円 196.9万円
50~54歳 1,041.0万円 69.9万円 201.7万円
55~59歳 1,039.8万円 69.9万円 201.5万円
60~64歳 777.3万円 52.2万円 150.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

日本ライフラインの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 33.5万円 96.5万円 498.0万円
23歳 36.7万円 105.9万円 546.3万円
24歳 40.0万円 115.2万円 594.7万円
25歳 43.2万円 124.6万円 643.0万円
26歳 46.4万円 133.9万円 691.3万円
27歳 49.7万円 143.3万円 739.6万円
28歳 51.0万円 147.1万円 758.9万円
29歳 52.3万円 150.8万円 778.3万円
30歳 53.6万円 154.6万円 797.6万円
31歳 54.9万円 158.3万円 817.0万円
32歳 56.2万円 162.0万円 836.3万円
33歳 57.2万円 165.1万円 851.8万円
34歳 58.3万円 168.1万円 867.3万円
35歳 59.3万円 171.1万円 882.8万円
36歳 60.4万円 174.1万円 898.3万円
37歳 61.4万円 177.1万円 913.8万円
38歳 62.1万円 179.0万円 923.7万円
39歳 62.7万円 180.9万円 933.5万円
40歳 63.4万円 182.8万円 943.4万円
41歳 64.0万円 184.7万円 953.2万円
42歳 64.7万円 186.6万円 963.1万円
43歳 65.4万円 188.7万円 973.7万円
44歳 66.1万円 190.7万円 984.3万円
45歳 66.8万円 192.8万円 994.9万円
46歳 67.6万円 194.8万円 1,005.5万円
47歳 68.3万円 196.9万円 1,016.1万円
48歳 68.6万円 197.8万円 1,021.1万円
49歳 68.9万円 198.8万円 1,026.0万円
50歳 69.3万円 199.8万円 1,031.0万円
51歳 69.6万円 200.7万円 1,036.0万円
52歳 69.9万円 201.7万円 1,041.0万円
53歳 69.9万円 201.7万円 1,040.7万円
54歳 69.9万円 201.6万円 1,040.5万円
55歳 69.9万円 201.6万円 1,040.2万円
56歳 69.9万円 201.5万円 1,040.0万円
57歳 69.9万円 201.5万円 1,039.8万円
58歳 66.3万円 191.3万円 987.3万円
59歳 62.8万円 181.1万円 934.8万円
60歳 59.3万円 171.0万円 882.3万円
61歳 55.8万円 160.8万円 829.8万円
62歳 52.2万円 150.6万円 777.3万円
63歳 41.8万円 120.5万円 621.9万円
64歳 31.3万円 90.4万円 466.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ライフラインの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,482.6万円
課長 1,159.6万円
係長 883.0万円
20~24歳の一般社員 498.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ライフラインの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.1万円
大学院卒 22.62万円

※リクナビ2018より参照しています。

平均年収を反映して、初任給も22万円超えとかなり高額です。特徴は、大学卒と大学院卒で初任給にほとんど差がないことでしょう。その他、家族手当、住宅補助手当、外務手当、役職手当やインセンティブといった、各種手当が充実しているのも魅力です。がんばればがんばっただけ稼げるという感じでしょうか。

医療機器業界における年収の傾向と生涯賃金

医療機器業界とは

医療機器業界は、規模が約2兆円と言われています。この数字自体は突出して大きなものではありませんが、売上高に対する純利益は4.9%とかなり高い数字になっています。つまり、他の業界に比べて利益率が高いということです。
成長率も高く、直近の5年間では4%の成長を遂げています。顧客が病院関係で比較的高額な取引になりやすいのも成長要因でしょう。これを受け、業界の平均年収も他の業界より高い傾向にあります。

医療機器業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 日本ライフライン 医療機器業界
20~24歳 498.0万円 323.6万円
25~29歳 739.6万円 525.7万円
30~34歳 836.3万円 595.3万円
35~39歳 913.8万円 650.9万円
40~44歳 963.1万円 674.4万円
45~49歳 1,016.1万円 687.7万円
50~54歳 1,041.0万円 706.2万円
55~59歳 1,039.8万円 692.0万円
60~64歳 777.3万円 544.3万円
生涯賃金 3.91億円 2.70億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

医療機器業界は平均して、他の業界より年収が多いのですが、その中でも日本ライフラインは突出しています。生涯賃金が3.9億円と、他の業界の大企業にもまったく引けをとりません。医療機器業界の平均生涯賃金と比べると、約1.2億円も多くなっています。

まとめ

今回は、医療機器商社兼メーカーである日本ライフラインの年収について調査してきました。医療機器業界は少し特殊な感じがありますが、必ず一定量以上のニーズがあります。特に営業を目指している方には、インセンティブもあるこの会社は非常に魅力的でしょう。年間約16人〜20人程度の採用を行っているようなので、応募人数にもよりますが採用される可能性もそう低くは無いように思われます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ