企業研究

住友倉庫の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

住友倉庫における最近の平均年収推移

資源が少ない日本では、職人の技術力が必要になってきます。その技術力で製品を作り海外などに輸送して行くのが現在の日本企業のあり方ではないでしょうか。そこで重要になってくるのが、陸運や海運などの輸送業界です。輸送業界で大手と言われているのが、陸運から海運まで手がける住友倉庫、三井倉庫、そして三菱倉庫です。

今回は輸送業界大手の住友倉庫について、企業が公開する情報を元に平均年収について調査をしてみました。

住友倉庫とは

正式名称:株式会社住友倉庫
所在地:大阪市北区中之島三丁目2番18号
従業員数:739人
平均年齢:36.3歳
平均勤続年数:12.9年
http://www.sumitomo-soko.co.jp/index.html
※有価証券報告書を参照

住友倉庫は、大阪市北区中之島に本社を置いています。創業は1899年7月1日で、かなりの長寿企業です。従業員数は739名、従業員の平均年齢は36.3歳、平均勤続年数は12.9年です。主な事業内容は倉庫業、港湾運送業、陸上輸送業、不動産業、国際輸送業、海運事業です。

上場企業の平均金属年数は14年前後ですので、少し下回っているようです。ちなみに、競合企業である三菱倉庫の平均勤続年数は16.7年、同じく三井倉庫は11.9年(最新の有価証券報告書より)。

近年の平均年収推移

住友倉庫の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 740.0万円
平成27年 736.0万円
平成26年 733.0万円
平成25年 729.0万円
平成24年 723.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

住友倉庫の5年間の平均年収は、どの年も約730万円ほどであまり変動はありません。平成24年には円高の是正、日経平均株価の上昇と明るい時代がありました。そのためか、平成24年からは少しづつ年収が上がってきているような数値に見えます。

住友倉庫における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

 

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 498.7万円 33.7万円 94.8万円
25~29歳 643.3万円 43.4万円 122.2万円
30~34歳 712.5万円 48.1万円 135.4万円
35~39歳 767.7万円 51.8万円 145.9万円
40~44歳 802.2万円 54.1万円 152.4万円
45~49歳 846.0万円 57.1万円 160.8万円
50~54歳 867.1万円 58.5万円 164.8万円
55~59歳 882.3万円 59.6万円 167.7万円
60~64歳 638.6万円 43.1万円 121.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

住友倉庫の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 33.7万円 94.8万円 498.7万円
23歳 35.6万円 100.3万円 527.6万円
24歳 37.6万円 105.8万円 556.5万円
25歳 39.5万円 111.3万円 585.5万円
26歳 41.5万円 116.8万円 614.4万円
27歳 43.4万円 122.2万円 643.3万円
28歳 44.4万円 124.9万円 657.1万円
29歳 45.3万円 127.5万円 671.0万円
30歳 46.2万円 130.1万円 684.8万円
31歳 47.2万円 132.8万円 698.6万円
32歳 48.1万円 135.4万円 712.5万円
33歳 48.8万円 137.5万円 723.5万円
34歳 49.6万円 139.6万円 734.5万円
35歳 50.3万円 141.7万円 745.6万円
36歳 51.1万円 143.8万円 756.6万円
37歳 51.8万円 145.9万円 767.7万円
38歳 52.3万円 147.2万円 774.6万円
39歳 52.7万円 148.5万円 781.5万円
40歳 53.2万円 149.8万円 788.4万円
41歳 53.7万円 151.1万円 795.3万円
42歳 54.1万円 152.4万円 802.2万円
43歳 54.7万円 154.1万円 810.9万円
44歳 55.3万円 155.8万円 819.7万円
45歳 55.9万円 157.4万円 828.4万円
46歳 56.5万円 159.1万円 837.2万円
47歳 57.1万円 160.8万円 846.0万円
48歳 57.4万円 161.6万円 850.2万円
49歳 57.7万円 162.4万円 854.4万円
50歳 58.0万円 163.2万円 858.6万円
51歳 58.2万円 164.0万円 862.8万円
52歳 58.5万円 164.8万円 867.1万円
53歳 58.7万円 165.3万円 870.1万円
54歳 58.9万円 165.9万円 873.2万円
55歳 59.1万円 166.5万円 876.2万円
56歳 59.3万円 167.1万円 879.3万円
57歳 59.6万円 167.7万円 882.3万円
58歳 56.3万円 158.4万円 833.6万円
59歳 53.0万円 149.1万円 784.8万円
60歳 49.7万円 139.9万円 736.1万円
61歳 46.4万円 130.6万円 687.3万円
62歳 43.1万円 121.3万円 638.6万円
63歳 34.5万円 97.1万円 510.9万円
64歳 25.9万円 72.8万円 383.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

住友倉庫の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,484.5万円
課長 1,161.1万円
係長 884.2万円
20~24歳の一般社員 498.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

住友倉庫の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

住友倉庫の大卒の初任給は20万7,000円です。大卒事務職の初任給は17万1,000円で、短大大卒事務職が16万6,000円です。

陸運業界における年収の傾向と生涯賃金

陸運業界とは

陸運業界や海運業界は、企業と個人を対象に、荷物を運ぶ業界です。住友倉庫は倉庫業をメインに、陸運や海運などの事業を展開しています。住友倉庫などの倉庫業は今後ライバルがいくつでも出てくる可能性があります。

そうしたさいに重要なのは、物流戦略を立てライバル企業の顧客を網羅することです。物流では海外を相手にすることが多いので、例えばITやシステムを使って世界中の顧客の製品を管理し状態を把握できるサービスであったり、海外からでもネットワークを使って予約システムを完備するサービスなどの展開も今後増えていくでしょう。

陸運業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 住友倉庫 陸運業界
20~24歳 498.7万円 388.0万円
25~29歳 643.3万円 478.0万円
30~34歳 712.5万円 520.1万円
35~39歳 767.7万円 553.4万円
40~44歳 802.2万円 563.4万円
45~49歳 846.0万円 573.1万円
50~54歳 867.1万円 589.1万円
55~59歳 882.3万円 599.8万円
60~64歳 638.6万円 442.1万円
生涯賃金 3.33億円 2.35億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

住友倉庫と陸運業界全体の平均年収を年齢別にシミュレーションしてみました。住友倉庫はピークが55歳~59歳の882万円で、陸運業界のピークは55歳~59歳の599万円です。陸運業界全体よりも住友倉庫のほうが高く、1.4倍の差があります。生涯賃金についても、住友倉庫では3億3,300万円、陸運業界では2億3,500万円という予測です。その差は9,800万円という結果になりました。

まとめ

倉庫という枠を超えて事業を多角化させてるのが住友倉庫です。物流など運輸業界大手の住友倉庫、三井倉庫、三菱倉庫が今後業界を引っ張っていくでしょう。ITなどのシステム、スマートフォンなどを使ったサービスが今後増えてくるとも予想されます。今後は顧客のニーズに合わせて付加価値を付けるのが重要になってくるでしょう。

監修者プロフィール

redhope1369のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。