企業研究

エフピコの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

エフピコにおける最近の平均年収推移

エフピコは、食品トレーを扱っている企業です。食品トレーを扱う専門商社のリーディングカンパニーとして業界を支えています。売上高、営業利益でも常にトップクラスのエフピコ。食品トレー業界のライバルとしてはクレハ、レンゴー、ジェイエスピーもランキングなどでもトップクラスです。そんなエフピコですが、平均年収などを有価証券報告書を元に数値などのデータを調べてみました。

エフピコとは

正式名称:株式会社エフピコ
所在地:広島県福山市曙町1-13-15
従業員数:807人
平均年齢:40.1歳
平均勤続年数:14.1年
http://www.fpco.jp/
※有価証券報告書を参照

エフピコは、食品売り場やコンビニで使用する食品トレー容器の製造、販売している大手企業です。エフピコの製品は透明容器で、耐熱仕様に強いため約80℃程度までは電子レンジで加熱しても大丈夫なものです。製品の電子カタログなどもあり、実際に目で見て選べます。

エフピコにはグループ企業が多くありさまざまな事業があります。グループ企業は主に製造、物流、商社・販売、障害者雇用で事業が分かれていて、なかでもエフピコは食品トレー業界のリーディングカンパニーとして日々躍進中です。

近年の平均年収推移

エフピコの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 650.0万円
平成27年 632.0万円
平成26年 623.0万円
平成25年 635.0万円
平成24年 635.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

エフピコの平均年収を有価証券報告書から5年分をピックアップしました。平成24年~平成27年は630万円台で、ほとんど年収は変動がありません。平成28年に650万円と大した差は出ていないので安定している企業と言えるでしょう。

エフピコにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 410.2万円 26.1万円 97.2万円
25~29歳 534.4万円 34.0万円 126.6万円
30~34歳 607.9万円 38.7万円 144.0万円
35~39歳 657.9万円 41.8万円 155.8万円
40~44歳 711.7万円 45.3万円 168.6万円
45~49歳 769.7万円 48.9万円 182.3万円
50~54歳 802.2万円 51.0万円 190.0万円
55~59歳 797.2万円 50.7万円 188.8万円
60~64歳 559.7万円 35.6万円 132.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

エフピコの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 26.1万円 97.2万円 410.2万円
23歳 27.7万円 103.1万円 435.1万円
24歳 29.2万円 108.9万円 459.9万円
25歳 30.8万円 114.8万円 484.7万円
26歳 32.4万円 120.7万円 509.5万円
27歳 34.0万円 126.6万円 534.4万円
28歳 34.9万円 130.1万円 549.1万円
29歳 35.9万円 133.6万円 563.8万円
30歳 36.8万円 137.0万円 578.5万円
31歳 37.7万円 140.5万円 593.2万円
32歳 38.7万円 144.0万円 607.9万円
33歳 39.3万円 146.4万円 617.9万円
34歳 39.9万円 148.7万円 627.9万円
35歳 40.6万円 151.1万円 637.9万円
36歳 41.2万円 153.5万円 647.9万円
37歳 41.8万円 155.8万円 657.9万円
38歳 42.5万円 158.4万円 668.6万円
39歳 43.2万円 160.9万円 679.4万円
40歳 43.9万円 163.5万円 690.2万円
41歳 44.6万円 166.0万円 700.9万円
42歳 45.3万円 168.6万円 711.7万円
43歳 46.0万円 171.3万円 723.3万円
44歳 46.7万円 174.1万円 734.9万円
45歳 47.5万円 176.8万円 746.5万円
46歳 48.2万円 179.6万円 758.1万円
47歳 48.9万円 182.3万円 769.7万円
48歳 49.4万円 183.9万円 776.2万円
49歳 49.8万円 185.4万円 782.7万円
50歳 50.2万円 187.0万円 789.2万円
51歳 50.6万円 188.5万円 795.7万円
52歳 51.0万円 190.0万円 802.2万円
53歳 50.9万円 189.8万円 801.2万円
54歳 50.9万円 189.6万円 800.2万円
55歳 50.8万円 189.3万円 799.2万円
56歳 50.8万円 189.1万円 798.2万円
57歳 50.7万円 188.8万円 797.2万円
58歳 47.7万円 177.6万円 749.7万円
59歳 44.7万円 166.3万円 702.2万円
60歳 41.6万円 155.1万円 654.7万円
61歳 38.6万円 143.8万円 607.2万円
62歳 35.6万円 132.6万円 559.7万円
63歳 28.5万円 106.1万円 447.8万円
64歳 21.4万円 79.6万円 335.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

エフピコの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,221.2万円
課長 955.2万円
係長 727.4万円
20~24歳の一般社員 410.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

エフピコの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.3万円
修士了 22.4万円

 

※リクナビ2018より参照しています。

【総合職】
・大卒の初任給:21万3,000円
・院卒の初任給:22万4,000円

【一般職】
・大卒19万2,000円

化学業界における年収の傾向と生涯賃金

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

食品トレーなどの包装容器を取り扱う業界は化学業界にあてはまります。包装容器にもさまざまな種類があり、私たちの生活でよく使用するものとしてはOPP袋やアルミケース、フィルムケース、食品トレー、ラベルのPOPの飾りつけなどの製品があります。化学技術を使ってこういった製品を製造するのが化学業界です。

業績が停滞気味の化学業界ですが、そんな中でもエフピコは食品トレーやその他化学製品だけで増収増益を実現しています。特に2009年には2%増の売上高を実現しており、業界を引っ張っている存在のリーディングカンパニーです。

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 エフピコ 化学業界
20~24歳 410.2万円 405.2万円
25~29歳 534.4万円 506.0万円
30~34歳 607.9万円 580.1万円
35~39歳 657.9万円 622.0万円
40~44歳 711.7万円 678.6万円
45~49歳 769.7万円 727.3万円
50~54歳 802.2万円 772.7万円
55~59歳 797.2万円 750.3万円
60~64歳 559.7万円 519.7万円
生涯賃金 2.93億円 2.78億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

エフピコの年収と化学業界の年収を年齢別に見てみました。エフピコの年収のピーク時は50~54歳で802万円です。化学業界では772万円となります。約7万円エフピコの方が年収が高い予測となります。生涯賃金もエフピコは2億9,300万円、その他の化学業界は2億7,800万円と1,500万ほど変わります。生涯賃金はエフピコの方が1,500万円高いというシミュレーション結果になりました。

まとめ

食品トレー業界トップクラスのシェア率を誇るエフピコですが、化学業界と比べて、年収が少し高い感じがします。食品トレーなど、私たちがいつもお世話になっている製品を製造して生活の一部を支えてくれているのがエフピコです。平均勤続年数14.1年である程度安定して勤めることができ、障害者雇用なども積極的に取り入れている企業ですので、優良企業の一つと言えるのではないでしょうか。

監修者プロフィール

redhope1369のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。