企業研究

センコーの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

センコーにおける最近の平均年収推移

国内・海外約500ヵ所に大規模倉庫等の物流拠点を展開するセンコー。トラック・鉄道など、様々な輸送タイプでの運送を行っています。普段はあまり耳にしないセンコーですが、その平均収入などはどうなっているのでしょうか。

センコーとは

正式名称:センコー株式会社
所在地:大阪市北区大淀中 1-1-30
従業員数:2,880人
平均年齢:42歳
平均勤続年数:15.7年
//www.senko.co.jp/jp/
※有価証券報告書を参照

上場企業の平均年齢はおよそ40.44歳、平均勤続年数はおよそ14.7年ですから、ほぼ水準であることがわかります。重い荷物も運ぶことになる運送業ですので、若い世代がメインで活躍していると想像しがちですが、40代前後の社員の活躍も見てとれます。

近年の平均年収推移

センコーの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 558.0万円
平成27年 566.0万円
平成26年 563.0万円
平成25年 577.0万円
平成24年 564.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

多少の増減はありますが、ほぼ横ばいとなっています。国内の貨物輸送量の減少も業績が伸び悩んでいることへ影響しているのだろうと考えられます。運送業界自体は業績を徐々に拡大しているので、今後の動向に注目です。

センコーにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 360.2万円 23.9万円 73.4万円
25~29歳 482.4万円 32.0万円 98.3万円
30~34歳 541.7万円 35.9万円 110.4万円
35~39歳 589.2万円 39.1万円 120.1万円
40~44歳 614.8万円 40.8万円 125.3万円
45~49歳 649.7万円 43.1万円 132.4万円
50~54歳 670.2万円 44.5万円 136.6万円
55~59歳 660.0万円 43.8万円 134.5万円
60~64歳 455.5万円 30.2万円 92.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

センコーの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 23.9万円 73.4万円 360.2万円
23歳 25.5万円 78.4万円 384.6万円
24歳 27.1万円 83.4万円 409.1万円
25歳 28.8万円 88.4万円 433.5万円
26歳 30.4万円 93.3万円 458.0万円
27歳 32.0万円 98.3万円 482.4万円
28歳 32.8万円 100.7万円 494.3万円
29歳 33.6万円 103.1万円 506.1万円
30歳 34.4万円 105.6万円 518.0万円
31歳 35.2万円 108.0万円 529.8万円
32歳 35.9万円 110.4万円 541.7万円
33歳 36.6万円 112.3万円 551.2万円
34歳 37.2万円 114.3万円 560.7万円
35歳 37.8万円 116.2万円 570.2万円
36歳 38.5万円 118.1万円 579.7万円
37歳 39.1万円 120.1万円 589.2万円
38歳 39.4万円 121.1万円 594.3万円
39歳 39.8万円 122.2万円 599.5万円
40歳 40.1万円 123.2万円 604.6万円
41歳 40.5万円 124.3万円 609.7万円
42歳 40.8万円 125.3万円 614.8万円
43歳 41.3万円 126.7万円 621.8万円
44歳 41.7万円 128.1万円 628.8万円
45歳 42.2万円 129.6万円 635.8万円
46歳 42.6万円 131.0万円 642.7万円
47歳 43.1万円 132.4万円 649.7万円
48歳 43.4万円 133.2万円 653.8万円
49歳 43.7万円 134.1万円 657.9万円
50歳 43.9万円 134.9万円 662.0万円
51歳 44.2万円 135.7万円 666.1万円
52歳 44.5万円 136.6万円 670.2万円
53歳 44.3万円 136.2万円 668.2万円
54歳 44.2万円 135.7万円 666.1万円
55歳 44.1万円 135.3万円 664.1万円
56歳 43.9万円 134.9万円 662.0万円
57歳 43.8万円 134.5万円 660.0万円
58歳 41.1万円 126.2万円 619.1万円
59歳 38.4万円 117.8万円 578.2万円
60歳 35.6万円 109.5万円 537.3万円
61歳 32.9万円 101.2万円 496.4万円
62歳 30.2万円 92.8万円 455.5万円
63歳 24.2万円 74.3万円 364.4万円
64歳 18.1万円 55.7万円 273.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

センコーの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,072.3万円
課長 838.7万円
係長 638.7万円
20~24歳の一般社員 360.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

センコーの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.74万円
修士了 21.74万円
博士了 21.74万円

※リクナビ2018より参照しています。

1年目東京勤務の場合の全国型総合職の数字となります。エリア型総合職は大卒・大学院卒ともに204,400円となっています。初任給としては平均的であることがわかります。

陸運業界における年収の傾向と生涯賃金

陸運業界とは

運送業界は現在業績を伸ばし、伸び率は13.9%増で、123業界中5位と、非常に安定しています。たとえば日本通運や日本郵政といった企業が活躍しています。陸運だけで見てみると、貨物輸送が低迷してはいますが、今後の動向を見据え、海外進出をする企業も多くなってきています。

陸運業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 センコー 陸運業界
20~24歳 360.2万円 388.0万円
25~29歳 482.4万円 478.0万円
30~34歳 541.7万円 520.1万円
35~39歳 589.2万円 553.4万円
40~44歳 614.8万円 563.4万円
45~49歳 649.7万円 573.1万円
50~54歳 670.2万円 589.1万円
55~59歳 660.0万円 599.8万円
60~64歳 455.5万円 442.1万円
生涯賃金 2.51億円 2.35億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

20代前半は業界を下回っていますが、20代後半からは定年まで、平均を上回っているという予測になっています。特に、40代後半からは、業界の平均を80万円ほど上回っています。一般的な企業の平均年収と言われる440万円を20代後半から超えていると見られますから、安定した収入を得ることができると言えそうです。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

まとめ

陸運業界の平均年収は全業界の中で見ると、少し低いように感じますが、近年の伸び率が非常にいいので、今後の動きにも注目です。その中でもセンコーの平均年収は40代になると、業界平均よりも50万円程多い予測となっていますので、安定した生活ができると言えそうです。しかし、センコーは業界の中でも7位と、まだまだ駆け出しですので、今後のセンコーの業績アップにも期待です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ