企業研究

アンリツの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アンリツにおける最近の平均年収推移

アンリツは、計測機器を主事業とする企業です。その売上の約8割が海外という、グローバル企業でもあります。歴史はなんと122年というから驚きです。明治から創業している計測機器メーカーはそんなに多くないでしょう。

そんな歴史ある計測機器メーカーの年収はどのくらいなのでしょうか。アンリツについて、企業が公開している情報を元に、年齢ごとの平均年収や生涯賃金を調べてみました。

アンリツとは

正式名称:アンリツ株式会社
所在地:神奈川県厚木市恩名5-1-1
従業員数:815人
平均年齢:42.6歳
平均勤続年数:18.6年
https://www.anritsu.com/ja-JP
※有価証券報告書を参照

アンリツは、神奈川県に本社を置く計測機器メーカーです。本体だけでみると従業員は815人と、大企業にしては少ないですが、グループ企業が日本だけでも11社もあります。海外拠点もオーストラリア、中国、インド、シンガポール、韓国、台湾と、まさにグローバル企業と呼べる規模です。

平均年齢は42.6歳と比較的高齢で、長く勤めている人が多いことがうかがえます。

近年の平均年収推移

アンリツの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 742.0万円
平成27年 759.0万円
平成26年 779.0万円
平成25年 783.0万円
平成24年 799.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

アンリツの過去5年の平均年収は、残念ながら徐々に減少しています。平成24年が約799万円、平成28年が約742万円ですので、5年間で約43万円の減少です。減少幅としては大きいと言えます。ただ、それでも平均年収が742万円ですので、他の大企業と比較しても引けをとらない水準です。

アンリツにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 468.2万円 29.8万円 110.9万円
25~29歳 609.9万円 38.8万円 144.5万円
30~34歳 693.9万円 44.1万円 164.4万円
35~39歳 750.8万円 47.7万円 177.9万円
40~44歳 812.3万円 51.7万円 192.4万円
45~49歳 878.5万円 55.9万円 208.1万円
50~54歳 915.6万円 58.2万円 216.9万円
55~59歳 909.9万円 57.9万円 215.5万円
60~64歳 638.8万円 40.6万円 151.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

アンリツの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 29.8万円 110.9万円 468.2万円
23歳 31.6万円 117.6万円 496.6万円
24歳 33.4万円 124.3万円 524.9万円
25歳 35.2万円 131.1万円 553.2万円
26歳 37.0万円 137.8万円 581.6万円
27歳 38.8万円 144.5万円 609.9万円
28歳 39.9万円 148.5万円 626.7万円
29歳 40.9万円 152.4万円 643.5万円
30歳 42.0万円 156.4万円 660.3万円
31歳 43.1万円 160.4万円 677.1万円
32歳 44.1万円 164.4万円 693.9万円
33歳 44.8万円 167.1万円 705.3万円
34歳 45.6万円 169.8万円 716.6万円
35歳 46.3万円 172.5万円 728.0万円
36歳 47.0万円 175.2万円 739.4万円
37歳 47.7万円 177.9万円 750.8万円
38歳 48.5万円 180.8万円 763.1万円
39歳 49.3万円 183.7万円 775.4万円
40歳 50.1万円 186.6万円 787.7万円
41歳 50.9万円 189.5万円 800.0万円
42歳 51.7万円 192.4万円 812.3万円
43歳 52.5万円 195.6万円 825.6万円
44歳 53.3万円 198.7万円 838.8万円
45歳 54.2万円 201.8万円 852.1万円
46歳 55.0万円 205.0万円 865.3万円
47歳 55.9万円 208.1万円 878.5万円
48歳 56.3万円 209.9万円 886.0万円
49歳 56.8万円 211.6万円 893.4万円
50歳 57.3万円 213.4万円 900.8万円
51歳 57.8万円 215.1万円 908.2万円
52歳 58.2万円 216.9万円 915.6万円
53歳 58.2万円 216.6万円 914.4万円
54歳 58.1万円 216.4万円 913.3万円
55歳 58.0万円 216.1万円 912.2万円
56歳 57.9万円 215.8万円 911.0万円
57歳 57.9万円 215.5万円 909.9万円
58歳 54.4万円 202.7万円 855.7万円
59歳 51.0万円 189.9万円 801.5万円
60歳 47.5万円 177.0万円 747.3万円
61歳 44.1万円 164.2万円 693.1万円
62歳 40.6万円 151.3万円 638.8万円
63歳 32.5万円 121.1万円 511.1万円
64歳 24.4万円 90.8万円 383.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

オトクな就活資料【無料】

【大手企業に受かる実力があるか】就活力診断シート

20の質問で特定されたあなたの就活力。そこにはおそらく、もう十分に備わっているポイントもあれば、まだまだ努力が必要なポイントもあるはず。この資料ではあなたの足りない就活力に対して、具体的な対策法を伝授しています。

アンリツの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,393.8万円
課長 1,090.2万円
係長 830.2万円
20~24歳の一般社員 468.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アンリツの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.05万円
大学院卒 23.45万円

※リクナビ2018より参照しています。

大学卒・大学院卒ともに、初任給は一般的な大企業の標準的な金額となっています。ただ、アンリツはグローバル企業ですので、世界を相手に仕事をしたいという志向の方には魅力的でしょう。

また、職種も技術系はソフトウェア設計・開発、ハードウェア設計・開発、システムエンジニア、メカニカルエンジニア、光・電子デバイス設計・開発、AI活用技術の研究開発という幅の広さで、これも魅力的です。事務系も海外マーケティングがあり、グローバル企業らしい仕事の幅です。

電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金

電機・家電大手業界とは

電機・家電大手業界は、中国や韓国といった海外勢との激しいシェア争いが特徴的な業界です。元々は技術立国日本の代名詞と言われるほど、世界的にその技術水準の高さを誇っていました。近年は海外勢も技術力をつけてきて、価格勝負の状況になっています。

しかし、今でもその技術力の高さは一歩抜きん出ており、今後は価格競争にさらされない高付加価値商品の開発ができるかどうかが鍵となっています。

電機・家電大手業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 アンリツ 電機・家電大手業界
20~24歳 468.2万円 451.1万円
25~29歳 609.9万円 563.3万円
30~34歳 693.9万円 645.8万円
35~39歳 750.8万円 692.5万円
40~44歳 812.3万円 755.5万円
45~49歳 878.5万円 809.7万円
50~54歳 915.6万円 860.2万円
55~59歳 909.9万円 835.2万円
60~64歳 638.8万円 578.6万円
生涯賃金 3.34億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アンリツは電機・家電大手業界の平均と比べると、全年齢層で上回っています。企業規模から考えても、妥当な結果と言えるでしょう。生涯賃金も約2,500万円上回っています。

まとめ

今回は、計測機器メーカーのアンリツについての年収について調査してきました。アンリツは本体の社員数はそこそこですが、グループ会社11社をはじめ、海外の複数国に拠点を持つグローバル企業です。その年収も大企業にふさわしい金額でした。

計測機器メーカーは一般的に、あまり馴染みがないジャンルですが、業務内容も多彩なので、企業として非常に魅力的といえるでしょう。

監修者プロフィール

hitomixのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。