企業研究

高島屋の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

高島屋における最近の平均年収推移

高島屋は、国内に19店舗と海外に3店舗を展開をしている老舗百貨店グループです。三越や伊勢丹などと並んで、あらゆる世代に認知されています。高級感のある店舗作りを行い、顧客本位の充実したサービスを提供している高島屋。気になる年収について、公開情報をもとに調査していきます。

高島屋とは

正式名称:株式会社 高島屋
所在地:大阪府大阪市中央区難波5丁目1番5号
従業員数:4,761人
平均年齢:45.7歳
平均勤続年数:23年
//www.takashimaya.co.jp/corp/index.html
※有価証券報告書を参照

株式会社高島屋は、1831年1月創業であり、その歴史は185年にものぼります。そんな高島屋グループの経営理念は「いつも、人から。」。おもてなしの心と地域社会への貢献を重視している企業のようです。

近年の平均年収推移

高島屋の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 695.0万円
平成27年 657.0万円
平成26年 655.0万円
平成25年 645.0万円
平成24年 640.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平均年収は、大幅なものではありませんが、平成24年から年々順調に上昇しています。先行きが厳しい百貨店業界ながら、平成28年の平均年収は前年から約38万円アップとなっており堅調な運営がうかがえます。

高島屋における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 378.3万円 25.0万円 78.5万円
25~29歳 587.9万円 38.8万円 122.0万円
30~34歳 674.0万円 44.5万円 139.9万円
35~39歳 743.4万円 49.1万円 154.3万円
40~44歳 782.2万円 51.7万円 162.3万円
45~49歳 827.0万円 54.6万円 171.6万円
50~54歳 852.5万円 56.3万円 176.9万円
55~59歳 824.4万円 54.4万円 171.1万円
60~64歳 588.9万円 38.9万円 122.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

高島屋の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.0万円 78.5万円 378.3万円
23歳 27.8万円 87.2万円 420.2万円
24歳 30.5万円 95.9万円 462.1万円
25歳 33.3万円 104.6万円 504.1万円
26歳 36.1万円 113.3万円 546.0万円
27歳 38.8万円 122.0万円 587.9万円
28歳 40.0万円 125.6万円 605.1万円
29歳 41.1万円 129.2万円 622.3万円
30歳 42.2万円 132.7万円 639.5万円
31歳 43.4万円 136.3万円 656.8万円
32歳 44.5万円 139.9万円 674.0万円
33歳 45.4万円 142.8万円 687.9万円
34歳 46.3万円 145.6万円 701.7万円
35歳 47.3万円 148.5万円 715.6万円
36歳 48.2万円 151.4万円 729.5万円
37歳 49.1万円 154.3万円 743.4万円
38歳 49.6万円 155.9万円 751.1万円
39歳 50.1万円 157.5万円 758.9万円
40歳 50.6万円 159.1万円 766.7万円
41歳 51.1万円 160.7万円 774.4万円
42歳 51.7万円 162.3万円 782.2万円
43歳 52.2万円 164.2万円 791.2万円
44歳 52.8万円 166.0万円 800.1万円
45歳 53.4万円 167.9万円 809.1万円
46歳 54.0万円 169.8万円 818.0万円
47歳 54.6万円 171.6万円 827.0万円
48歳 54.9万円 172.7万円 832.1万円
49歳 55.3万円 173.7万円 837.2万円
50歳 55.6万円 174.8万円 842.3万円
51歳 56.0万円 175.9万円 847.4万円
52歳 56.3万円 176.9万円 852.5万円
53歳 55.9万円 175.8万円 846.9万円
54歳 55.6万円 174.6万円 841.3万円
55歳 55.2万円 173.4万円 835.7万円
56歳 54.8万円 172.3万円 830.1万円
57歳 54.4万円 171.1万円 824.4万円
58歳 51.3万円 161.3万円 777.3万円
59歳 48.2万円 151.5万円 730.2万円
60歳 45.1万円 141.8万円 683.1万円
61歳 42.0万円 132.0万円 636.0万円
62歳 38.9万円 122.2万円 588.9万円
63歳 31.1万円 97.8万円 471.2万円
64歳 23.3万円 73.3万円 353.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

高島屋の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,126.2万円
課長 880.9万円
係長 670.8万円
20~24歳の一般社員 378.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

高島屋の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.8万円
大学院卒 20.8万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒と大学院卒の初任給に、差異はありませんでした。限定正社員については、大卒で18.72万円となります。

百貨店業界における年収の傾向と生涯賃金

百貨店業界とは

百貨店業界とは、主に服飾品や化粧品、インテリア用品など多種多様な商品を仕入れ、接客サービスを提供しながら販売を行っている業界を指します。店舗での販売・商品を買い付けるバイヤー・商品企画などが主要な仕事です。近年の個人消費低迷と、コンビニエンスストアやネットストアの台頭により、百貨店業界は新たな成長が求められています。

百貨店業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 高島屋 百貨店業界
20~24歳 378.3万円 238.9万円
25~29歳 587.9万円 388.1万円
30~34歳 674.0万円 439.5万円
35~39歳 743.4万円 480.6万円
40~44歳 782.2万円 497.9万円
45~49歳 827.0万円 507.8万円
50~54歳 852.5万円 521.4万円
55~59歳 824.4万円 510.9万円
60~64歳 588.9万円 401.9万円
生涯賃金 3.13億円 1.99億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

百貨店業界全体と比較すると、高島屋の平均年収が全体的に大きく上回っています。やはり高島屋ブランドはダテではないようです。40代後半では300万円以上の年収差があり、生涯賃金ではおよそ1億も差をつくという予測となっています。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

まとめ

老舗百貨店である高島屋について、その年収と生涯賃金について調査してきました。華やかなイメージのある百貨店業界ではありますが、近年の国内消費減少や取り巻く環境の変化により、新たな試みが求められています。高島屋は、確かなブランド力がありながら、チャレンジ精神を大事にしている企業です。その理念が年収にも現れているのかもしれませんね。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ