企業研究

サカタのタネの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

サカタのタネにおける最近の平均年収推移

農産業の中でも、特に植物を育てるうえで欠かせないのが、種や土になります。食物生産にも関わる根幹を支える企業であるサカタのタネは、一般への園芸商品も含めた、幅広い農業、園芸に関わりの深い企業です。そんなサカタのタネの年収や生涯賃金を、公開情報を基にして調べてみました。

サカタのタネとは

正式名称:株式会社 サカタのタネ
所在地:横浜市都筑区仲町台2-7-1
従業員数:680人
平均年齢:37.1歳
平均勤続年数:13.6年
http://www.sakataseed.co.jp/corporate/index.html
※有価証券報告書を参照

サカタのタネは、大正2年から農業に関わりのある企業であり、植物の品種改良や肥料の販売など、農業や園芸の基礎にあたる分野で長く事業展開をしています。家庭菜園や花に関心のある方は、サカタのタネの名前を聞いたこともあるかもしれません。

近年の平均年収推移

サカタのタネの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 631.0万円
平成27年 611.0万円
平成26年 603.0万円
平成25年 590.0万円
平成24年 578.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

基本的に、サカタのタネの平均年収は安定した状態です。植物はそのときの気候や自然の状況に影響を受けることが多いのですが、その基本となる種がサカタのタネの主な事業であるからか、植物の生産よりは影響を受けにくいのだと思われます。

サカタのタネにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 417.3万円 28.1万円 80.6万円
25~29歳 555.7万円 37.4万円 107.3万円
30~34歳 616.5万円 41.5万円 119.1万円
35~39歳 647.6万円 43.5万円 125.1万円
40~44歳 668.8万円 45.0万円 129.2万円
45~49歳 722.9万円 48.6万円 139.6万円
50~54歳 732.0万円 49.2万円 141.3万円
55~59歳 740.4万円 49.8万円 143.0万円
60~64歳 574.2万円 38.6万円 110.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

サカタのタネの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 28.1万円 80.6万円 417.3万円
23歳 29.9万円 85.9万円 445.0万円
24歳 31.8万円 91.3万円 472.7万円
25歳 33.6万円 96.6万円 500.3万円
26歳 35.5万円 102.0万円 528.0万円
27歳 37.4万円 107.3万円 555.7万円
28歳 38.2万円 109.7万円 567.8万円
29歳 39.0万円 112.0万円 580.0万円
30歳 39.8万円 114.4万円 592.2万円
31歳 40.6万円 116.7万円 604.4万円
32歳 41.5万円 119.1万円 616.5万円
33歳 41.9万円 120.3万円 622.7万円
34歳 42.3万円 121.5万円 629.0万円
35歳 42.7万円 122.7万円 635.2万円
36歳 43.1万円 123.9万円 641.4万円
37歳 43.5万円 125.1万円 647.6万円
38歳 43.8万円 125.9万円 651.8万円
39歳 44.1万円 126.7万円 656.1万円
40歳 44.4万円 127.5万円 660.3万円
41歳 44.7万円 128.3万円 664.6万円
42歳 45.0万円 129.2万円 668.8万円
43歳 45.7万円 131.2万円 679.6万円
44歳 46.4万円 133.3万円 690.4万円
45歳 47.2万円 135.4万円 701.2万円
46歳 47.9万円 137.5万円 712.0万円
47歳 48.6万円 139.6万円 722.9万円
48歳 48.7万円 139.9万円 724.7万円
49歳 48.9万円 140.3万円 726.5万円
50歳 49.0万円 140.6万円 728.3万円
51歳 49.1万円 141.0万円 730.1万円
52歳 49.2万円 141.3万円 732.0万円
53歳 49.3万円 141.7万円 733.7万円
54歳 49.4万円 142.0万円 735.4万円
55歳 49.6万円 142.3万円 737.0万円
56歳 49.7万円 142.7万円 738.7万円
57歳 49.8万円 143.0万円 740.4万円
58歳 47.6万円 136.6万円 707.2万円
59歳 45.3万円 130.1万円 673.9万円
60歳 43.1万円 123.7万円 640.7万円
61歳 40.8万円 117.3万円 607.4万円
62歳 38.6万円 110.9万円 574.2万円
63歳 30.9万円 88.7万円 459.4万円
64歳 23.2万円 66.5万円 344.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サカタのタネの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,242.3万円
課長 971.7万円
係長 740.0万円
20~24歳の一般社員 417.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サカタのタネの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.73万円
修士了 22.82万円
博士了 25.05万円

※リクナビ2018より参照しています。

サカタのタネは種の品種改良なども行っているため、植物の深い知識を持った人材が求められるということでしょう。そのためか、博士課程修了の場合の初任給が、大学卒などより若干高くなっているようです。

農林水産業業界における年収の傾向と生涯賃金

農林水産業業界とは

農林水産というと真っ先に思い浮かぶのが、野菜の生産や畜産業ではないでしょうか。食という重要な部分を支える農林水産業界ですが、これ以外にも、林業などの食以外の分野にも大きく関わりを持っている企業が多いです。

特に近年、世界的な食糧危機に関する不安や高齢化の問題など、大きな課題をいくつも抱えている農林水産業界ですが、現状の年収はどうなっているのでしょうか。

農林水産業業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 サカタのタネ 農林水産業業界
20~24歳 417.3万円 399.5万円
25~29歳 555.7万円 522.0万円
30~34歳 616.5万円 570.3万円
35~39歳 647.6万円 577.4万円
40~44歳 668.8万円 573.6万円
45~49歳 722.9万円 613.5万円
50~54歳 732.0万円 614.9万円
55~59歳 740.4万円 618.2万円
60~64歳 574.2万円 523.7万円
生涯賃金 2.84億円 2.51億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サカタのタネの年齢別年収は、全体だけ見ると農林水産業界全体と大きな差は見られないように思えます。ですが詳しく見てみると、30代から50代後半にかけて、年収が高くなっています。50代後半の差額が122.2万円であることから、農林水産業界内でもかなり高い年収水準と言えるでしょう。

まとめ

農林水産業界の中でも、農産業に幅広く関わるサカタのタネは、世界的にも有名な種のブランドとして名前が知れ渡っています。今後の食糧危機にも大きな影響を与える可能性を秘めている、と言ってもいいでしょう。

全体的な年収の水準も高いサカタのタネは、これからの農産業の発展により深く関わりを持つ企業になりそうです。