企業研究

ヤマダ電機の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ヤマダ電機における最近の平均年収推移

「コジマ電機」「ケーズ電機」と並び、CMでもおなじみの「ヤマダ電機」。電化製品も年々進化を続け、たがいに商圏への進出と価格競争は激しくなっています。2002年、トップだったコジマを抜いて家電量販店国内最大手となり、現在も事業拡大を続けるヤマダ電機の気になる年収をみてみましょう。

ヤマダ電機とは

正式名称:株式会社ヤマダ電機
所在地:群馬県高崎市栄町1番1号
従業員数:10,568人
平均年齢:36.6歳
平均勤続年数:10.9年
//www.yamada-denki.jp/
※有価証券報告書を参照

平均年齢が36歳ととても若いことがわかります。平均勤続年数は、上場企業の中では短い10.9年となっています。

近年の平均年収推移

ヤマダ電機の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 425.0万円
平成27年 401.0万円
平成26年 421.0万円
平成25年 397.0万円
平成24年 393.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

5年間の平均年収推移を見てみると、平成24年と25年までは300万円台でしたが、平成26年からは400万円台になっていることがわかります。ゆるやかではありますが増加傾向が見られます。

ヤマダ電機における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 212.1万円 14.0万円 44.6万円
25~29歳 363.4万円 23.9万円 76.5万円
30~34歳 421.5万円 27.7万円 88.7万円
35~39歳 459.7万円 30.2万円 96.7万円
40~44歳 477.1万円 31.4万円 100.4万円
45~49歳 511.6万円 33.7万円 107.6万円
50~54歳 533.7万円 35.1万円 112.3万円
55~59歳 501.6万円 33.0万円 105.5万円
60~64歳 343.8万円 22.6万円 72.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ヤマダ電機の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 14.0万円 44.6万円 212.1万円
23歳 15.9万円 51.0万円 242.4万円
24歳 17.9万円 57.4万円 272.6万円
25歳 19.9万円 63.7万円 302.9万円
26歳 21.9万円 70.1万円 333.2万円
27歳 23.9万円 76.5万円 363.4万円
28歳 24.7万円 78.9万円 375.0万円
29歳 25.4万円 81.4万円 386.7万円
30歳 26.2万円 83.8万円 398.3万円
31歳 27.0万円 86.2万円 409.9万円
32歳 27.7万円 88.7万円 421.5万円
33歳 28.2万円 90.3万円 429.1万円
34歳 28.7万円 91.9万円 436.8万円
35歳 29.2万円 93.5万円 444.4万円
36歳 29.7万円 95.1万円 452.1万円
37歳 30.2万円 96.7万円 459.7万円
38歳 30.5万円 97.5万円 463.2万円
39歳 30.7万円 98.2万円 466.7万円
40歳 30.9万円 98.9万円 470.1万円
41歳 31.2万円 99.6万円 473.6万円
42歳 31.4万円 100.4万円 477.1万円
43歳 31.8万円 101.8万円 484.0万円
44歳 32.3万円 103.3万円 490.9万円
45歳 32.8万円 104.7万円 497.8万円
46歳 33.2万円 106.2万円 504.7万円
47歳 33.7万円 107.6万円 511.6万円
48歳 34.0万円 108.6万円 516.0万円
49歳 34.2万円 109.5万円 520.4万円
50歳 34.5万円 110.4万円 524.9万円
51歳 34.8万円 111.4万円 529.3万円
52歳 35.1万円 112.3万円 533.7万円
53歳 34.7万円 110.9万円 527.3万円
54歳 34.3万円 109.6万円 520.9万円
55歳 33.9万円 108.2万円 514.5万円
56歳 33.4万円 106.9万円 508.1万円
57歳 33.0万円 105.5万円 501.6万円
58歳 30.9万円 98.9万円 470.1万円
59歳 28.9万円 92.3万円 438.5万円
60歳 26.8万円 85.6万円 407.0万円
61歳 24.7万円 79.0万円 375.4万円
62歳 22.6万円 72.3万円 343.8万円
63歳 18.1万円 57.9万円 275.1万円
64歳 13.6万円 43.4万円 206.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ヤマダ電機の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 631.3万円
課長 493.8万円
係長 376.0万円
20~24歳の一般社員 212.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

電気業界の業界・企業研究を進めよう

ヤマダ電機で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「電気業界大研究Book」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

ヤマダ電機の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21.5万円
修士了 21.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒、大学院卒ともに初任給は215,000円と、経歴に賃金の差はないようです。

家電量販店業界における年収の傾向と生涯賃金

家電量販店業界とは

家電量販店業界規模の推移を見てみると、地デジ移行や消費税増税などの影響で収益は浮き沈みを繰り返しています。平成24年には、ヤマダ電機がベスト電器を子会社化し、ビックカメラがコジマを子会社化するなどの買収により、業界地位の変動もありました。また、最近では「AMAZON」などのネット通販の脅威もあり、厳しい生き残りをかけた動きがみられます。

家電量販店業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ヤマダ電機 家電量販店業界
20~24歳 212.1万円 262.1万円
25~29歳 363.4万円 425.8万円
30~34歳 421.5万円 482.2万円
35~39歳 459.7万円 527.2万円
40~44歳 477.1万円 546.3万円
45~49歳 511.6万円 557.1万円
50~54歳 533.7万円 572.0万円
55~59歳 501.6万円 560.5万円
60~64歳 343.8万円 440.9万円
生涯賃金 1.91億円 2.19億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

業界の内の平均と比べてみると、数十万円ほど少ない年収となっています。30代、40代ではおよそ60万円の差があります。

まとめ

1980年代に北関東で激しく競い合ったヤマダ電機(群馬)、コジマ(栃木)、ケーズ電機(茨城)の3社は、「北関東YKK」とも呼ばれていました。現在でも業界内の競争は激化していますが、一方で低価格と品ぞろえを武器にしたネット販売の侵入により、近年では住宅販売・リフォーム事業、電力小売りに本格的に参入するなどシフト変動することで新たな対策に応じています。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ