企業研究

日産車体の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

日産車体における最近の平均年収推移

日産車体は日産グループの一つで、開発から生産まで全ての過程を行っている完成車メーカーです。今回はそんな日産車体における近年の平均年収の推移や同業界との比較を行っていきます。

日産車体とは

正式名称:日産車体株式会社
所在地:神奈川県平塚市堤町2番1号
従業員数:1,823人
平均年齢:42.5歳
平均勤続年数:20年
//www.nissan-shatai.co.jp/index.html
※有価証券報告書を参照

自動車業界の特徴として同じ会社で長く働ける点が挙げられ、日産車体も同じことが言えます。上場企業の平均勤続年数(14.7年)と比べると大きく上回っているのがわかります。

近年の平均年収推移

日産車体の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 598.0万円
平成27年 615.0万円
平成26年 607.0万円
平成25年 586.0万円
平成24年 556.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成24年から平成27年にかけて少しずつ上昇を続け、平成28年には少し下がりました。ここ5年全体で見てみると景気も影響してか若干の上昇傾向にあります。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

日産車体における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 360.0万円 22.5万円 90.2万円
25~29歳 488.2万円 30.5万円 122.4万円
30~34歳 563.4万円 35.2万円 141.2万円
35~39歳 615.6万円 38.4万円 154.3万円
40~44歳 664.7万円 41.5万円 166.6万円
45~49歳 720.1万円 45.0万円 180.5万円
50~54歳 754.8万円 47.1万円 189.2万円
55~59歳 726.9万円 45.4万円 182.2万円
60~64歳 486.5万円 30.4万円 121.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

日産車体の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 22.5万円 90.2万円 360.0万円
23歳 24.1万円 96.7万円 385.7万円
24歳 25.7万円 103.1万円 411.3万円
25歳 27.3万円 109.5万円 436.9万円
26歳 28.9万円 115.9万円 462.6万円
27歳 30.5万円 122.4万円 488.2万円
28歳 31.4万円 126.1万円 503.2万円
29歳 32.4万円 129.9万円 518.3万円
30歳 33.3万円 133.7万円 533.3万円
31歳 34.2万円 137.5万円 548.4万円
32歳 35.2万円 141.2万円 563.4万円
33歳 35.8万円 143.8万円 573.8万円
34歳 36.5万円 146.5万円 584.3万円
35歳 37.1万円 149.1万円 594.7万円
36歳 37.8万円 151.7万円 605.2万円
37歳 38.4万円 154.3万円 615.6万円
38歳 39.1万円 156.8万円 625.4万円
39歳 39.7万円 159.2万円 635.3万円
40歳 40.3万円 161.7万円 645.1万円
41歳 40.9万円 164.2万円 654.9万円
42歳 41.5万円 166.6万円 664.7万円
43歳 42.2万円 169.4万円 675.8万円
44歳 42.9万円 172.2万円 686.8万円
45歳 43.6万円 174.9万円 697.9万円
46歳 44.3万円 177.7万円 709.0万円
47歳 45.0万円 180.5万円 720.1万円
48歳 45.4万円 182.2万円 727.0万円
49歳 45.8万円 184.0万円 733.9万円
50歳 46.3万円 185.7万円 740.9万円
51歳 46.7万円 187.5万円 747.8万円
52歳 47.1万円 189.2万円 754.8万円
53歳 46.8万円 187.8万円 749.2万円
54歳 46.4万円 186.4万円 743.6万円
55歳 46.1万円 185.0万円 738.0万円
56歳 45.7万円 183.6万円 732.5万円
57歳 45.4万円 182.2万円 726.9万円
58歳 42.4万円 170.1万円 678.8万円
59歳 39.4万円 158.1万円 630.7万円
60歳 36.4万円 146.0万円 582.7万円
61歳 33.4万円 134.0万円 534.6万円
62歳 30.4万円 121.9万円 486.5万円
63歳 24.3万円 97.6万円 389.2万円
64歳 18.2万円 73.2万円 291.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日産車体の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,071.7万円
課長 838.3万円
係長 638.3万円
20~24歳の一般社員 360.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日産車体の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.3万円
大学院卒 22.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

日産車体における大卒・大学院卒者の初任給は以上のようになります。平成28年賃金構造基本統計調査(初任給)によると大卒初任給の平均が約20万円、大学院の場合約23万円となります。日産車体の初任給も平均とほぼ変わらないということになります。

自動車業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車業界とは

近年は国内では増税前の駆け込み需要と、国外では新興国の発展による需要の拡大などで、自動車業界全体として大きく伸びが見られます。中でもインド市場が成長を続けていてこれからもどんどん伸びる市場とみられており、業界全体としてインドに注目する傾向があります。

自動車業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 日産車体 自動車業界
20~24歳 360.0万円 463.6万円
25~29歳 488.2万円 578.9万円
30~34歳 563.4万円 663.6万円
35~39歳 615.6万円 711.6万円
40~44歳 664.7万円 776.4万円
45~49歳 720.1万円 832.1万円
50~54歳 754.8万円 883.9万円
55~59歳 726.9万円 858.3万円
60~64歳 486.5万円 594.6万円
生涯賃金 2.69億円 3.18億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自動車業界全体と比べると、日産車体は全年齢において平均を下回るという予測結果が出ています。日産自動車と違って販売までを行うわけではなく、車の生産を行うことが中心なので、他の自動車会社と違って売り上げが大きくなるわけではないという事実が影響しているのかもしれません。

まとめ

以上日産車体の平均年収推移、年齢・職務別平均年収シミュレーション、同業界との年収の比較を行ってきました。平均年収は同業界と比べて低いものの、平均勤続年数からわかる通り、働きやすい環境が整っているのは間違いないでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ