企業研究

プリマハムの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

プリマハムにおける最近の平均年収推移

プリマハムは、主にハムやソーセージなどの食肉加工製品の製造および販売を行う会社です。「正直で基本に忠実」、「商品と品質はプリマの命」、「絶えざる革新でお客様に貢献」を経営理念に掲げ、生産から物流までの各工程において徹底した品質管理のもと、一貫生産体制で事業を展開しています。

また、食の安全・環境保全をテーマに、食物アレルギーの検出方法や、食物廃棄物の減量化・再利用など、様々な研究開発にも注力しています。多くの人々に愛される商品を提供し続けるプリマハムですが、その年収はいったいどのくらいなのでしょうか。公開情報を基に、調べてみました。

プリマハムとは

正式名称:プリマハム株式会社
所在地:東京都品川区東品川4丁目12番2号 品川シーサイドウエストタワー
従業員数:1,937人
平均年齢:43.5歳
平均勤続年数:19.9年
//www.primaham.co.jp/company/
※有価証券報告書を参照

プリマハムは、東日本と西日本に6つの支店と、4つの工場、3つの物流センターを構えており、グループ会社は35社あります。代表的な商品には、「ロースハム」、「ハーフベーコン」、DLG、IFFA金賞を受賞したソーセージ「香燻」などがあります。日本全国、幅広い世代に愛されているプリマハムの商品は、誰もが一度は食べたことがあるのではないでしょうか。

自分の「強み」を知らないと出遅れる

今年の就活はコロナで早期化している影響もあり、早めに動いている就活生は自分の強みや適性を把握しています。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

近年の平均年収推移

プリマハムの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 697.0万円
平成27年 694.0万円
平成26年 686.0万円
平成25年 672.0万円
平成24年 662.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

業績は毎年伸び続けており、年収もそれに伴って増加傾向にあるようです。平成24年と平均28年の年収を比較すると、35万円の増加が見られます。

プリマハムにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 439.6万円 28.0万円 104.1万円
25~29歳 572.6万円 36.4万円 135.6万円
30~34歳 651.4万円 41.4万円 154.3万円
35~39歳 704.9万円 44.8万円 167.0万円
40~44歳 762.6万円 48.5万円 180.7万円
45~49歳 824.8万円 52.5万円 195.4万円
50~54歳 859.6万円 54.7万円 203.6万円
55~59歳 854.2万円 54.3万円 202.4万円
60~64歳 599.8万円 38.1万円 142.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

プリマハムの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 28.0万円 104.1万円 439.6万円
23歳 29.6万円 110.4万円 466.2万円
24歳 31.3万円 116.7万円 492.8万円
25歳 33.0万円 123.0万円 519.4万円
26歳 34.7万円 129.3万円 546.0万円
27歳 36.4万円 135.6万円 572.6万円
28歳 37.4万円 139.4万円 588.3万円
29歳 38.4万円 143.1万円 604.1万円
30歳 39.4万円 146.8万円 619.9万円
31歳 40.4万円 150.6万円 635.6万円
32歳 41.4万円 154.3万円 651.4万円
33歳 42.1万円 156.8万円 662.1万円
34歳 42.8万円 159.4万円 672.8万円
35歳 43.5万円 161.9万円 683.5万円
36歳 44.1万円 164.5万円 694.2万円
37歳 44.8万円 167.0万円 704.9万円
38歳 45.6万円 169.7万円 716.4万円
39歳 46.3万円 172.5万円 728.0万円
40歳 47.0万円 175.2万円 739.5万円
41歳 47.8万円 177.9万円 751.1万円
42歳 48.5万円 180.7万円 762.6万円
43歳 49.3万円 183.6万円 775.0万円
44歳 50.1万円 186.5万円 787.5万円
45歳 50.9万円 189.5万円 799.9万円
46歳 51.7万円 192.4万円 812.4万円
47歳 52.5万円 195.4万円 824.8万円
48歳 52.9万円 197.0万円 831.7万円
49歳 53.3万円 198.7万円 838.7万円
50歳 53.8万円 200.3万円 845.7万円
51歳 54.2万円 202.0万円 852.6万円
52歳 54.7万円 203.6万円 859.6万円
53歳 54.6万円 203.4万円 858.5万円
54歳 54.5万円 203.1万円 857.4万円
55歳 54.5万円 202.9万円 856.4万円
56歳 54.4万円 202.6万円 855.3万円
57歳 54.3万円 202.4万円 854.2万円
58歳 51.1万円 190.3万円 803.3万円
59歳 47.8万円 178.2万円 752.4万円
60歳 44.6万円 166.2万円 701.5万円
61歳 41.4万円 154.1万円 650.6万円
62歳 38.1万円 142.1万円 599.8万円
63歳 30.5万円 113.7万円 479.8万円
64歳 22.9万円 85.2万円 359.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

プリマハムの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,308.5万円
課長 1,023.5万円
係長 779.4万円
20~24歳の一般社員 439.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

プリマハムの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
大学院卒 21.9万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒の初任給よりも、大学院卒のほうが若干高いようです。高専卒は、20.2万円でした。賞与は年に2回、昇給は年に1回支給され、平成28年度は臨時の賞与支給がありました。

食品業界における年収の傾向と生涯賃金

食品業界とは

食品業界は、菓子や麺、冷凍食品などの加工製品や、清涼飲料水、調味料などの原料を製造し、小売店に卸売をしています。

農林水産省の調査による食品製造業製造品出荷額は、前年より3.3%増加し、3年連続で上昇しており、食品業界は好調のようです。近年、機能性表示食品を活用した商品の開発や、海外へ事業を拡大する動きも高まっています。

プリマハムは、ハムなどの加工食品のみならず、日本国外で生産された安心・安全な精肉を加工し、ブランドミートとして食肉の製造も行っています。また、カナダの生産者と連携して製造している「ハーブ三元豚」も取り扱っています。

食品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 プリマハム 食品業界
20~24歳 439.6万円 369.8万円
25~29歳 572.6万円 461.8万円
30~34歳 651.4万円 529.4万円
35~39歳 704.9万円 567.7万円
40~44歳 762.6万円 619.3万円
45~49歳 824.8万円 663.8万円
50~54歳 859.6万円 705.2万円
55~59歳 854.2万円 684.7万円
60~64歳 599.8万円 474.3万円
生涯賃金 3.13億円 2.54億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

プリマハムは、各年齢層において食品業界よりも年収が高い結果となっています。生涯賃金においても、約6,000万円の差が出る予測になっています。20代から30歳までは、毎年1〜2万円の収入増加が見込まれています。

まとめ

売り上げを伸ばし続ける食品業界。プリマハムは、安心・安全な商品を提供するために研究を重ね、徹底した品質管理のもとで製造を行っています。それだけではなく、消費者へレシピを提案して食育を応援したり、ディズニーなどの人気キャラクターを取り入れて子供も楽しめる工夫もしています。また、東日本大震災への支援や、環境保全運動にも取り組むなど、社会貢献活動も積極的に行っています。安全な商品を提供するだけではなく、顧客の目線に立って様々な取り組みを続けるプリマハム。今後にも注目です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ