企業研究

サンデンの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

サンデンにおける最近の平均年収推移

サンデンホールディングス株式会社は群馬県伊勢崎市に本社を置く企業です。自動車機器システム、店舗機器システム、自動販売機システム、環境機器システムの製造販売を手がけています。昭和18年に三共電器株式会社として創立、昭和57年に現在のサンデンに社名を変更し、昭和63年には米国第2位の自動販売機メーカーのベンドー社を買収しカーエアコンと共に世界各地に拠点を持つ企業として成長しました。そんなサンデンの初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

サンデンとは

正式名称:サンデンホールディングス株式会社
所在地:群馬県伊勢崎市寿町20番地
従業員数:176人
平均年齢:46.1歳
平均勤続年数:19.3年
//www.sanden.co.jp/company/about.html
※有価証券報告書を参照

サンデンは東京本社の他、群馬県内に2カ所の営業所と、愛知件に工場、国内主要都市に支店と営業所があります。グループ会社は国内では東京と群馬に、海外ではアフリカを除くほとんどの地域にあります。サンデンの製品にはカーエアコンのコンプレッサー、室内ユニット、熱交換器、飲料自動販売機、店舗の保冷・保温ショーケース、温度管理システム、エコキュート、ヒートポンプ式暖房ユニットなどがあります。

近年の平均年収推移

サンデンの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 759.0万円
平成27年 795.0万円
平成26年 680.0万円
平成25年 653.0万円
平成24年 660.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

サンデンの平均年収は700万円台です。平成20年に発生したリーマンショックの影響で、平均年収は約125万円の落ち込みがありました。その後、年収は増加傾向を辿っています。平成27年には前年比の115万円の増加となっています。

サンデンにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 494.4万円 32.2万円 108.6万円
25~29歳 630.5万円 41.0万円 138.4万円
30~34歳 714.6万円 46.5万円 156.9万円
35~39歳 775.9万円 50.5万円 170.4万円
40~44歳 834.4万円 54.3万円 183.2万円
45~49歳 875.4万円 56.9万円 192.2万円
50~54歳 924.9万円 60.2万円 203.1万円
55~59歳 917.9万円 59.7万円 201.5万円
60~64歳 664.1万円 43.2万円 145.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

サンデンの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 32.2万円 108.6万円 494.4万円
23歳 33.9万円 114.5万円 521.6万円
24歳 35.7万円 120.5万円 548.8万円
25歳 37.5万円 126.5万円 576.0万円
26歳 39.2万円 132.5万円 603.2万円
27歳 41.0万円 138.4万円 630.5万円
28歳 42.1万円 142.1万円 647.3万円
29歳 43.2万円 145.8万円 664.1万円
30歳 44.3万円 149.5万円 680.9万円
31歳 45.4万円 153.2万円 697.7万円
32歳 46.5万円 156.9万円 714.6万円
33歳 47.3万円 159.6万円 726.8万円
34歳 48.1万円 162.3万円 739.1万円
35歳 48.9万円 165.0万円 751.4万円
36歳 49.7万円 167.7万円 763.6万円
37歳 50.5万円 170.4万円 775.9万円
38歳 51.2万円 172.9万円 787.6万円
39歳 52.0万円 175.5万円 799.3万円
40歳 52.7万円 178.1万円 811.0万円
41歳 53.5万円 180.6万円 822.7万円
42歳 54.3万円 183.2万円 834.4万円
43歳 54.8万円 185.0万円 842.6万円
44歳 55.3万円 186.8万円 850.8万円
45歳 55.9万円 188.6万円 859.0万円
46歳 56.4万円 190.4万円 867.2万円
47歳 56.9万円 192.2万円 875.4万円
48歳 57.6万円 194.4万円 885.3万円
49歳 58.2万円 196.6万円 895.2万円
50歳 58.9万円 198.7万円 905.1万円
51歳 59.5万円 200.9万円 915.0万円
52歳 60.2万円 203.1万円 924.9万円
53歳 60.1万円 202.8万円 923.5万円
54歳 60.0万円 202.5万円 922.1万円
55歳 59.9万円 202.2万円 920.7万円
56歳 59.8万円 201.8万円 919.3万円
57歳 59.7万円 201.5万円 917.9万円
58歳 56.4万円 190.4万円 867.1万円
59歳 53.1万円 179.2万円 816.3万円
60歳 49.8万円 168.1万円 765.6万円
61歳 46.5万円 157.0万円 714.8万円
62歳 43.2万円 145.8万円 664.1万円
63歳 34.6万円 116.6万円 531.2万円
64歳 25.9万円 87.5万円 398.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サンデンの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,471.8万円
課長 1,151.2万円
係長 876.6万円
20~24歳の一般社員 494.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サンデンの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.75万円
修士了 23.05万円

※リクナビ2018より参照しています。

サンデンの初任給は一般企業の平均的な金額です。職種は技術系(要素開発、製品開発、設計、生産技術、品質保証)と営業・管理系(海外営業、国内営業、経理財務、総務、人事、物流)があります。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

自動車部品業界はリーマンショックの影響で平成20年、21年にかけて大幅に景気が落ち込みました。22年以降は上昇傾向が続いており、北米、欧州、東南アジアの需要拡大でリーマンショック前の水準を超えるようになりました。今後、自動車業界は電気自動車主流に変化していきます。サンデンが扱うカーエアコンは自動車にとって必需品ですが、電気自動車になることで低消費電力への需要が高まってきます。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 サンデン 自動車部品業界
20~24歳 494.4万円 386.2万円
25~29歳 630.5万円 482.3万円
30~34歳 714.6万円 552.9万円
35~39歳 775.9万円 592.9万円
40~44歳 834.4万円 646.8万円
45~49歳 875.4万円 693.2万円
50~54歳 924.9万円 736.4万円
55~59歳 917.9万円 715.1万円
60~64歳 664.1万円 495.3万円
生涯賃金 3.42億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

サンデンの平均年収は自動車部品業界全体の平均と比較すると、全ての年齢層で上回っています。業界との年収差額は若年齢層で100万円、高年齢層では200万円と、年齢と共に増加しています。自動車部品以外にも多くの分野で活躍しているため、今後、更に成長する見込みです。

まとめ

ここまでサンデンについて調査してきました。創業当時から国民の暮らしに役立つ商品を数多く開発してきた企業です。特に温度を冷やす技術は業界トップクラス。米国ベンドー社を買収したことで、サンデンの製品と技術を世界に拡大する戦略と考えられますので、今後に期待したい企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ