企業研究

丸和運輸機関の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

丸和運輸機関における最近の平均年収推移

株式会社丸和運輸機関は、運輸事業、倉庫事業、ロジスティクス事業などを手掛ける企業です。埼玉県吉川市に本社を置いています。昭和45年創立、昭和48年に(有)丸和運輸機関を設立し、業務拡大、全国展開してきました。丸和運輸機関の価値観と実践する模範の企業文化を「桃太郎文化」と名づけ、桃太郎のキャラクターが描かれたトラックが走行しています。そんな丸和運輸機関の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

丸和運輸機関とは

正式名称:株式会社丸和運輸機関
所在地:埼玉県吉川市旭7番地1
従業員数:1,028人
平均年齢:37.6歳
平均勤続年数:10.3年
//www.momotaro.co.jp/
※有価証券報告書を参照

丸和運輸機関には全国102ヶ所に営業所、物流センターの拠点があります。運輸事業では一般運輸、引越、産業廃棄物の収集運搬などを行ない、倉庫事業では保管庫の賃貸、管理事業を行なっています。サードパーティ・ロジスティクス事業(3PL)では低温食品、医薬・医療、常温の3つの分野における物流システムを提供しています。

近年の平均年収推移

丸和運輸機関の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 460.0万円
平成27年 456.0万円
平成26年 447.0万円
平成25年 446.0万円
平成24年 .0万円

※有価証券報告書を参照しています。

丸和運輸機関の平均年収は450万円前後です。かなり緩やかではあるものの、年収は増加の傾向にあります。平成24年の有価証券報告書の掲載がないため、過去4年の推移となります。

運輸業界の業界・企業研究を進めよう

運輸業界で働きたいという就活生は、その仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「運輸業界の業界研究マニュアル」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

丸和運輸機関における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 296.8万円 19.7万円 60.5万円
25~29歳 397.6万円 26.4万円 81.0万円
30~34歳 446.4万円 29.6万円 91.0万円
35~39歳 485.6万円 32.2万円 99.0万円
40~44歳 506.7万円 33.6万円 103.3万円
45~49歳 535.4万円 35.5万円 109.1万円
50~54歳 552.3万円 36.6万円 112.6万円
55~59歳 543.9万円 36.1万円 110.8万円
60~64歳 375.4万円 24.9万円 76.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

丸和運輸機関の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 19.7万円 60.5万円 296.8万円
23歳 21.0万円 64.6万円 317.0万円
24歳 22.4万円 68.7万円 337.1万円
25歳 23.7万円 72.8万円 357.3万円
26歳 25.0万円 76.9万円 377.4万円
27歳 26.4万円 81.0万円 397.6万円
28歳 27.0万円 83.0万円 407.3万円
29歳 27.7万円 85.0万円 417.1万円
30歳 28.3万円 87.0万円 426.9万円
31歳 29.0万円 89.0万円 436.6万円
32歳 29.6万円 91.0万円 446.4万円
33歳 30.1万円 92.6万円 454.2万円
34歳 30.7万円 94.2万円 462.1万円
35歳 31.2万円 95.8万円 469.9万円
36歳 31.7万円 97.4万円 477.7万円
37歳 32.2万円 99.0万円 485.6万円
38歳 32.5万円 99.8万円 489.8万円
39歳 32.8万円 100.7万円 494.0万円
40歳 33.1万円 101.5万円 498.2万円
41歳 33.3万円 102.4万円 502.4万円
42歳 33.6万円 103.3万円 506.7万円
43歳 34.0万円 104.4万円 512.4万円
44歳 34.4万円 105.6万円 518.2万円
45歳 34.8万円 106.8万円 523.9万円
46歳 35.1万円 107.9万円 529.7万円
47歳 35.5万円 109.1万円 535.4万円
48歳 35.8万円 109.8万円 538.8万円
49歳 36.0万円 110.5万円 542.2万円
50歳 36.2万円 111.2万円 545.6万円
51歳 36.4万円 111.9万円 548.9万円
52歳 36.6万円 112.6万円 552.3万円
53歳 36.5万円 112.2万円 550.6万円
54歳 36.4万円 111.9万円 548.9万円
55歳 36.3万円 111.5万円 547.2万円
56歳 36.2万円 111.2万円 545.6万円
57歳 36.1万円 110.8万円 543.9万円
58歳 33.9万円 104.0万円 510.2万円
59歳 31.6万円 97.1万円 476.5万円
60歳 29.4万円 90.2万円 442.8万円
61歳 27.1万円 83.4万円 409.1万円
62歳 24.9万円 76.5万円 375.4万円
63歳 19.9万円 61.2万円 300.3万円
64歳 14.9万円 45.9万円 225.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

丸和運輸機関の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 883.6万円
課長 691.1万円
係長 526.3万円
20~24歳の一般社員 296.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

丸和運輸機関の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.3万円

※リクナビ2018より参照しています。

丸和運輸機関の初任給は一般企業の平均的な金額よりもやや低めです。上記は総合職の初任給です。一定のエリアに限定して転居を伴う異動があるエリア限定職の場合は197,000円、異動を自宅からの通勤可能圏内に限定し転居を伴う異動がない一般職の場合は190,000円です。

陸運業界における年収の傾向と生涯賃金

陸運業界とは

運送業界の景気はリーマンショックの影響で平成20年から21年にかけて下落、24年以降は徐々に上昇しています。国内の貨物輸送量は低迷していますが、ネット通販の急成長により、宅配便業務の売上は増加し、ドライバー不足が問題となっています。運送業界の売上トップ企業には日本通運、日本郵政、ヤマトHD、日立物流、セイノーHDがあります。

陸運業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 丸和運輸機関 陸運業界
20~24歳 296.8万円 388.0万円
25~29歳 397.6万円 478.0万円
30~34歳 446.4万円 520.1万円
35~39歳 485.6万円 553.4万円
40~44歳 506.7万円 563.4万円
45~49歳 535.4万円 573.1万円
50~54歳 552.3万円 589.1万円
55~59歳 543.9万円 599.8万円
60~64歳 375.4万円 442.1万円
生涯賃金 2.07億円 2.35億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

丸和運輸機関と業界全体の平均年収を比較すると、若年層では業界平均のほうが90万円以上高いですが、年齢とともに差が縮まる予測です。40~44歳では57万円程度の差額となります。運輸事業や物流システム事業は、貨物輸送量の減少が売上げと年収に影響しています。

まとめ

ここまで丸和運輸機関について調査してきました。貨物輸送業界の低迷もあり、平均年収は業界平均を下回っていることが分かりました。宅配便業界の景気が良いため、丸和運輸機関の物流システムや陸送システムを活用するこができます。今後の事業拡大で成長できる企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ