企業研究

古河電池の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

古河電池における最近の平均年収推移

古河電池株式会社は、自動車バッテリーの製造販売を手掛ける企業です。神奈川県横浜市保土ケ谷区に本社を置いています。大正3年に兵庫県尼崎市で電池製作所を創立しました。平成15年には世界初の宇宙用リチウムイオン電池の開発に成功し、小惑星探査機「はやぶさ」に搭載されました。また、平成22年には金星探査機「あかつき」にもリチウムイオン電池を搭載されています。そんな古河電池の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

古河電池とは

正式名称:古河電池株式会社
所在地:横浜市保土ケ谷区星川二丁目4番1号
従業員数:917人
平均年齢:40.3歳
平均勤続年数:14.6年
//www.furukawadenchi.co.jp/
※有価証券報告書を参照

古河電池が扱うバッテリーは、自動車に使用されている鉛蓄電池の他に、ハイブリッド車や電気自動車に使用されるリチウムイオン電池があります。リチウムイオン電池はパソコンやスマートフォンなどに使用されているタイプです。現在は鉛蓄電池からリチウムイオン電池に移行される動きがあります。さらに古河電池は、宇宙用リチウムイオン電池の開発も行なっています。最近ではサイクルユース専用長寿命形制御弁方式据置鉛蓄電池、アイドリングストップ車用バッテリー、ハイブリッド車用補機バッテリー、非常用マグネシウム空気電池など、新たな開発も進めています。

近年の平均年収推移

古河電池の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 594.0万円
平成27年 586.0万円
平成26年 590.0万円
平成25年 583.0万円
平成24年 561.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

古河電池の平均年収は500万円台後半です。近年の年収推移は。揺らぎながら増加が続いています。600万円の水準に達することもあるかもしれません。

平成20年に発生したリーマンショックの影響により多くの企業で年収が大幅に落ち込みましたが、古河電池は影響は少なかったようです。バッテリーはライフサイクルが長く、必要性の高い部品であるため、不況に強い業界と言えます。

古河電池における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 374.9万円 23.8万円 88.8万円
25~29歳 488.3万円 31.1万円 115.7万円
30~34歳 555.6万円 35.3万円 131.6万円
35~39歳 601.2万円 38.2万円 142.4万円
40~44歳 650.4万円 41.4万円 154.1万円
45~49歳 703.4万円 44.7万円 166.6万円
50~54歳 733.1万円 46.6万円 173.7万円
55~59歳 728.5万円 46.3万円 172.6万円
60~64歳 511.5万円 32.5万円 121.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

古河電池の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 23.8万円 88.8万円 374.9万円
23歳 25.3万円 94.2万円 397.6万円
24歳 26.7万円 99.6万円 420.3万円
25歳 28.2万円 104.9万円 443.0万円
26歳 29.6万円 110.3万円 465.6万円
27歳 31.1万円 115.7万円 488.3万円
28歳 31.9万円 118.9万円 501.8万円
29歳 32.8万円 122.1万円 515.2万円
30歳 33.6万円 125.2万円 528.7万円
31歳 34.5万円 128.4万円 542.1万円
32歳 35.3万円 131.6万円 555.6万円
33歳 35.9万円 133.8万円 564.7万円
34歳 36.5万円 135.9万円 573.8万円
35歳 37.1万円 138.1万円 582.9万円
36歳 37.7万円 140.3万円 592.1万円
37歳 38.2万円 142.4万円 601.2万円
38歳 38.9万円 144.7万円 611.0万円
39歳 39.5万円 147.1万円 620.9万円
40歳 40.1万円 149.4万円 630.7万円
41歳 40.7万円 151.7万円 640.6万円
42歳 41.4万円 154.1万円 650.4万円
43歳 42.0万円 156.6万円 661.0万円
44歳 42.7万円 159.1万円 671.6万円
45歳 43.4万円 161.6万円 682.2万円
46歳 44.1万円 164.1万円 692.8万円
47歳 44.7万円 166.6万円 703.4万円
48歳 45.1万円 168.0万円 709.4万円
49歳 45.5万円 169.4万円 715.3万円
50歳 45.9万円 170.9万円 721.2万円
51歳 46.2万円 172.3万円 727.2万円
52歳 46.6万円 173.7万円 733.1万円
53歳 46.6万円 173.4万円 732.2万円
54歳 46.5万円 173.2万円 731.3万円
55歳 46.4万円 173.0万円 730.4万円
56歳 46.4万円 172.8万円 729.4万円
57歳 46.3万円 172.6万円 728.5万円
58歳 43.6万円 162.3万円 685.1万円
59歳 40.8万円 152.0万円 641.7万円
60歳 38.0万円 141.7万円 598.3万円
61歳 35.3万円 131.5万円 554.9万円
62歳 32.5万円 121.2万円 511.5万円
63歳 26.0万円 96.9万円 409.2万円
64歳 19.5万円 72.7万円 306.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

古河電池の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,116.0万円
課長 872.9万円
係長 664.7万円
20~24歳の一般社員 374.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

古河電池の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.765万円
修士了 22.115万円

※リクナビ2018より参照しています。

古河電池の初任給は一般企業の平均的な金額です。高専卒(専攻科)は208,850円、高専卒(本科)は180,050円です。入社後は新入社員研修、2年目社員研修、OJTトレーナー研修、キャリア・マネジメント研修、部門別研修などの研修が用意されています。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

リチウムイオン電池業界は急成長を遂げています。消費者向け小型電池には、スマートフォン、タブレット、パソコン向けの製品があり、車載用電池にはEV(電気自動車)、HV(ハイブリットカー)搭載向けの製品があります。産業用として、航空、宇宙、太陽光発電向けの蓄電用があります。リチウムイオンは急速な成長を遂げており、ガソリン車使用されているバッテリーは鉛蓄電池からリチウムイオン電池に移行されると予想されています。小型リチウムイオン電池のトップ企業は三洋電機、パナソニック、サムソンです。車載用リチウムイオン電池のトップ企業はパナソニック、BYD(中国)、LG(韓国)があります。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 古河電池 自動車部品業界
20~24歳 374.9万円 386.2万円
25~29歳 488.3万円 482.3万円
30~34歳 555.6万円 552.9万円
35~39歳 601.2万円 592.9万円
40~44歳 650.4万円 646.8万円
45~49歳 703.4万円 693.2万円
50~54歳 733.1万円 736.4万円
55~59歳 728.5万円 715.1万円
60~64歳 511.5万円 495.3万円
生涯賃金 2.67億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

古河電池の平均年収は自動車部品業界全体の平均と比較するとほぼ同水準です。業界平均と比較すると、20代後半以降は平均を上回っています。30~34歳では3万円ほど上回る予測です。生涯賃金でも200万円ほど上回る予測となります。

まとめ

ここまで古河電池について調査してきました。自動車バッテリー業界は不況に強く、業界では鉛蓄電池からリチウムイオン電池に移行する動きがあります。宇宙開発で培ったリチウムイオン電池の技術を製品化して成長を続ける企業ですので、今後も期待ができそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ