企業研究

大豊工業の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

大豊工業における最近の平均年収推移

大豊工業株式会社は、自動車の軸受、アルミダイカスト、ガスケット、組付製品など、精密金型を製造販売する企業です。愛知県豊田市に本社を置いています。昭和19年に創立し、トヨタ自動車のブシュ、アルミダイカスト、エンジン用軸受などを生産しています。その後、豊田市内、鹿児島、春日井市に工場を新設、米国、インドネシア、ドイツ、ハンガリー、韓国、中国、タイなどに現地法人や子会社を設立しました。そんな大豊工業の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

大豊工業とは

正式名称:大豊工業株式会社
所在地:愛知県豊田市緑ケ丘三丁目65番地
従業員数:1,658人
平均年齢:37.1歳
平均勤続年数:14.8年
//www.taihonet.co.jp/
※有価証券報告書を参照

大豊工業は自動車関連の精密金型の各種部品を製造しています。主な取引先にはトヨタ自動車をはじめ、日産、ホンダ、三菱、マツダ、スズキ、ダイハツ、いすゞ、ヤマハ、小松製作所、ヤンマー、クボタなど数多くの大手企業があります。

近年の平均年収推移

大豊工業の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 621.0万円
平成27年 608.0万円
平成26年 594.0万円
平成25年 586.0万円
平成24年 576.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

大豊工業の平均年収は620万円です。最低576万円〜最高621万円になっています。平成20年にはリーマンショックの影響で年収は約30万円減額となりました。その後、揺らぎながら増加を続け平成27年には600万円の水準に達しました。

大豊工業における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 373.9万円 23.3万円 93.7万円
25~29歳 507.0万円 31.7万円 127.1万円
30~34歳 585.1万円 36.5万円 146.7万円
35~39歳 639.4万円 39.9万円 160.3万円
40~44歳 690.3万円 43.1万円 173.0万円
45~49歳 747.8万円 46.7万円 187.4万円
50~54歳 783.9万円 48.9万円 196.5万円
55~59歳 754.9万円 47.1万円 189.2万円
60~64歳 505.3万円 31.6万円 126.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

大豊工業の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 23.3万円 93.7万円 373.9万円
23歳 25.0万円 100.4万円 400.5万円
24歳 26.7万円 107.1万円 427.1万円
25歳 28.3万円 113.7万円 453.8万円
26歳 30.0万円 120.4万円 480.4万円
27歳 31.7万円 127.1万円 507.0万円
28歳 32.6万円 131.0万円 522.6万円
29歳 33.6万円 134.9万円 538.3万円
30歳 34.6万円 138.8万円 553.9万円
31歳 35.6万円 142.7万円 569.5万円
32歳 36.5万円 146.7万円 585.1万円
33歳 37.2万円 149.4万円 596.0万円
34歳 37.9万円 152.1万円 606.8万円
35歳 38.6万円 154.8万円 617.7万円
36歳 39.2万円 157.5万円 628.5万円
37歳 39.9万円 160.3万円 639.4万円
38歳 40.6万円 162.8万円 649.5万円
39歳 41.2万円 165.4万円 659.7万円
40歳 41.8万円 167.9万円 669.9万円
41歳 42.5万円 170.5万円 680.1万円
42歳 43.1万円 173.0万円 690.3万円
43歳 43.8万円 175.9万円 701.8万円
44歳 44.5万円 178.8万円 713.3万円
45歳 45.3万円 181.7万円 724.8万円
46歳 46.0万円 184.6万円 736.3万円
47歳 46.7万円 187.4万円 747.8万円
48歳 47.1万円 189.2万円 755.0万円
49歳 47.6万円 191.1万円 762.2万円
50歳 48.0万円 192.9万円 769.4万円
51歳 48.5万円 194.7万円 776.6万円
52歳 48.9万円 196.5万円 783.9万円
53歳 48.6万円 195.0万円 778.1万円
54歳 48.2万円 193.6万円 772.3万円
55歳 47.9万円 192.1万円 766.5万円
56歳 47.5万円 190.7万円 760.7万円
57歳 47.1万円 189.2万円 754.9万円
58歳 44.0万円 176.7万円 705.0万円
59歳 40.9万円 164.2万円 655.0万円
60歳 37.8万円 151.7万円 605.1万円
61歳 34.7万円 139.2万円 555.2万円
62歳 31.6万円 126.6万円 505.3万円
63歳 25.2万円 101.3万円 404.2万円
64歳 18.9万円 76.0万円 303.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自分の「強み」を知らないと出遅れる

今年の就活はコロナで早期化している影響もあり、早めに動いている就活生は自分の強みや適性を把握しています。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

大豊工業の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,113.0万円
課長 870.6万円
係長 662.9万円
20~24歳の一般社員 373.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大豊工業の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
大学院卒 22.7万円

※リクナビ2018より参照しています。

大豊工業の初任給は、一般企業の平均的な金額です。技術職、事務職ともに同一賃金です。

技術総合職には材料研究開発、軸受・システム製品の先行開発、製品設計・開発、生産技術、品質保証、生産管理があります。事務総合職には国内営業、海外営業、経営企画、調達、経理、総務人事があります。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

自動車部品業界はリーマンショックの影響で平成20年、21年にかけて大幅に景気が落ち込みました。22年以降、上昇傾向が続いており、北米、欧州、東南アジアの需要拡大でリーマンショック前の水準を超えるようになりました。自動車業界は電気自動車に変化していきます。大豊工業が扱う製品はガソリンエンジンの部品が多いため、今後の電気自動車に向けた開発に持っている技術で追従していくことが重要です。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 大豊工業 自動車部品業界
20~24歳 373.9万円 386.2万円
25~29歳 507.0万円 482.3万円
30~34歳 585.1万円 552.9万円
35~39歳 639.4万円 592.9万円
40~44歳 690.3万円 646.8万円
45~49歳 747.8万円 693.2万円
50~54歳 783.9万円 736.4万円
55~59歳 754.9万円 715.1万円
60~64歳 505.3万円 495.3万円
生涯賃金 2.79億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

大豊工業の平均年収は、自動車部品業界全体の平均と比較すると全体的に高い金額です。30〜34歳では32万円ほど上回り、生涯賃金では1,400万円ほど上回る予測です。

まとめ

ここまで大豊工業について調査してきました。大豊工業の平均年収は自動車部品業界の平均よりも高額で、年々増加を続けていることが分かりました。精密金型製造は長年の経験で培われてきた自動車業界にとって必要不可欠な技術です。大豊工業はこの高い技術を更に向上して邁進する企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ