企業研究

ショーワの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ショーワにおける最近の平均年収推移

株式会社ショーワは、輸送用精密機能部品の製造、販売を手掛ける企業です。埼玉県行田市に本社を置いています。昭和13年に東京都板橋区に航空機部品を製造する昭和航空精機株式会社を創立しました。そんなショーワの初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

ショーワとは

正式名称:株式会社ショーワ
所在地:埼玉県行田市藤原町一丁目14番地1
従業員数:2,757人
平均年齢:41.9歳
平均勤続年数:17年
//www.showa1.com/jp/
※有価証券報告書を参照

ショーワは、四輪車用分野ではショックアブソーバ、パワーステアリング、デファレンシャルギヤ、プロペラシャフト、二輪車用分野ではフロントフォーク、リアクッション、ドライブトレイン、ボート分野ではパワーチルトトリムなどを製造しています。

近年の平均年収推移

ショーワの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 665.0万円
平成27年 659.0万円
平成26年 675.0万円
平成25年 659.0万円
平成24年 631.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

ショーワの平均年収は650万円前後です。平成20年にはリーマンショックにより年収が約45万円減額となり、500万円後半まで落ち込みました。その後、揺らぎながら増加を続け、平成25年には650万円の水準を超えるようになりました。

ショーワにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 400.6万円 25.0万円 100.4万円
25~29歳 543.2万円 33.9万円 136.2万円
30~34歳 626.9万円 39.1万円 157.1万円
35~39歳 685.0万円 42.8万円 171.7万円
40~44歳 739.6万円 46.2万円 185.4万円
45~49歳 801.2万円 50.0万円 200.8万円
50~54歳 839.8万円 52.4万円 210.5万円
55~59歳 808.8万円 50.5万円 202.7万円
60~64歳 541.3万円 33.8万円 135.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ショーワの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.0万円 100.4万円 400.6万円
23歳 26.8万円 107.6万円 429.1万円
24歳 28.6万円 114.7万円 457.7万円
25歳 30.4万円 121.9万円 486.2万円
26歳 32.1万円 129.0万円 514.7万円
27歳 33.9万円 136.2万円 543.2万円
28歳 35.0万円 140.4万円 560.0万円
29歳 36.0万円 144.6万円 576.7万円
30歳 37.1万円 148.7万円 593.4万円
31歳 38.1万円 152.9万円 610.2万円
32歳 39.1万円 157.1万円 626.9万円
33歳 39.9万円 160.1万円 638.5万円
34歳 40.6万円 163.0万円 650.1万円
35歳 41.3万円 165.9万円 661.8万円
36歳 42.1万円 168.8万円 673.4万円
37歳 42.8万円 171.7万円 685.0万円
38歳 43.5万円 174.4万円 695.9万円
39歳 44.1万円 177.2万円 706.9万円
40歳 44.8万円 179.9万円 717.8万円
41歳 45.5万円 182.7万円 728.7万円
42歳 46.2万円 185.4万円 739.6万円
43歳 47.0万円 188.5万円 751.9万円
44歳 47.7万円 191.6万円 764.3万円
45歳 48.5万円 194.7万円 776.6万円
46歳 49.3万円 197.7万円 788.9万円
47歳 50.0万円 200.8万円 801.2万円
48歳 50.5万円 202.8万円 808.9万円
49歳 51.0万円 204.7万円 816.7万円
50歳 51.5万円 206.6万円 824.4万円
51歳 52.0万円 208.6万円 832.1万円
52歳 52.4万円 210.5万円 839.8万円
53歳 52.1万円 209.0万円 833.6万円
54歳 51.7万円 207.4万円 827.4万円
55歳 51.3万円 205.8万円 821.2万円
56歳 50.9万円 204.3万円 815.0万円
57歳 50.5万円 202.7万円 808.8万円
58歳 47.2万円 189.3万円 755.3万円
59歳 43.8万円 175.9万円 701.8万円
60歳 40.5万円 162.5万円 648.3万円
61歳 37.1万円 149.1万円 594.8万円
62歳 33.8万円 135.7万円 541.3万円
63歳 27.0万円 108.6万円 433.1万円
64歳 20.3万円 81.4万円 324.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ショーワの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,192.5万円
課長 932.8万円
係長 710.3万円
20~24歳の一般社員 400.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用しよう

自己PRの内容が薄いと、志望企業に採用されません。選考を突破するには、自己PRを作り込む必要があります。

そこで活用したいのが、自己PR作成ツールの「自己PRジェネレーター」です。
このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの自己PRが完成します。

無料でダウンロードできるので、ぜひ活用して採用される自己PRを完成させましょう。

ショーワの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.28万円
修士了 21.2万円

※リクナビ2018より参照しています。

ショーワの初任給は、一般企業の平均的な金額です。高専卒は176、200円、短大・専門卒は175,100円です。福利厚生はホンダグループの厚生制度が適用されます。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

自動車業界は、国内市場が減少傾向のため、各自動車メーカーは為替変動や販売台数が売上げを考慮しながら海外市場に注力しています。自動車にはHV(ハイブリッド)、PHEV(プラグイン・ハイブリッド電気自動車)、EV(電気自動車)、FCV(燃料電池)などの低燃費に向けた新たな開発が進められています。ハイブリッド車は日本のみの開発のため、今後の動向が懸念されます。

ショーワが製造しているショックアブソーバは、車両を支えるとともに常に乗車定員の乗り心地を確保する必要があります。これは乗り物が動く以上、必要な部品となります。今後、自動車が電気モーターで動くようになると車両重量の軽量化が必須となり、ショックアブソーバの品質を保ちながら開発を進めていくことになります。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ショーワ 自動車部品業界
20~24歳 400.6万円 386.2万円
25~29歳 543.2万円 482.3万円
30~34歳 626.9万円 552.9万円
35~39歳 685.0万円 592.9万円
40~44歳 739.6万円 646.8万円
45~49歳 801.2万円 693.2万円
50~54歳 839.8万円 736.4万円
55~59歳 808.8万円 715.1万円
60~64歳 541.3万円 495.3万円
生涯賃金 2.99億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ショーワの平均年収は、自動車部品業界の平均と比較すると全ての年齢層で上回っています。若年層で15万円程度ですが、20代後半で60万円、30代で70~90万円、40~50代で100万円上回っています。生涯賃金では、ショーワのほうが業界平均よりも3,400万円ほど高くなる予測です。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

まとめ

ここまでショーワについて調査してきました。二輪、四輪の部品を製造して成長してきています。二輪の各種レースも積極的にサポートするなど、積極的な開発が進められていることがわかります。今後、電気自動車の普及によって自動車部品業界に大きな影響が出ることが予想されます。二輪と四輪の高い技術で新たな開発に挑戦し続ける企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ