企業研究

ゼリア新薬の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

ゼリア新薬における最近の平均年収推移

「健康づくりは幸せづくり」をモットーにしているゼリア新薬。CMでもゼリア新薬の名前はよく耳にします。最も有名な商品はヘパリーゼでしょうか。そんなゼリア新薬の平均年収はどうなっているのでしょうか。

ゼリア新薬とは

正式名称:ゼリア新薬工業株式会社
所在地:東京都中央区日本橋小舟町10-11
従業員数:1,058人
平均年齢:40.4歳
平均勤続年数:14.7年
//www.zeria.co.jp/
※有価証券報告書を参照

上場企業の平均年齢はおよそ40.44歳、平均勤続年数はおよそ14.7年なので、ほぼ平均水準となります。リクナビによれば、医薬品業界の平均勤続年数は13.7年ですので、医薬品業界の中では平均的な勤続年数と言っていいでしょう。

近年の平均年収推移

ゼリア新薬の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 686.0万円
平成27年 681.0万円
平成26年 843.0万円
平成25年 753.0万円
平成24年 767.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年のゼリア新薬の平均年収は最低額681万円~最高額767万円です。平成26年までは増加していましたが、平成27年にガクンと下がっています。医薬品業界の平均年収は734万円ですが、平成28年のゼリア新薬の平均年収はその平均を50万円ほど下回っています。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

ゼリア新薬における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 413.4万円 25.8万円 103.6万円
25~29歳 560.5万円 35.0万円 140.5万円
30~34歳 646.9万円 40.4万円 162.1万円
35~39歳 706.8万円 44.1万円 177.2万円
40~44歳 763.2万円 47.7万円 191.3万円
45~49歳 826.7万円 51.6万円 207.2万円
50~54歳 866.6万円 54.1万円 217.2万円
55~59歳 834.6万円 52.1万円 209.2万円
60~64歳 558.6万円 34.9万円 140.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

ゼリア新薬の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.8万円 103.6万円 413.4万円
23歳 27.7万円 111.0万円 442.8万円
24歳 29.5万円 118.4万円 472.2万円
25歳 31.3万円 125.7万円 501.7万円
26歳 33.2万円 133.1万円 531.1万円
27歳 35.0万円 140.5万円 560.5万円
28歳 36.1万円 144.8万円 577.8万円
29歳 37.2万円 149.2万円 595.1万円
30歳 38.2万円 153.5万円 612.3万円
31歳 39.3万円 157.8万円 629.6万円
32歳 40.4万円 162.1万円 646.9万円
33歳 41.1万円 165.1万円 658.9万円
34歳 41.9万円 168.2万円 670.9万円
35歳 42.6万円 171.2万円 682.9万円
36歳 43.4万円 174.2万円 694.8万円
37歳 44.1万円 177.2万円 706.8万円
38歳 44.8万円 180.0万円 718.1万円
39歳 45.5万円 182.8万円 729.4万円
40歳 46.2万円 185.6万円 740.6万円
41歳 47.0万円 188.5万円 751.9万円
42歳 47.7万円 191.3万円 763.2万円
43歳 48.5万円 194.5万円 775.9万円
44歳 49.2万円 197.7万円 788.6万円
45歳 50.0万円 200.9万円 801.3万円
46歳 50.8万円 204.0万円 814.0万円
47歳 51.6万円 207.2万円 826.7万円
48歳 52.1万円 209.2万円 834.7万円
49歳 52.6万円 211.2万円 842.7万円
50歳 53.1万円 213.2万円 850.7万円
51歳 53.6万円 215.2万円 858.6万円
52歳 54.1万円 217.2万円 866.6万円
53歳 53.7万円 215.6万円 860.2万円
54歳 53.3万円 214.0万円 853.8万円
55歳 52.9万円 212.4万円 847.4万円
56歳 52.5万円 210.8万円 841.0万円
57歳 52.1万円 209.2万円 834.6万円
58歳 48.7万円 195.4万円 779.4万円
59歳 45.2万円 181.5万円 724.2万円
60歳 41.8万円 167.7万円 669.0万円
61歳 38.3万円 153.9万円 613.8万円
62歳 34.9万円 140.0万円 558.6万円
63歳 27.9万円 112.0万円 446.9万円
64歳 20.9万円 84.0万円 335.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ゼリア新薬の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,230.5万円
課長 962.5万円
係長 732.9万円
20~24歳の一般社員 413.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ゼリア新薬の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 24.206万円
修士了 26.793万円
博士了 31.388万円

※リクナビ2018より参照しています。

医薬品業界ですので、初任給も高くなっています。博士了となると、31万円を超えるなど、優遇されていることがわかります。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

私たちの生活には欠かせない医薬品。一部の医薬品はコンビニエンスストアでも手に入るなど、身近なものとなっています。近年ではジェネリック医薬品の普及も高まり、新薬を持っている医薬品会社は痛手となっていますが、業界の規模としても123業界中26位と、好調を表しています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 ゼリア新薬 医薬品業界
20~24歳 413.4万円 476.7万円
25~29歳 560.5万円 595.2万円
30~34歳 646.9万円 682.4万円
35~39歳 706.8万円 731.8万円
40~44歳 763.2万円 798.3万円
45~49歳 826.7万円 855.6万円
50~54歳 866.6万円 908.9万円
55~59歳 834.6万円 882.6万円
60~64歳 558.6万円 611.4万円
生涯賃金 3.09億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

どの世代でも、業界の平均を下回っています。30代前半では30万円ほども下回り、平均年収は業界の中では水準よりも下であることがわかります。ジェネリック医薬品が普及する中、新薬を抱えている会社でもあるので、それが年収にも影響しているのかもしれません。

まとめ

新薬の開発をしているゼリア新薬は、その在庫を多く抱え、ジェネリック医薬品の普及に伴い業績も落ちてきいます。一般企業の平均年収が440万円ですので、それと比較すると平均年収は高いですが、ゼリア新薬の平均勤続年数もここ5年で急速に短くなってきていることから、様々な要素を捉えて検討をしたほうがよさそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ