企業研究

田辺三菱製薬の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

田辺三菱製薬における最近の平均年収推移

国内大手の製薬会社である田辺三菱製薬は、平成19年に田辺製薬と三菱ウェルファーマが合併して誕生した企業です。リウマチや高血圧の治療薬で他社より抜きんでており、国内での事業がメインとなっているようです。今回はそんな田辺三菱製薬について調べてみました。

田辺三菱製薬とは

正式名称:田辺三菱製薬株式会社
所在地:大阪府大阪市中央区道修町3-2-10
従業員数:4,239人
平均年齢:44.6歳
平均勤続年数:19.6年
//www.mt-pharma.co.jp/
※有価証券報告書を参照

平成27年度より早期退職者を募集し、人員を削減していることから平成28年度の従業員数は大きく減っています。平均年齢と平均勤続年数はほぼ横ばいで推移しているようですね。特に19.6年という平均勤続年数の長さは目を引きます。

近年の平均年収推移

田辺三菱製薬の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 902.0万円
平成27年 881.0万円
平成26年 871.0万円
平成25年 869.0万円
平成24年 872.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

5年間の平均年収の推移を見ると、概ね上昇していると見て良いと思います。平成24年と直近の平成28年を比較すると、なんと294万円もの差があります。当然、賞与もありますが、単純に月に平均すると24.5万円となり、大幅に上がっていると言えるのではないでしょうか。

田辺三菱製薬における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 543.0万円 33.9万円 136.1万円
25~29歳 736.3万円 46.0万円 184.6万円
30~34歳 849.7万円 53.1万円 213.0万円
35~39歳 928.5万円 58.0万円 232.7万円
40~44歳 1,002.5万円 62.6万円 251.3万円
45~49歳 1,086.0万円 67.8万円 272.2万円
50~54歳 1,138.3万円 71.1万円 285.3万円
55~59歳 1,096.3万円 68.5万円 274.8万円
60~64歳 733.8万円 45.8万円 183.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

田辺三菱製薬の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 33.9万円 136.1万円 543.0万円
23歳 36.3万円 145.8万円 581.7万円
24歳 38.7万円 155.5万円 620.3万円
25歳 41.2万円 165.2万円 659.0万円
26歳 43.6万円 174.9万円 697.7万円
27歳 46.0万円 184.6万円 736.3万円
28歳 47.4万円 190.2万円 759.0万円
29歳 48.8万円 195.9万円 781.7万円
30歳 50.2万円 201.6万円 804.4万円
31歳 51.6万円 207.3万円 827.0万円
32歳 53.1万円 213.0万円 849.7万円
33歳 54.0万円 216.9万円 865.5万円
34歳 55.0万円 220.9万円 881.2万円
35歳 56.0万円 224.8万円 897.0万円
36歳 57.0万円 228.8万円 912.7万円
37歳 58.0万円 232.7万円 928.5万円
38歳 58.9万円 236.4万円 943.3万円
39歳 59.8万円 240.2万円 958.1万円
40歳 60.8万円 243.9万円 972.9万円
41歳 61.7万円 247.6万円 987.7万円
42歳 62.6万円 251.3万円 1,002.5万円
43歳 63.6万円 255.5万円 1,019.2万円
44歳 64.7万円 259.7万円 1,035.9万円
45歳 65.7万円 263.8万円 1,052.6万円
46歳 66.8万円 268.0万円 1,069.3万円
47歳 67.8万円 272.2万円 1,086.0万円
48歳 68.5万円 274.8万円 1,096.5万円
49歳 69.1万円 277.5万円 1,106.9万円
50歳 69.8万円 280.1万円 1,117.4万円
51歳 70.4万円 282.7万円 1,127.9万円
52歳 71.1万円 285.3万円 1,138.3万円
53歳 70.6万円 283.2万円 1,129.9万円
54歳 70.0万円 281.1万円 1,121.5万円
55歳 69.5万円 279.0万円 1,113.1万円
56歳 69.0万円 276.9万円 1,104.7万円
57歳 68.5万円 274.8万円 1,096.3万円
58歳 63.9万円 256.6万円 1,023.8万円
59歳 59.4万円 238.4万円 951.3万円
60歳 54.9万円 220.3万円 878.8万円
61歳 50.3万円 202.1万円 806.3万円
62歳 45.8万円 183.9万円 733.8万円
63歳 36.7万円 147.1万円 587.0万円
64歳 27.5万円 110.4万円 440.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

田辺三菱製薬の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,616.4万円
課長 1,264.3万円
係長 962.8万円
20~24歳の一般社員 543.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

田辺三菱製薬の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.8万円
修士了 25.2万円
博士了 28.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒・修士了・博士了それぞれに差があり、大卒と博士了では57,000円もの差があるようです。研究職・開発職・MR職など職種によっても多少の違いがあるのかもしれません。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

世界の医薬品業過の市場規模は100兆円を超えています。1位のシェアを誇るアメリカに次いで、2位の日本での市場規模は10兆円と、世界と比べると10分の1程度です。

近年新薬の特許が切れ、ジェネリック医薬品への置き換わりが進み、製薬会社は厳しい状況が続いています。更に日本政府は平成32年にはジェネリック医薬品のシェアを80%以上へ引き上げる目標を掲げており、国内市場には更なる苦境が予測されています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 田辺三菱製薬 医薬品業界
20~24歳 543.0万円 476.7万円
25~29歳 736.3万円 595.2万円
30~34歳 849.7万円 682.4万円
35~39歳 928.5万円 731.8万円
40~44歳 1,002.5万円 798.3万円
45~49歳 1,086.0万円 855.6万円
50~54歳 1,138.3万円 908.9万円
55~59歳 1,096.3万円 882.6万円
60~64歳 733.8万円 611.4万円
生涯賃金 4.06億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

業界大手の田辺三菱製薬はやはり高水準の年収のようです。生涯賃金にして、約7,100万円ほど業界平均より高いと見られています。年齢層別に見ても、全年齢層で業界平均を上回っており、40~59歳の間では平均と比べて、なんと200万円程の差があると想定されています。

まとめ

医薬品業界大手の田辺三菱製薬はいかがでしたでしょうか。今まで海外事業に出遅れているとみられていましたが、平成29年10月末までにイスラエルの医薬品ベンチャーを買収することを発表しています。業界内大手が海外への事業に注力していく中で、田辺三菱製薬は今後どのような発展を見せてくれるのか、期待が高まります。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ