企業研究

日本ケミファの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

日本ケミファにおける最近の平均年収推移

日本ケミファは、医薬品業界の中では中堅の会社です。高齢化が進む現代において医薬品業界は様々な場面で活躍しています。社会に必要不可欠な医薬品業は、ほかの業界と比べると年収が多いイメージがあります。その中で、日本ケミファの近年の年収はどのようになっているか、企業が公開している情報をもとに調査しました。

日本ケミファとは

正式名称:日本ケミファ株式会社
所在地:東京都千代田区岩本町2-2-3
従業員数:482人
平均年齢:40.8歳
平均勤続年数:14.7年
//www.chemiphar.co.jp/index.html
※有価証券報告書を参照

日本ケミファは3つの事業を展開しています。1つは、高品質で経済的なジェネリック医薬品などを病院の整形外科・泌尿器科・内科に促進・営業販売です。2つ目は、新薬の開発。3つ目は、ヘルスケア商品の開発・販売です。健康食品、化粧品、一般医療機器など幅広く取り扱っています。

近年の平均年収推移

日本ケミファの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 691.0万円
平成27年 690.0万円
平成26年 700.0万円
平成25年 713.0万円
平成24年 721.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

日本ケミファの平均年収は721万円から690万円です。平成28年は25年と比べると約20万円減となっています。過去4年でみて20万円の変動は比較的安定していると言えるでしょう。

日本ケミファにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 449.9万円 29.3万円 98.8万円
25~29歳 573.7万円 37.3万円 126.0万円
30~34歳 650.2万円 42.3万円 142.8万円
35~39歳 706.0万円 45.9万円 155.0万円
40~44歳 759.3万円 49.4万円 166.7万円
45~49歳 796.6万円 51.8万円 174.9万円
50~54歳 841.6万円 54.7万円 184.8万円
55~59歳 835.2万円 54.3万円 183.4万円
60~64歳 604.2万円 39.3万円 132.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

日本ケミファ の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 29.3万円 98.8万円 449.9万円
23歳 30.9万円 104.2万円 474.6万円
24歳 32.5万円 109.6万円 499.4万円
25歳 34.1万円 115.1万円 524.1万円
26歳 35.7万円 120.5万円 548.9万円
27歳 37.3万円 126.0万円 573.7万円
28歳 38.3万円 129.3万円 589.0万円
29歳 39.3万円 132.7万円 604.3万円
30歳 40.3万円 136.0万円 619.6万円
31歳 41.3万円 139.4万円 634.9万円
32歳 42.3万円 142.8万円 650.2万円
33歳 43.0万円 145.2万円 661.3万円
34歳 43.7万円 147.7万円 672.5万円
35歳 44.5万円 150.1万円 683.7万円
36歳 45.2万円 152.6万円 694.8万円
37歳 45.9万円 155.0万円 706.0万円
38歳 46.6万円 157.3万円 716.6万円
39歳 47.3万円 159.7万円 727.3万円
40歳 48.0万円 162.0万円 737.9万円
41歳 48.7万円 164.4万円 748.6万円
42歳 49.4万円 166.7万円 759.3万円
43歳 49.9万円 168.3万円 766.7万円
44歳 50.3万円 170.0万円 774.2万円
45歳 50.8万円 171.6万円 781.6万円
46歳 51.3万円 173.3万円 789.1万円
47歳 51.8万円 174.9万円 796.6万円
48歳 52.4万円 176.9万円 805.6万円
49歳 53.0万円 178.9万円 814.6万円
50歳 53.6万円 180.8万円 823.6万円
51歳 54.1万円 182.8万円 832.6万円
52歳 54.7万円 184.8万円 841.6万円
53歳 54.6万円 184.5万円 840.3万円
54歳 54.6万円 184.2万円 839.0万円
55歳 54.5万円 183.9万円 837.7万円
56歳 54.4万円 183.7万円 836.5万円
57歳 54.3万円 183.4万円 835.2万円
58歳 51.3万円 173.2万円 789.0万円
59歳 48.3万円 163.1万円 742.8万円
60歳 45.3万円 153.0万円 696.6万円
61歳 42.3万円 142.8万円 650.4万円
62歳 39.3万円 132.7万円 604.2万円
63歳 31.4万円 106.1万円 483.4万円
64歳 23.6万円 79.6万円 362.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

日本ケミファ の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,339.2万円
課長 1,047.5万円
係長 797.7万円
20~24歳の一般社員 449.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ケミファ の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21万円
修士了 24万円
博士了 27万円

※リクナビ2018より参照しています。

日本ケミファの大卒での初任給は21万円です。技術職の修士了・博士了は24万円となります。賞与は年に7月と12月の2回です。基本給のほかに通勤手当、家族手当、住宅手当、営業手当などが支給されます。

医薬品業界における年収の傾向と生涯賃金

医薬品業界とは

医薬品業界は、ほかの業界から比較すると安定した業界とも言われています。その理由は病気の治療薬や予防は私たちの生活に欠かせないからだともいえます。近年は平均寿命が延びた半面、高齢化が深刻な問題になる中で、医薬品業界は様々なニーズが求められる業界になっています。

医薬品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 日本ケミファ 医薬品業界
20~24歳 449.9万円 476.7万円
25~29歳 573.7万円 595.2万円
30~34歳 650.2万円 682.4万円
35~39歳 706.0万円 731.8万円
40~44歳 759.3万円 798.3万円
45~49歳 796.6万円 855.6万円
50~54歳 841.6万円 908.9万円
55~59歳 835.2万円 882.6万円
60~64歳 604.2万円 611.4万円
生涯賃金 3.11億円 3.27億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ケミファは、医薬品業界全体と比べると平均的と言えるでしょう。医薬品業界はほかの業界と比べると年収の水準は高く、安定もしています。私たちの生活に密接している医薬品業界は生涯賃金でみても安定した収入が得られる業界です。生涯賃金の予測も3.11億円と高い水準です。

まとめ

職種によっても賃金に差はありますが、安定した収入が得られる会社と言えるでしょう。医薬品業界は、医薬品の開発などでこれからも進化し成長が見込まれる業界です。その中で日本ケミファも事業シェアの幅も広がっていくと言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ