企業研究

いちよし証券の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

いちよし証券における最近の平均年収推移

いちよし証券とは東証一部上場の独立系中堅証券会社で、個人富裕層向けの投資信託、中小企業向けのニーズ対応を主な業務としています。今回はそんないちよし証券の会社概要、年収分析を行っていきます。

いちよし証券とは

正式名称:いちよし証券株式会社
所在地:東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
従業員数:936人
平均年齢:43.9歳
平均勤続年数:13.2年
//www.ichiyoshi.co.jp/
※有価証券報告書を参照

証券会社によっては取引の回数を稼ぎ、手数料収益を重視する会社もありますが、いちよし証券はそのような利益重視の経営ではなく、お客さんの目線に立ち「大事な資産をお預かりする」という姿勢で業務を行っています。そのため、顧客からの評判も良くそれが今の良い業績につながっていると考えられます。

近年の平均年収推移

いちよし証券の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 711.0万円
平成27年 738.0万円
平成26年 711.0万円
平成25年 738.0万円
平成24年 625.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年の平均年収の推移を見てみましょう。平成24年から翌年にかけ、100万円を超える年収アップが起こったことがわかります。それ以降は増加と減少を繰り返しながらも、高い水準をキープしているようです。

いちよし証券における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 418.9万円 25.2万円 116.0万円
25~29歳 561.5万円 33.8万円 155.5万円
30~34歳 661.3万円 39.8万円 183.2万円
35~39歳 736.4万円 44.4万円 204.0万円
40~44歳 788.4万円 47.5万円 218.4万円
45~49歳 876.0万円 52.8万円 242.6万円
50~54歳 887.6万円 53.5万円 245.8万円
55~59歳 851.7万円 51.3万円 235.9万円
60~64歳 614.2万円 37.0万円 170.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

いちよし証券の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 25.2万円 116.0万円 418.9万円
23歳 27.0万円 123.9万円 447.4万円
24歳 28.7万円 131.8万円 475.9万円
25歳 30.4万円 139.7万円 504.5万円
26歳 32.1万円 147.6万円 533.0万円
27歳 33.8万円 155.5万円 561.5万円
28歳 35.0万円 161.0万円 581.5万円
29歳 36.2万円 166.6万円 601.4万円
30歳 37.4万円 172.1万円 621.4万円
31歳 38.6万円 177.6万円 641.3万円
32歳 39.8万円 183.2万円 661.3万円
33歳 40.7万円 187.3万円 676.3万円
34歳 41.7万円 191.5万円 691.3万円
35歳 42.6万円 195.6万円 706.3万円
36歳 43.5万円 199.8万円 721.4万円
37歳 44.4万円 204.0万円 736.4万円
38歳 45.0万円 206.8万円 746.8万円
39歳 45.6万円 209.7万円 757.2万円
40歳 46.3万円 212.6万円 767.6万円
41歳 46.9万円 215.5万円 778.0万円
42歳 47.5万円 218.4万円 788.4万円
43歳 48.6万円 223.2万円 806.0万円
44歳 49.6万円 228.1万円 823.5万円
45歳 50.7万円 232.9万円 841.0万円
46歳 51.7万円 237.8万円 858.5万円
47歳 52.8万円 242.6万円 876.0万円
48歳 52.9万円 243.3万円 878.3万円
49歳 53.1万円 243.9万円 880.6万円
50歳 53.2万円 244.5万円 882.9万円
51歳 53.3万円 245.2万円 885.3万円
52歳 53.5万円 245.8万円 887.6万円
53歳 53.0万円 243.8万円 880.4万円
54歳 52.6万円 241.9万円 873.2万円
55歳 52.2万円 239.9万円 866.0万円
56歳 51.7万円 237.9万円 858.9万円
57歳 51.3万円 235.9万円 851.7万円
58歳 48.5万円 222.7万円 804.2万円
59歳 45.6万円 209.6万円 756.7万円
60歳 42.7万円 196.4万円 709.2万円
61歳 39.9万円 183.3万円 661.7万円
62歳 37.0万円 170.1万円 614.2万円
63歳 29.6万円 136.1万円 491.4万円
64歳 22.2万円 102.1万円 368.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

志望業界を選ぶ前に、自己分析をしよう

自分に合った業界を探すには、自己分析をして、あなた自身の適性を把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づくあなたに適した業界を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして適性を把握し、業界研究を効率的に進めましょう。

いちよし証券の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,247.0万円
課長 975.4万円
係長 742.7万円
20~24歳の一般社員 418.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

いちよし証券の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.55万円
修士了 22.85万円
博士了 -

※マイナビ2018より参照しています。

大卒、大学院卒で初任給の差はわずか3,000円と大差はありません。また、上記の表は全国転勤の可能性がある「全国転勤型」で入社した場合の初任給です。特定の地域にとどまる「地域限定型」もあり、全国転勤型の場合よりも初任給は1万円低くなります。

証券業界における年収の傾向と生涯賃金

証券業界とは

証券会社の業務には大きく分けて二つの種類があり、一つは一般の方もしくは企業の株の売買をサポートする「ブローカー業務」、自らが株の取引によって収益を得る「ディーラー業務」があります。近年では円高の影響で、証券業界全体で停滞の傾向が見られます。

証券業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 いちよし証券 証券業界
20~24歳 418.9万円 413.4万円
25~29歳 561.5万円 545.1万円
30~34歳 661.3万円 671.1万円
35~39歳 736.4万円 761.8万円
40~44歳 788.4万円 814.0万円
45~49歳 876.0万円 920.0万円
50~54歳 887.6万円 924.3万円
55~59歳 851.7万円 836.3万円
60~64歳 614.2万円 612.0万円
生涯賃金 3.20億円 3.25億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

いちよし証券と証券業界全体の平均年収を比較すると、全体をとおして業界全体の平均とあまり大きな差はありません。40~44歳ではおよそ25.6万円の差があり、生涯賃金では500万円ほどの差がでる予測となります。

まとめ

いちよし証券の概要について年齢別での平均年収シミュレーション、同業界との平均年収の比較などをおこないました。収入は証券業界の中でも平均的ですが、「お客さんの目線に立って仕事ができる」ということを重視しているので評判も良く、やりがいを十分に感じられる企業ではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ