企業研究

水戸証券の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

水戸証券における最近の平均年収推移

マーケットの市場株を売買しているのが証券会社。世間では証券会社に勤める人を「証券マン」と呼んでいます。証券業界は就活生にも人気の就職先のひとつであります。中堅証券会社のひとつである水戸証券について、平均年収、生涯賃金を確認していきましょう。

水戸証券とは

正式名称:水戸証券株式会社
所在地:東京都中央区日本橋二丁目3番10号
従業員数:738人
平均年齢:42.8歳
平均勤続年数:17.3年
http://www.mito.co.jp/
※有価証券報告書を参照

水戸証券株式会社は東京都中央区日本橋に本社を置く証券会社です。従業員数738名、平均年齢42.8歳、平均勤続年数17.3歳で、平均年齢は上場企業の平均を上回っています。

水戸証券の扱っているサービスはファンドトラップ、投資信託、債券、株式です。国内株式だけでなく外国株式、外国債券も取り扱っています。基本的には米国株が主な外国株です。水戸証券は岩井コスモ証券、丸三証券、東洋証券、いちよし証券、極東証券と並び称される中堅証券会社の一角でもあります。

近年の平均年収推移

水戸証券の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 641.0万円
平成27年 698.0万円
平成26年 715.0万円
平成25年 752.0万円
平成24年 631.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年の水戸証券の平均年収を比較すると、平成24年は631万円と五年間の間では一番低いですが、平成25~平成26年では700万円台となっています。しかし、平成27年は698万円、平成28年には641万円と徐々に下がってきていて年収はバラついていますので安定した年収とは言えないでしょう。

参考として、他の中堅証券会社である丸三証券は658万円、東洋証券が580万円、いちよし証券が710万円となっています(いずれも平成29年度有価証券報告書より)。他の中堅証券会社と水戸証券を比べると、水戸証券の平均年収は比較的高い水準であることがわかります。

水戸証券における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 377.8万円 22.8万円 104.6万円
25~29歳 506.4万円 30.5万円 140.3万円
30~34歳 596.4万円 35.9万円 165.2万円
35~39歳 664.1万円 40.0万円 183.9万円
40~44歳 711.1万円 42.8万円 196.9万円
45~49歳 790.1万円 47.6万円 218.8万円
50~54歳 800.5万円 48.2万円 221.7万円
55~59歳 768.1万円 46.3万円 212.7万円
60~64歳 554.0万円 33.4万円 153.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

水戸証券の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 22.8万円 104.6万円 377.8万円
23歳 24.3万円 111.8万円 403.5万円
24歳 25.9万円 118.9万円 429.2万円
25歳 27.4万円 126.0万円 455.0万円
26歳 29.0万円 133.1万円 480.7万円
27歳 30.5万円 140.3万円 506.4万円
28歳 31.6万円 145.2万円 524.4万円
29歳 32.7万円 150.2万円 542.4万円
30歳 33.8万円 155.2万円 560.4万円
31歳 34.8万円 160.2万円 578.4万円
32歳 35.9万円 165.2万円 596.4万円
33歳 36.8万円 168.9万円 609.9万円
34歳 37.6万円 172.7万円 623.5万円
35歳 38.4万円 176.4万円 637.0万円
36歳 39.2万円 180.2万円 650.6万円
37歳 40.0万円 183.9万円 664.1万円
38歳 40.6万円 186.5万円 673.5万円
39歳 41.1万円 189.1万円 682.9万円
40歳 41.7万円 191.7万円 692.3万円
41歳 42.3万円 194.3万円 701.7万円
42歳 42.8万円 196.9万円 711.1万円
43歳 43.8万円 201.3万円 726.9万円
44歳 44.7万円 205.7万円 742.7万円
45歳 45.7万円 210.1万円 758.5万円
46歳 46.7万円 214.4万円 774.3万円
47歳 47.6万円 218.8万円 790.1万円
48歳 47.7万円 219.4万円 792.1万円
49歳 47.9万円 220.0万円 794.2万円
50歳 48.0万円 220.5万円 796.3万円
51歳 48.1万円 221.1万円 798.4万円
52歳 48.2万円 221.7万円 800.5万円
53歳 47.8万円 219.9万円 794.0万円
54歳 47.5万円 218.1万円 787.5万円
55歳 47.1万円 216.3万円 781.1万円
56歳 46.7万円 214.5万円 774.6万円
57歳 46.3万円 212.7万円 768.1万円
58歳 43.7万円 200.9万円 725.3万円
59歳 41.1万円 189.0万円 682.5万円
60歳 38.5万円 177.2万円 639.6万円
61歳 36.0万円 165.3万円 596.8万円
62歳 33.4万円 153.4万円 554.0万円
63歳 26.7万円 122.7万円 443.2万円
64歳 20.0万円 92.1万円 332.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

水戸証券の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,124.6万円
課長 879.7万円
係長 669.9万円
20~24歳の一般社員 377.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

水戸証券の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒の初任給は22万5,000円です。しかし、同じ大卒でも地域型社員の場合は20万400円となっています。

証券業界における年収の傾向と生涯賃金

証券業界とは

証券業界は、主に株を「買いたい・売りたい」という人のために存在している業界です。投資家に向けて株などの投資商品を提供しています。証券会社によって、サービス形態や強みなどは異なります。証券業界の規模はおよそ3兆円強とも言われています。

証券業界の平均年収推移と生涯賃金

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

年齢 水戸証券 証券業界
20~24歳 377.8万円 413.4万円
25~29歳 506.4万円 545.1万円
30~34歳 596.4万円 671.1万円
35~39歳 664.1万円 761.8万円
40~44歳 711.1万円 814.0万円
45~49歳 790.1万円 920.0万円
50~54歳 800.5万円 924.3万円
55~59歳 768.1万円 836.3万円
60~64歳 554.0万円 612.0万円
生涯賃金 2.88億円 3.25億円

証券業界の平均年収はおよそ750万円程度です。50~54歳で比較すると、水戸証券の平均年収は800万円、証券業界全体の平均年収は924万円で、その差は124万円ほどです。生涯賃金では、水戸証券が2億8,800万円、証券業界は3億2,500万円と、3,700万円ほどの差額となる予測です。参考として、中堅証券会社のひとつであるいちよし証券の生涯賃金は3億2,000万円、東洋証券が3億100万円と中堅証券会社の生涯賃金は約3億円ほどが一般的なようです。

まとめ

中堅証券会社のひとつを担う水戸証券について、平均年収や生涯賃金を確認してきました。平均年収は年度によって若干ばらつきがありましたが、他の中堅証券会社と比べると同程度か比較的高水準と言えるでしょう。

監修者プロフィール

redhope1369のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。