職種研究

【薬剤師の年収】働き方や就職先についてもご紹介

薬剤師はさまざまな働き方ができる職業

高収入の代名詞とも言える薬剤師。薬剤師と聞くと相当な勉強と6年間の大学に行かないとなれないのは有名ですが、それ相当の高待遇が待っています。そんな薬剤師の働く場所が複数あります。

どこの職場に関しても薬剤師というのは責任も重く、膨大な薬剤に関しての知識が必要になりますので、薬剤師を目指す方は職場別に自分のやりたいことと照らし合わせて参考にしてみてください。薬剤師は職場によって待遇や働く中身が違っているので、その辺を詳しく掘り下げて説明していきます。

薬剤師の平均年収は503万円

 DODAの平均年収ランキングによると、薬剤師の平均年収は503万円になっています。男女別に見ると、男性で541万円、女性で464万円です。年代別だと、20代442万円、30代533万円、40代569万円、50代からは546万円になっています。

DODAで紹介されている技術系(メディカル/化学/食品)職種の中では、非臨床研究と臨床開発/治験の519万円、技術営業/アプリケーションエンジニアの512万円に次ぐ高収入です。また、技術系(メディカル/化学/食品)職種の平均年収は400万円であるため、薬剤師が技術系職種の中でも高収入に位置するのがわかります。

働き方①MRとして働く

まず初めはMRとして働くことに注目してみましょう。MRといのは正式名称medical representativeといい、医療情報提供者という意味があります。実際にMRとして働く人は少ないのが現状で、どういう仕事内容でどれぐらいの年収をもらっているかなど不透明な部分が多いはずです。

MRとはどんな仕事なのか

MRは製薬会社の営業兼広報の役割ですので、実際に病院などの医療機関に足を運んで自社の薬の売り込み、正しい薬の用法を教える重要な役割を担っています。売り込み以外でも紹介した薬の副作用や、効果実績を自社にフィードバックして、次の新薬の開発に役立てることもしています。

現代の薬の発展はMRの細かで正確な情報伝達によっておこなわれていると言っても過言ではありません。薬に関する知識や新しい医療情報などに精通していなければならないので、日々勉強するのは必須営業です。当然ノルマもありますが、その分、医療の発展に協力しているというやりがいのある仕事です。

頑張れば年収1,000万円も夢ではない

MRは在籍してる製薬会社の広報や営業なので、商品を売って評価されます。実際にMRとして薬を販売すると高額な金額が一気に動くため、MR自体かなりの高待遇、高収入になっています。薬剤師として色々職場がある中で、しっかりと実績を作っていけばMRは一番の高収入が期待でき、やりがいもはかり知れません。

MRの出身学部の分布を見ても半分が文系で、薬学部出身のMRは2割もいません。実際にMRとして働くには薬剤師という資格は必要ないのです。しかし製薬会社のMRとして働いた際に、薬学部出身のMRは膨大な知識が必要な大規模病院の担当になることも多く、最初から大口の取引先と仕事ができるのも高収入が目指せるポイントです。

就職先は製薬メーカーが多い

薬剤師の資格を持ちながらMRとして働くには製薬メーカーが圧倒的に多いです。やはり製薬メーカーというのは高い学歴や知識を求められるので、薬学部を卒業というだけで製薬メーカーは一目置いて評価されるようです。好印象も与えますが、やはり給料や待遇面に関しても、製薬メーカーは郡を抜いて恵まれています。

製薬メーカーの募集要項を見てみると、そのほとんどが学士以上ということなので大学4年間ということになりますが、薬学部のような6年間の学士は修士と見られるために採用条件は満たしています。実際にMRとして最前線で働きたい人は製薬メーカーで働くことがおすすめです。

働き方②ドラッグストアで働く

薬剤師の働き方のもう一つにドラッグストアという選択肢があります。ドラッグストアというとマツモトキヨシや、サッポロドラッグストアなど非常に身近な存在ですが、ドラッグストアで薬剤師として働いた場合はどんな仕事内容になるのでしょうか。

ドラッグストアでの仕事内容

ドラッグストアでの仕事内容は、お客様にあった市販薬の紹介や説明、商品の品出しやレジ業務などがあります。実際にドラッグストアのスタッフとして働くので、薬の知識を前面に出すというよりは、店舗スタッフとしてのイメージが強いです。

調剤薬局やMRと違い、たくさんのお客さんと接する機会も多く違った意味のやりがいを感じられるでしょう。薬局などで薬剤師として働いていると売上などは気にする機会は少ないですが、また、単月当たりの目標売上なども当然あるため、売上を意識しながら働く必要があります。

勤務時間に関しても朝から夜までの長い時間営業しているために、シフトを組んで勤務するなど決まった時間の勤務ではなく、当然残業もあります。ですが薬剤師としてお客様と一番近い存在にいるので、やりがいは感じられる大切な仕事です。

高い年収を得たいのなら大手チェーンに就職するのがおすすめ

薬剤師としてドラッグストアで働いた場合の給与面は、調剤薬局や病院より高いのが特徴です。勤務時間も残業などがあり、病院や調剤薬局の薬剤師の仕事よりも働く時間が長いのですが、薬剤師一人あたりの売上金額はドラッグストアの方が高いです。

就職先としては大手のチェーンのドラッグストアは高待遇になっています。将来的に店長やエリアマネージャーを目標にしているのであれば、MRに負けないぐらいの高収入も期待できるので、ドラッグストアという就職先もおすすめです。

働き方③病院で働く

薬剤師の就職先として一番最初に頭に浮かぶのが、病院ではないでしょうか。実際に薬剤師を目指されている方でも、病院で働くことを目標にしている方も大勢います。病院と言っても調剤薬局で働く場合と、病棟薬剤師や地方の小さい診療所の薬剤師などさまざまです。

病院は全国どこでもあり、薬剤師の仕事は働く場所を選びません。病院勤務と言っても業務形態は少し変わりますので、次でご紹介していきます。

院内調剤として働く

院内調剤での業務内容としては、調剤業務、服薬指導、薬暦管理の3点が主となります。調剤業務は医師が出した処方箋をもとに薬を調剤する業務です。処方箋に記載されている薬の剤形、服用量などの正確に取り揃えなければなりません。

処方せんの内容通りに調剤されているかを、別の薬剤師が確認します。服薬指導は患者さんに薬の服薬方法や効能、副作用などを説明する業務です。また患者さんから聴取した副作用や、薬の効き目などの情報を医師に報告するといった業務もあります。

薬暦管理は患者さんの副作用などの情報を含む、薬の服用履歴を管理する業務です。薬は患者さんの全身状態に大きく関わるものであるため、患者さんの状態に合わせた薬を調剤することが、院内調剤として働く薬剤師の重要な業務となります。

病棟薬剤師として働く

病棟薬剤師は入院時に元々服薬していた薬の有無を聴取したり、退院時に処方される薬の説明などを患者さん、さらには患者さんの家族に説明します。その為、病棟薬剤師は患者さんとのコミュニケーションが重要となります。

患者さんと臨床場面で密接に関わりながら服薬指導をおこなうという点が病棟薬剤師のメリットであり、医療人としてのやりがいを感じられる場となるといえるでしょう。また、病棟薬剤師は医師や看護師をはじめとして、他部署との連携が重要となります。他部署と情報共有しながら医療を進めていくため、医療チームの一員として重要な役割も持っています。

また、調剤薬局等で働く薬剤師が扱うことのない注射製剤を扱うこともあり、総合病院であれば関わる診療科目も必然的に多くなるため、幅広い知識を得ることが可能です。

一般病院よりも診療所の方が年収が高い

病院関係の薬剤師の仕事内容を説明していきましたが、実際の収入の方は都市部の病院の方が地方よりも低い傾向があります。大都市での病棟薬剤師や調剤薬局の求人と比べ、地方の薬剤師の求人の方が年収で100〜200万円ほど高いのが現状です。

地方の診療所などは人手不足という問題を抱えているために、都市部よりも高い年収を提示して、都市部に行くのを引き止めているという側面もあります。その分、一つの地域に対しての薬剤師の数は足りていないので、責任も重くやる仕事量も多いのが特徴です。

ですが地方の診療所の方が蜜に患者さんと接する機会も多く、都市部では味わえないやりがいが必ず見つかるはずです。地方などの小さいところを希望したりと、こういう働き方もやりがいをしっかり感じられる方なら、自分に合っている職場ということでしょう。

薬剤師は今後の将来性がある職業

薬剤師の仕事として色々な職場をご紹介していきましたが。年収だけで言えばMRとドラッグストアが薬剤師としては高収入になってくるのですが、お金だけで判断できない部分も当然あります。自分の本当にやりたいことを見つめ直し、後悔しないような選択をしていきましょう。

薬剤師という仕事はこれからも医学の発展と共に成長していきますので、今以上に薬剤についての知識などが求められるため、将来性がある職業です。上記で説明した以外にも麻薬捜査官や自衛隊薬剤師など、薬剤師が必要な特殊な職業も多数あり、働き方もさまざま変化していっているので、自分の納得できる形で職場を選んでいきましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ