企業研究

コーセーの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

コーセーにおける最近の平均年収推移

化粧品は多くの女性にとって、生活の一部と言ってもいいほど身近な存在です。化粧はあまりしないという女性でも、メイクアップ化粧品や基礎化粧品など、どれか1つは使っているのではないでしょうか。

コーセーは日本の化粧品メーカーの大手として有名です。ここでは、コーセーの平均年収や生涯賃金、月給やボーナス等について、公開されている情報をもとにご紹介します。

コーセーとは

正式名称:株式会社コーセー
所在地:東京都中央区日本橋3-6-2
従業員数:858人
平均年齢:43.8歳
平均勤続年数:19.8年
//www.kose.co.jp/company/ja/
※有価証券報告書を参照

株式会社コーセーは、東京都の日本橋に本社を構える企業です。コーセーは「ハイプレステージ領域」・「プレステージ領域」・「コスメタリ―領域」と大きく3つに分けたブランド群で事業を展開しています。

ハイプレステージ領域は、化粧品の製造販売を中心とし、コーセーの最先端の技術を結集し創り上げたブランド群で百貨店や専門店で展開しています。

プレステージ領域は、高い付加価値を追求しながらも量販店、専門店、ドラッグストアなどにも対応するブランド群です。「雪肌精」「エスプリ―ク」などといったコーセーを代表するブランドがあります。

コスメタリー領域は、化粧品のほかシャンプーやコンディショナーなどの、トイレタリー製品も含めて化粧品発想で開発するブランド群で、量販店、ドラッグストアー、コンビニエンスストアなどで優れた商品を手頃な価格で提供しています。

自分が化粧品業界に向いているか診断しよう

自分の適性や性格が、化粧品業界の仕事に向いているか気になりませんか?

そこで活用したいのが、自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱みに基づく適職を診断できます。

自分が化粧品業界に向いているか、サクッと診断してみましょう。

近年の平均年収推移

コーセーの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 848.0万円
平成27年 814.0万円
平成26年 815.0万円
平成25年 521.0万円
平成24年 508.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年の平均年収を見てみると、平成25年から平成26年にかけて大幅に増加しています。平成28年にも前年度より30万近く増加しており、順調な推移だと言って良いでしょう。

コーセーにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 535.2万円 34.0万円 126.8万円
25~29歳 697.2万円 44.3万円 165.2万円
30~34歳 793.2万円 50.4万円 187.9万円
35~39歳 858.3万円 54.6万円 203.3万円
40~44歳 928.6万円 59.1万円 220.0万円
45~49歳 1,004.3万円 63.9万円 237.9万円
50~54歳 1,046.6万円 66.6万円 247.9万円
55~59歳 1,040.1万円 66.1万円 246.4万円
60~64歳 730.3万円 46.4万円 173.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

コーセーの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 34.0万円 126.8万円 535.2万円
23歳 36.1万円 134.5万円 567.6万円
24歳 38.2万円 142.1万円 600.0万円
25歳 40.2万円 149.8万円 632.4万円
26歳 42.3万円 157.5万円 664.8万円
27歳 44.3万円 165.2万円 697.2万円
28歳 45.6万円 169.7万円 716.4万円
29歳 46.8万円 174.3万円 735.6万円
30歳 48.0万円 178.8万円 754.8万円
31歳 49.2万円 183.3万円 774.0万円
32歳 50.4万円 187.9万円 793.2万円
33歳 51.3万円 191.0万円 806.2万円
34歳 52.1万円 194.1万円 819.2万円
35歳 52.9万円 197.2万円 832.3万円
36歳 53.8万円 200.2万円 845.3万円
37歳 54.6万円 203.3万円 858.3万円
38歳 55.5万円 206.7万円 872.4万円
39歳 56.4万円 210.0万円 886.4万円
40歳 57.3万円 213.3万円 900.5万円
41歳 58.2万円 216.6万円 914.5万円
42歳 59.1万円 220.0万円 928.6万円
43歳 60.0万円 223.6万円 943.7万円
44歳 61.0万円 227.1万円 958.9万円
45歳 61.9万円 230.7万円 974.0万円
46歳 62.9万円 234.3万円 989.2万円
47歳 63.9万円 237.9万円 1,004.3万円
48歳 64.4万円 239.9万円 1,012.8万円
49歳 64.9万円 241.9万円 1,021.2万円
50歳 65.5万円 243.9万円 1,029.7万円
51歳 66.0万円 245.9万円 1,038.2万円
52歳 66.6万円 247.9万円 1,046.6万円
53歳 66.5万円 247.6万円 1,045.3万円
54歳 66.4万円 247.3万円 1,044.0万円
55歳 66.3万円 247.0万円 1,042.7万円
56歳 66.2万円 246.7万円 1,041.4万円
57歳 66.1万円 246.4万円 1,040.1万円
58歳 62.2万円 231.7万円 978.2万円
59歳 58.3万円 217.0万円 916.2万円
60歳 54.3万円 202.4万円 854.2万円
61歳 50.4万円 187.7万円 792.3万円
62歳 46.4万円 173.0万円 730.3万円
63歳 37.2万円 138.4万円 584.2万円
64歳 27.9万円 103.8万円 438.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コーセーの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,593.3万円
課長 1,246.2万円
係長 949.0万円
20~24歳の一般社員 535.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コーセーの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.67万円
大学院卒 23.375万円

※企業サイトより参照しています。

こちらは総合職の2016年度実績による情報になります。営業職には別途外勤手当支給となっています。

化粧品業界における年収の傾向と生涯賃金

化粧品業界とは

景気の不況が続いたおり、消費者の需要が比較的手に入りやすい価格のもの、またオールインワンのような高機能なものとなっていき、業界全体の業績も頭打ちになっている状況でした。

そこへ近年の訪日外国人による化粧品の購入、特に日本製の化粧品は人気が高く、一時期社会現象となった「爆買い」により、業績が大幅に増加するということがありました。

最近では円安の影響などで先行きが少し不透明になってきているようですが、幅広く商品を展開しているコーセーの業界内での平均年収は、どうなっているのでしょうか。

化粧品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 コーセー 化粧品業界
20~24歳 535.2万円 336.4万円
25~29歳 697.2万円 420.0万円
30~34歳 793.2万円 481.5万円
35~39歳 858.3万円 516.4万円
40~44歳 928.6万円 563.3万円
45~49歳 1,004.3万円 603.8万円
50~54歳 1,046.6万円 641.4万円
55~59歳 1,040.1万円 622.8万円
60~64歳 730.3万円 431.4万円
生涯賃金 3.82億円 2.31億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

予測の数値の表ではありますが、この表内に限って言いますと業界全体との差は、ざっと見ただけでも20代の時点で200万円程の差があり、30代では300万円近く、45歳から50代後半までには400万円もの差があります。生涯賃金では1.5億円の差になっています。

まとめ

不景気による消費者の需要の影響だけでなく、SNSの普及や@コスメといったランキングで商品をチェックできるサイトなど、消費者の目がさらに厳しくなっている状況があります。

また富士フィルムや味の素、サントリーなどといった異業種からの参入等の影響で競争が激しくなっているといった厳しい業界ですが、業界大手のコーセーは国内でも幅広く展開していますし、海外にも拠点を置き海外事情にも力を入れているので、当分安定した業績を見込めるのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ