企業研究

八十二銀行の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

八十二銀行における最近の平均年収推移

長野県のトップバンクである八十二銀行についてです。昭和6年に「第十九銀行」と「六十三銀行」が合併することによって生まれました。そんな八十二銀行の年収について、同じ地方銀行業界との比較などを交えながら解説していきます。

八十二銀行とは

正式名称:株式会社八十二銀行
所在地:長野県長野市大字中御所字岡田178番地8
従業員数:3,071人
平均年齢:41歳
平均勤続年数:15.4年
//www.82bank.co.jp/
※有価証券報告書を参照

地方銀行ということなので、人の移り変わりが激しかったり、若手主体だったりということはありません。平均年齢は41歳、平均勤続年数は15.4年と極めて平均的(上場企業の平均年齢は40.44歳、平均勤続年数は14.7年)で、特に労働環境が悪いということなどはなさそうです。

近年の平均年収推移

八十二銀行の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 658.0万円
平成27年 657.0万円
平成26年 663.0万円
平成25年 669.0万円
平成24年 672.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

過去5年の平均年収の推移ですが、表やグラフからわかる通り、大きな変動は見られません。景気の影響を受けにくいのが地方銀行の特徴で、八十二銀行もその他大多数の地方銀行と同じなのがわかります。

銀行業界の業界・企業研究を進めよう

銀行業界で働きたいという就活生は、その仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「銀行業界の業界研究マニュアル」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

八十二銀行における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 368.9万円 21.8万円 107.2万円
25~29歳 516.3万円 30.5万円 150.1万円
30~34歳 617.0万円 36.5万円 179.4万円
35~39歳 693.5万円 41.0万円 201.6万円
40~44歳 741.2万円 43.8万円 215.5万円
45~49歳 824.5万円 48.7万円 239.7万円
50~54歳 840.5万円 49.7万円 244.4万円
55~59歳 781.7万円 46.2万円 227.3万円
60~64歳 537.6万円 31.8万円 156.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

八十二銀行の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 21.8万円 107.2万円 368.9万円
23歳 23.5万円 115.8万円 398.4万円
24歳 25.3万円 124.4万円 427.9万円
25歳 27.0万円 133.0万円 457.3万円
26歳 28.8万円 141.5万円 486.8万円
27歳 30.5万円 150.1万円 516.3万円
28歳 31.7万円 156.0万円 536.5万円
29歳 32.9万円 161.8万円 556.6万円
30歳 34.1万円 167.7万円 576.7万円
31歳 35.3万円 173.5万円 596.9万円
32歳 36.5万円 179.4万円 617.0万円
33歳 37.4万円 183.8万円 632.3万円
34歳 38.3万円 188.3万円 647.6万円
35歳 39.2万円 192.7万円 662.9万円
36歳 40.1万円 197.2万円 678.2万円
37歳 41.0万円 201.6万円 693.5万円
38歳 41.6万円 204.4万円 703.0万円
39歳 42.1万円 207.2万円 712.6万円
40歳 42.7万円 209.9万円 722.1万円
41歳 43.2万円 212.7万円 731.6万円
42歳 43.8万円 215.5万円 741.2万円
43歳 44.8万円 220.3万円 757.8万円
44歳 45.8万円 225.2万円 774.5万円
45歳 46.8万円 230.0万円 791.1万円
46歳 47.7万円 234.9万円 807.8万円
47歳 48.7万円 239.7万円 824.5万円
48歳 48.9万円 240.6万円 827.7万円
49歳 49.1万円 241.6万円 830.9万円
50歳 49.3万円 242.5万円 834.1万円
51歳 49.5万円 243.4万円 837.3万円
52歳 49.7万円 244.4万円 840.5万円
53歳 49.0万円 240.9万円 828.7万円
54歳 48.3万円 237.5万円 817.0万円
55歳 47.6万円 234.1万円 805.2万円
56歳 46.9万円 230.7万円 793.4万円
57歳 46.2万円 227.3万円 781.7万円
58歳 43.3万円 213.1万円 732.8万円
59歳 40.4万円 198.9万円 684.0万円
60歳 37.5万円 184.7万円 635.2万円
61歳 34.7万円 170.5万円 586.4万円
62歳 31.8万円 156.3万円 537.6万円
63歳 25.4万円 125.0万円 430.1万円
64歳 19.1万円 93.8万円 322.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

八十二銀行の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,098.1万円
課長 858.9万円
係長 654.0万円
20~24歳の一般社員 368.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

八十二銀行の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.5万円
大学院卒 20.5万円

※リクナビ2018より参照しています。

大卒であっても、大学院卒であっても初任給は変わりありません。大卒で入る場合、厚生労働省による平成28年賃金構造基本統計調査(初任給)では大卒の初任給平均は約20万円とあるので、平均と同じくらいの額がもらえることになります。

地方銀行業界における年収の傾向と生涯賃金

地方銀行業界とは

地方銀行は、主に個人・企業に対しお金を貸し、そこへ利子をつけることで利益を得ています。以前までは、地域と密接な関係のある企業や、安定性のある国内の大企業を中心に取引を行っていました。しかし現在では、少子化などに対応するため、海外にマーケットを求める動きも活発になっています。中でも東南アジアに注目する銀行が多く、その動きには注目しておいたほうがいいでしょう。

地方銀行業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 八十二銀行 地方銀行業界
20~24歳 368.9万円 364.7万円
25~29歳 516.3万円 481.0万円
30~34歳 617.0万円 592.1万円
35~39歳 693.5万円 672.1万円
40~44歳 741.2万円 718.2万円
45~49歳 824.5万円 811.7万円
50~54歳 840.5万円 815.5万円
55~59歳 781.7万円 737.9万円
60~64歳 537.6万円 539.9万円
生涯賃金 2.96億円 2.87億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

八十二銀行の平均年収と地方銀行全体の平均年収の比較シミュレーションを行いました。表やグラフを見るとわかりますが、両者に大きな差は見られません。地方銀行は違う銀行でも業務の内容が大きく変わるということはないので、当然の結果だと考えられます。

まとめ

以上、八十二銀行の簡単な概要、年齢・職務別年収シミュレーション、地方銀行業界との平均年収の比較などを行ってきました。少子化などで縮小していくであろう国内市場の現実に対し、どのような対策を立てていくのか、今後注目していくべきでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ