企業研究

セガの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

セガにおける最近の平均年収推移

「サービスゲームスジャパン(SErvice GAmes)」のの頭文字を取って名付けられた「セガ」。言わずと知れたゲーム、アミューズメント機器の代表となる企業の一つです。また、「セガサミーホールディングス株式会社」は、大手パチスロ・パチンコメーカーのサミーと大手ゲームメーカーセガグループ両社の持株会社です。そんな大企業の気になる年収はいくらくらいなのでしょうか。

セガとは

正式名称:セガホールディングス株式会社
所在地:東京都品川区東品川1丁目39番9号
従業員数:135人
平均年齢:40.4歳
平均勤続年数:4.5年
//www.sega.co.jp/
※有価証券報告書を参照

平均年齢は他の企業とほぼ同じ40歳。平均勤続年数は4.5年と、やや短いようです。

近年の平均年収推移

セガの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 885.0万円
平成27年 849.0万円
平成26年 804.0万円
平成25年 891.0万円
平成24年 914.0万円

平成24年には900万円台だった平均年収ですが、26年まで減少し800万円まで落ち込みました。その後は回復し、平成28年には880万円まで増加しています。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

セガにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 576.3万円 37.5万円 126.5万円
25~29歳 734.9万円 47.8万円 161.4万円
30~34歳 832.9万円 54.2万円 182.9万円
35~39歳 904.4万円 58.8万円 198.6万円
40~44歳 972.7万円 63.3万円 213.6万円
45~49歳 1,020.5万円 66.4万円 224.1万円
50~54歳 1,078.1万円 70.1万円 236.7万円
55~59歳 1,069.9万円 69.6万円 234.9万円
60~64歳 774.1万円 50.3万円 170.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

セガの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 37.5万円 126.5万円 576.3万円
23歳 39.5万円 133.5万円 608.0万円
24歳 41.6万円 140.5万円 639.8万円
25歳 43.7万円 147.4万円 671.5万円
26歳 45.7万円 154.4万円 703.2万円
27歳 47.8万円 161.4万円 734.9万円
28歳 49.1万円 165.7万円 754.5万円
29歳 50.3万円 170.0万円 774.1万円
30歳 51.6万円 174.3万円 793.7万円
31歳 52.9万円 178.6万円 813.3万円
32歳 54.2万円 182.9万円 832.9万円
33歳 55.1万円 186.0万円 847.2万円
34歳 56.0万円 189.2万円 861.5万円
35歳 57.0万円 192.3万円 875.8万円
36歳 57.9万円 195.4万円 890.1万円
37歳 58.8万円 198.6万円 904.4万円
38歳 59.7万円 201.6万円 918.1万円
39歳 60.6万円 204.6万円 931.7万円
40歳 61.5万円 207.6万円 945.4万円
41歳 62.4万円 210.6万円 959.0万円
42歳 63.3万円 213.6万円 972.7万円
43歳 63.9万円 215.7万円 982.2万円
44歳 64.5万円 217.8万円 991.8万円
45歳 65.1万円 219.9万円 1,001.3万円
46歳 65.7万円 222.0万円 1,010.9万円
47歳 66.4万円 224.1万円 1,020.5万円
48歳 67.1万円 226.6万円 1,032.0万円
49歳 67.9万円 229.1万円 1,043.5万円
50歳 68.6万円 231.7万円 1,055.1万円
51歳 69.4万円 234.2万円 1,066.6万円
52歳 70.1万円 236.7万円 1,078.1万円
53歳 70.0万円 236.4万円 1,076.5万円
54歳 69.9万円 236.0万円 1,074.8万円
55歳 69.8万円 235.6万円 1,073.2万円
56歳 69.7万円 235.3万円 1,071.6万円
57歳 69.6万円 234.9万円 1,069.9万円
58歳 65.7万円 221.9万円 1,010.7万円
59歳 61.9万円 208.9万円 951.6万円
60歳 58.0万円 195.9万円 892.4万円
61歳 54.2万円 183.0万円 833.2万円
62歳 50.3万円 170.0万円 774.1万円
63歳 40.3万円 136.0万円 619.2万円
64歳 30.2万円 102.0万円 464.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

セガの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,715.6万円
課長 1,341.9万円
係長 1,021.8万円
20~24歳の一般社員 576.3万円

編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

セガの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.3万円
修士了 23.3万円

※リクナビ2018より参照しています。

初任給は大卒で約22万円、大学院卒で23万円となっていて、その差は1万円です。

ゲーム業界における年収の傾向と生涯賃金

ゲーム業界とは

近年のゲーム業界の大きなトピックとしては、平成16年に「DS」が発売され、18年には「Wii」が大ヒットを記録しました。平成25年から26年にかけては「パズル&ドラゴンズ」で過去最高の1,730億円の売上高を記録。近年ではスマホ向けゲームの人気が急上昇し、平成28年の「ポケモンGO」は世界で大きな話題となりました。

現在のゲーム業界は、家庭用ゲームからスマホ向けにシフトし、急拡大、急降下など浮き沈みが激しい状態が続いています。

ゲーム業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 セガ ゲーム業界
20~24歳 576.3万円 417.7万円
25~29歳 734.9万円 521.6万円
30~34歳 832.9万円 597.9万円
35~39歳 904.4万円 641.2万円
40~44歳 972.7万円 699.5万円
45~49歳 1,020.5万円 749.7万円
50~54歳 1,078.1万円 796.4万円
55~59歳 1,069.9万円 773.3万円
60~64歳 774.1万円 535.7万円
生涯賃金 3.98億円 2.87億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ゲーム業界の中でも、かなりの差をつけて生涯賃金が高いようです。30代では約200万円から250万円の差がありますし、40代半ばですでに年収は1,000万円を超える予測です。

まとめ

1960年の創業以来、様々なエンターテイメントを生み出してきているセガ。あまり知られていませんが、セガは社会貢献の取り組みの一つとして、震災地の視察や支援活動などにも積極的に取り組んでいます。また、2015年より、アミューズ面と機器事業、コンシューマ事業に加え、新たに玩具・映像事業が加わりさらに幅広いコンテンツに生まれ変わりました。

時代の変化に伴い、消費者の嗜好も著しく変わっていく中で、より斬新でユニークな発想で私たちを楽しませてくれることを期待せずにいられません。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ