企業研究

プレス工業の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

プレス工業における最近の平均年収推移

プレス工業株式会社は、自動車関連事業、建設機械関連事業を手掛ける企業です。神奈川県川崎市に本社を置いています。大正14年に東京都品川区に合資会社プレッス作業所を創立し、鉄道車両部品、建築材料類のプレス加工を開始しました。昭和4年に自動車用フレームの生産、自動車部品事業に進出しています。昭和28年には日本で初めて大型リアアクスルハウジングのプレス化に成功しました。平成27年には地震シェルターも開発しています。そんなプレス工業の初任給や年収などを企業が公開している情報を元に調べてみました。

プレス工業とは

正式名称:プレス工業株式会社
所在地:川崎市川崎区塩浜一丁目1番1号
従業員数:1,892人
平均年齢:40歳
平均勤続年数:18.8年
//www.presskogyo.co.jp/
※有価証券報告書を参照

プレス工業は、トラックの骨格となるシャーシの製造、エンジンのパワーを車輪に伝達するアクスル、建設機械のコクピットとなるキャビンなどを製造しています。尾道工場ではマツダのトラック系商用車の組み立てを行なっています。

近年の平均年収推移

プレス工業の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 661.0万円
平成27年 658.0万円
平成26年 655.0万円
平成25年 643.0万円
平成24年 630.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

プレス工業の平均年収は650万円前後です。過去5年では最低630万円~最高661万円で安定していると言えます。平成20年にはリーマンショックにより多くの企業で年収が大幅に減額しましたが、プレス工業では影響は受けませんでした。年収は年々、着実に増加を続けています。

プレス工業における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 397.8万円 24.8万円 99.7万円
25~29歳 539.5万円 33.7万円 135.2万円
30~34歳 622.5万円 38.9万円 156.0万円
35~39歳 680.3万円 42.5万円 170.5万円
40~44歳 734.5万円 45.9万円 184.1万円
45~49歳 795.7万円 49.7万円 199.4万円
50~54歳 834.0万円 52.1万円 209.1万円
55~59歳 803.2万円 50.2万円 201.3万円
60~64歳 537.6万円 33.6万円 134.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

プレス工業の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.8万円 99.7万円 397.8万円
23歳 26.6万円 106.8万円 426.2万円
24歳 28.4万円 113.9万円 454.5万円
25歳 30.1万円 121.0万円 482.8万円
26歳 31.9万円 128.1万円 511.1万円
27歳 33.7万円 135.2万円 539.5万円
28歳 34.7万円 139.4万円 556.1万円
29歳 35.8万円 143.6万円 572.7万円
30歳 36.8万円 147.7万円 589.3万円
31歳 37.8万円 151.9万円 605.9万円
32歳 38.9万円 156.0万円 622.5万円
33歳 39.6万円 158.9万円 634.1万円
34歳 40.3万円 161.8万円 645.6万円
35歳 41.0万円 164.7万円 657.2万円
36歳 41.8万円 167.6万円 668.7万円
37歳 42.5万円 170.5万円 680.3万円
38歳 43.2万円 173.2万円 691.1万円
39歳 43.8万円 175.9万円 701.9万円
40歳 44.5万円 178.7万円 712.8万円
41歳 45.2万円 181.4万円 723.6万円
42歳 45.9万円 184.1万円 734.5万円
43歳 46.6万円 187.2万円 746.7万円
44歳 47.4万円 190.2万円 758.9万円
45歳 48.2万円 193.3万円 771.2万円
46歳 48.9万円 196.4万円 783.4万円
47歳 49.7万円 199.4万円 795.7万円
48歳 50.2万円 201.4万円 803.3万円
49歳 50.6万円 203.3万円 811.0万円
50歳 51.1万円 205.2万円 818.7万円
51歳 51.6万円 207.1万円 826.3万円
52歳 52.1万円 209.1万円 834.0万円
53歳 51.7万円 207.5万円 827.8万円
54歳 51.3万円 206.0万円 821.7万円
55歳 50.9万円 204.4万円 815.5万円
56歳 50.5万円 202.9万円 809.4万円
57歳 50.2万円 201.3万円 803.2万円
58歳 46.8万円 188.0万円 750.1万円
59歳 43.5万円 174.7万円 696.9万円
60歳 40.2万円 161.4万円 643.8万円
61歳 36.9万円 148.1万円 590.7万円
62歳 33.6万円 134.7万円 537.6万円
63歳 26.9万円 107.8万円 430.1万円
64歳 20.1万円 80.8万円 322.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

プレス工業の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,184.3万円
課長 926.3万円
係長 705.4万円
20~24歳の一般社員 397.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

プレス工業の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.9万円
修士了 22.8万円
博士了 25万円

※リクナビ2018より参照しています。

プレス工業の初任給は、一般企業の平均的な金額です。入社後は新入社員教育があり、基礎教育、製造実習、職場実習、原価実習、フォローアップ研修があります。その後も若手社員研修、中堅社員研修、主任研修などが準備されています。

自動車部品業界における年収の傾向と生涯賃金

自動車部品業界とは

日本のトラックメーカーは国内のみならず、アジア、欧州、北米、中米、南米、アフリカなどで需要が高く、海外で現地生産をしています。また、日本の高性能な建設機械は海外での評価が高く需要があります。プレス工業が製造するシャーシはトラックや建設機械の骨格となる重要部品で強度やバランスなどが求められます。港ではシャーシと駆動系と運転席のみが取り付けられた状態のトラックが港に停車されている光景が見られます。

自動車部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 プレス工業 自動車部品業界
20~24歳 397.8万円 386.2万円
25~29歳 539.5万円 482.3万円
30~34歳 622.5万円 552.9万円
35~39歳 680.3万円 592.9万円
40~44歳 734.5万円 646.8万円
45~49歳 795.7万円 693.2万円
50~54歳 834.0万円 736.4万円
55~59歳 803.2万円 715.1万円
60~64歳 537.6万円 495.3万円
生涯賃金 2.97億円 2.65億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

プレス工業の平均年収は、自動車部品業界の平均と比較すると全体的に高い金額です。30代で70~90万円、40代で100万円、50代で90万円程度上回る予測です。生涯賃金では3,200万円ほど高き金額になる予測となります。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

まとめ

ここまでプレス工業について調査してきました。国内のほとんどのトラックメーカー、建設機械メーカーとの取引があることが分かりました。需要、品質、技術の高さは多くの大企業との取引で証明されています。プレス工業はトラックメーカー、建設機械メーカーにとって、土台となる重要な企業です。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ