企業研究

トクヤマの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

トクヤマにおける最近の平均年収推移

トクヤマは化学製品やセメントなどの製造業の会社です。トクヤマは、私たちの生活にも繋がる多数の製品を製造しています。そんなトクヤマの年収などを、データを元に調べてみました。

トクヤマとは

正式名称:株式会社トクヤマ
所在地:東京都千代田区外神田1-7-5 フロントプレイス秋葉原
従業員数:5,406人
平均年齢:42.6歳
平均勤続年数:21.1年
//www.tokuyama.co.jp/company/index.html
※有価証券報告書を参照

株式会社トクヤマは1918年に創立され、従業員5,406名の大規模な会社です。世界三大化学メーカーの一社であるトクヤマ。事業は、化成品、特殊品、セメント、ライフアメニティ―の4つの分野に分かれています。

化学製品部門は基礎化学製品を取り扱っていて、私たちの生活に欠かせない商品の原料となるものを製造しています。特殊品部門では、世界に誇る高純度多結晶シリコンなどの製造を取り扱っています。長年に渡り、独自の技術を生み出してきたイノベーティブな企業でもあります。

近年の平均年収推移

トクヤマの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 604.0万円
平成27年 602.0万円
平成26年 626.0万円
平成25年 585.0万円
平成24年 655.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

トクヤマのここ5年間の平均年収は655万円から585万円でした。平成25年は大幅に年収が減少していますが、翌年からは40万円以上も増額しています。しかし、平成27年には20万円減少していたりと、その年の会社の経営状況や景気で大きく年収が変動するようです。

トクヤマ における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 364.0万円 22.7万円 91.2万円
25~29歳 493.6万円 30.8万円 123.7万円
30~34歳 569.6万円 35.6万円 142.8万円
35~39歳 622.4万円 38.9万円 156.0万円
40~44歳 672.0万円 42.0万円 168.4万円
45~49歳 728.0万円 45.5万円 182.5万円
50~54歳 763.1万円 47.7万円 191.3万円
55~59歳 734.9万円 45.9万円 184.2万円
60~64歳 491.9万円 30.7万円 123.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

トクヤマの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 22.7万円 91.2万円 364.0万円
23歳 24.3万円 97.7万円 389.9万円
24歳 26.0万円 104.2万円 415.8万円
25歳 27.6万円 110.7万円 441.8万円
26歳 29.2万円 117.2万円 467.7万円
27歳 30.8万円 123.7万円 493.6万円
28歳 31.8万円 127.5万円 508.8万円
29歳 32.7万円 131.3万円 524.0万円
30歳 33.7万円 135.2万円 539.2万円
31歳 34.6万円 139.0万円 554.4万円
32歳 35.6万円 142.8万円 569.6万円
33歳 36.2万円 145.4万円 580.2万円
34歳 36.9万円 148.1万円 590.7万円
35歳 37.5万円 150.7万円 601.3万円
36歳 38.2万円 153.4万円 611.9万円
37歳 38.9万円 156.0万円 622.4万円
38歳 39.5万円 158.5万円 632.3万円
39歳 40.1万円 161.0万円 642.3万円
40歳 40.7万円 163.5万円 652.2万円
41歳 41.3万円 166.0万円 662.1万円
42歳 42.0万円 168.4万円 672.0万円
43歳 42.7万円 171.3万円 683.2万円
44歳 43.4万円 174.1万円 694.4万円
45歳 44.1万円 176.9万円 705.6万円
46歳 44.8万円 179.7万円 716.8万円
47歳 45.5万円 182.5万円 728.0万円
48歳 45.9万円 184.2万円 735.0万円
49歳 46.3万円 186.0万円 742.0万円
50歳 46.8万円 187.8万円 749.0万円
51歳 47.2万円 189.5万円 756.1万円
52歳 47.7万円 191.3万円 763.1万円
53歳 47.3万円 189.9万円 757.4万円
54歳 46.9万円 188.4万円 751.8万円
55歳 46.6万円 187.0万円 746.2万円
56歳 46.2万円 185.6万円 740.5万円
57歳 45.9万円 184.2万円 734.9万円
58歳 42.9万円 172.0万円 686.3万円
59歳 39.8万円 159.8万円 637.7万円
60歳 36.8万円 147.7万円 589.1万円
61歳 33.7万円 135.5万円 540.5万円
62歳 30.7万円 123.3万円 491.9万円
63歳 24.6万円 98.6万円 393.5万円
64歳 18.4万円 74.0万円 295.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

トクヤマの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,083.5万円
課長 847.5万円
係長 645.4万円
20~24歳の一般社員 364.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

トクヤマの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.2万円
修士了 24.36万円
博士了 26.41万円

※リクナビ2018より参照しています。

トクヤマの大卒の初任給は約22万円、修士了は約24万円、博士了は約26万円でした。基本給の他に、賞与が年に2回あります。また、地域手当、住宅手当、家族手当、通勤費などがあります。

化学業界における年収の傾向と生涯賃金

化学業界とは

化学業界とは、原材料を仕入れ、合成・分解などの工程を行い製品化して販売する企業の事を指します。日本には化学製品を扱う企業が多数存在し、近年では国内での企業同士の競争が激しさを増しています。2012年以降は、円安による影響で輸出が好調だと言え、ここ数年の化学業界全体の業績は安定していると言えます。三菱ケミカル・住友化学・三井化学などが業界大手企業の名前に挙げられます。

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 トクヤマ 化学業界
20~24歳 364.0万円 405.2万円
25~29歳 493.6万円 506.0万円
30~34歳 569.6万円 580.1万円
35~39歳 622.4万円 622.0万円
40~44歳 672.0万円 678.6万円
45~49歳 728.0万円 727.3万円
50~54歳 763.1万円 772.7万円
55~59歳 734.9万円 750.3万円
60~64歳 491.9万円 519.7万円
生涯賃金 2.72億円 2.78億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

トクヤマの化学業界における平均年収は平均的です。20~24歳は364万円と業界内では約30万円ほど低いスタートになりますが、翌年代からは業界平均値とあまり差はありません。30~34歳ではわずか10万円ほどの差となる予測です。業界のライバル会社としてダイセル、日本触媒、JSRなどが挙げられます。

まとめ

ライバル会社が多く競争が激化する化学業界で、トクヤマは長年に渡り独自の高品質な化学製品で活躍を続けています。業界全体でみても、年収が多いというわけではありませんが、従業員の数や生産の規模など安定した企業です。近年は資源環境リサイクル事業も展開していて、これからも変化し前進し続ける企業の一つと言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ