企業研究

日本ケミコンの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

日本ケミコンにおける最近の平均年収推移

日本ケミコンはアルミ電解コンデンサなどを開発・製造、販売する企業です。そんな日本ケミコンの年収や初任給がどれくらいなのか、日本ケミコンが公開している情報を元に、年齢ごとの平均年収や生涯賃金を調べてみました。

日本ケミコンとは

正式名称:日本ケミコン株式会社
所在地:東京都品川区大崎五丁目6番4号
従業員数:960人
平均年齢:41.3歳
平均勤続年数:17.9年
//www.chemi-con.co.jp/
※有価証券報告書を参照

日本ケミコンの事業は、アルミ電解コンデンサおよび各種コンデンサの製造・販売、各種精密パーツの製造・販売、各種エレクトロニクス機器の製造・販売、その他の事業で、国内外合わせて26社の関係会社があります。

近年の平均年収推移

日本ケミコンの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 617.0万円
平成27年 611.0万円
平成26年 620.0万円
平成25年 526.0万円
平成24年 558.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

日本ケミコンの平均年収を見ると、近年は約600万円程度で推移しています。グローバルに展開している企業なので、さまざまな要因が収益に関係することから、平均年収も多少波があるように見受けられます。

日本ケミコンにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 389.3万円 24.8万円 92.2万円
25~29歳 507.1万円 32.2万円 120.1万円
30~34歳 576.9万円 36.7万円 136.7万円
35~39歳 624.3万円 39.7万円 147.9万円
40~44歳 675.4万円 42.9万円 160.0万円
45~49歳 730.4万円 46.4万円 173.0万円
50~54歳 761.2万円 48.4万円 180.3万円
55~59歳 756.5万円 48.1万円 179.2万円
60~64歳 531.1万円 33.8万円 125.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

日本ケミコンの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.8万円 92.2万円 389.3万円
23歳 26.3万円 97.8万円 412.8万円
24歳 27.8万円 103.4万円 436.4万円
25歳 29.2万円 109.0万円 460.0万円
26歳 30.7万円 114.5万円 483.5万円
27歳 32.2万円 120.1万円 507.1万円
28歳 33.1万円 123.4万円 521.0万円
29歳 34.0万円 126.7万円 535.0万円
30歳 34.9万円 130.0万円 549.0万円
31歳 35.8万円 133.3万円 562.9万円
32歳 36.7万円 136.7万円 576.9万円
33歳 37.3万円 138.9万円 586.3万円
34歳 37.9万円 141.1万円 595.8万円
35歳 38.5万円 143.4万円 605.3万円
36歳 39.1万円 145.6万円 614.8万円
37歳 39.7万円 147.9万円 624.3万円
38歳 40.3万円 150.3万円 634.5万円
39歳 41.0万円 152.7万円 644.7万円
40歳 41.6万円 155.1万円 654.9万円
41歳 42.3万円 157.6万円 665.1万円
42歳 42.9万円 160.0万円 675.4万円
43歳 43.6万円 162.6万円 686.4万円
44歳 44.3万円 165.2万円 697.4万円
45歳 45.0万円 167.8万円 708.4万円
46歳 45.7万円 170.4万円 719.4万円
47歳 46.4万円 173.0万円 730.4万円
48歳 46.8万円 174.5万円 736.6万円
49歳 47.2万円 175.9万円 742.7万円
50歳 47.6万円 177.4万円 748.9万円
51歳 48.0万円 178.9万円 755.1万円
52歳 48.4万円 180.3万円 761.2万円
53歳 48.3万円 180.1万円 760.3万円
54歳 48.3万円 179.9万円 759.3万円
55歳 48.2万円 179.7万円 758.4万円
56歳 48.2万円 179.4万円 757.4万円
57歳 48.1万円 179.2万円 756.5万円
58歳 45.2万円 168.5万円 711.4万円
59歳 42.4万円 157.8万円 666.3万円
60歳 39.5万円 147.2万円 621.3万円
61歳 36.6万円 136.5万円 576.2万円
62歳 33.8万円 125.8万円 531.1万円
63歳 27.0万円 100.7万円 424.9万円
64歳 20.3万円 75.5万円 318.7万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ケミコンの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,158.8万円
課長 906.4万円
係長 690.2万円
20~24歳の一般社員 389.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ケミコンの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21万円
大学院卒 23.4万円

※リクナビ2018より参照しています。

日本ケミコンでの大卒・大学院卒の初任給は平均的な水準です。理系・文系、職種による差はありません。

電子部品業界における年収の傾向と生涯賃金

電子部品業界とは

電子部品業界のシェアトップは、京セラです。日本ケミコンの主力製品であるアルミ電解コンデンサを製造する競合企業として、ニチコン、ルビコン、東信工業などがあります。その中で日本ケミコンのアルミ電解コンデンサは世界シェアトップを誇ります。

電子部品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 日本ケミコン 電子部品業界
20~24歳 389.3万円 390.2万円
25~29歳 507.1万円 487.2万円
30~34歳 576.9万円 558.5万円
35~39歳 624.3万円 598.9万円
40~44歳 675.4万円 653.4万円
45~49歳 730.4万円 700.3万円
50~54歳 761.2万円 743.9万円
55~59歳 756.5万円 722.3万円
60~64歳 531.1万円 500.4万円
生涯賃金 2.78億円 2.68億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

日本ケミコンの平均年収推移と生涯賃金は、業界平均と比較して全体的に少し高めです。ほぼ全ての年代で業界平均と約20万~30万円の差額があり、生涯賃金では1,000万円の差額となる予測です。

まとめ

日本ケミコンの製品は今後需要拡大が見込める分野です。世界シェアトップの製品もあり、市場の成長と合致すれば、高い年収も見込めるようになるのではないでしょうか。今後の動向に注目をしたいところです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ