企業研究

三菱化工機の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

三菱化工機における最近の平均年収推移

「三菱」と聞くと就活生や大学生または一般の人も誰もが聞いたことのあるのではないでしょうか。大手三菱グループに属する三菱化工機は、機械製造メーカーです。三菱化工機の水素水発生装置は業界トップクラスのシェア率を誇ります。毎年業績は黒字をキープし、給与面でも業界で高水準です。それでは平均年収をグラフや表から順番に見ていきましょう。

三菱化工機とは

正式名称:三菱化工機株式会社
所在地:神奈川県川崎市川崎区大川町2番1号
従業員数:544人
平均年齢:44.2歳
平均勤続年数:16.7年
http://www.kakoki.co.jp/index.html
※有価証券報告書を参照

三菱化工機は神奈川県川崎市川崎区大川町に本社を置く、三菱グループに属する機械メーカーです。主な事業内容は、プラント事業関連は都市ガス関連、石油精製、石油化学、電力、化学、医薬品、食品関連等。環境事業関連は下水排水、集落排水、リサイクル、脱臭、排水処理等。機械事業は遠心分離機、ろ過機、かくはん機、集塵装置、船舶機器等があります。三菱化工機は現代における多様なニーズに応えられるよう、国内三ヶ所に工場を持っています。

近年の平均年収推移

三菱化工機の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 710.0万円
平成27年 699.0万円
平成26年 618.0万円
平成25年 640.0万円
平成24年 682.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

三菱化工機における5年分の平均年収は、若干ばらつきがあります。平成24年では682万円、平成25年では640万円、平成26年では618万円です。平成24年~平成26年では減少を続けていましたが、平成27年では699万円と持ち直していることが分かります。

三菱化工機における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 448.3万円 28.5万円 106.2万円
25~29歳 584.0万円 37.1万円 138.3万円
30~34歳 664.3万円 42.2万円 157.4万円
35~39歳 718.9万円 45.7万円 170.3万円
40~44歳 777.7万円 49.5万円 184.2万円
45~49歳 841.2万円 53.5万円 199.3万円
50~54歳 876.6万円 55.7万円 207.7万円
55~59歳 871.2万円 55.4万円 206.4万円
60~64歳 611.7万円 38.9万円 144.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

三菱化工機の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 28.5万円 106.2万円 448.3万円
23歳 30.2万円 112.6万円 475.4万円
24歳 32.0万円 119.1万円 502.6万円
25歳 33.7万円 125.5万円 529.7万円
26歳 35.4万円 131.9万円 556.8万円
27歳 37.1万円 138.3万円 584.0万円
28歳 38.2万円 142.1万円 600.0万円
29歳 39.2万円 145.9万円 616.1万円
30歳 40.2万円 149.8万円 632.2万円
31歳 41.2万円 153.6万円 648.3万円
32歳 42.2万円 157.4万円 664.3万円
33歳 42.9万円 160.0万円 675.2万円
34歳 43.6万円 162.5万円 686.2万円
35歳 44.3万円 165.1万円 697.1万円
36歳 45.0万円 167.7万円 708.0万円
37歳 45.7万円 170.3万円 718.9万円
38歳 46.5万円 173.1万円 730.7万円
39歳 47.2万円 175.9万円 742.4万円
40歳 48.0万円 178.7万円 754.2万円
41歳 48.7万円 181.5万円 766.0万円
42歳 49.5万円 184.2万円 777.7万円
43歳 50.3万円 187.2万円 790.4万円
44歳 51.1万円 190.2万円 803.1万円
45歳 51.9万円 193.3万円 815.8万円
46歳 52.7万円 196.3万円 828.5万円
47歳 53.5万円 199.3万円 841.2万円
48歳 53.9万円 200.9万円 848.3万円
49歳 54.4万円 202.6万円 855.3万円
50歳 54.8万円 204.3万円 862.4万円
51歳 55.3万円 206.0万円 869.5万円
52歳 55.7万円 207.7万円 876.6万円
53歳 55.7万円 207.4万円 875.5万円
54歳 55.6万円 207.1万円 874.4万円
55歳 55.5万円 206.9万円 873.4万円
56歳 55.5万円 206.6万円 872.3万円
57歳 55.4万円 206.4万円 871.2万円
58歳 52.1万円 194.1万円 819.3万円
59歳 48.8万円 181.8万円 767.4万円
60歳 45.5万円 169.5万円 715.5万円
61歳 42.2万円 157.2万円 663.6万円
62歳 38.9万円 144.9万円 611.7万円
63歳 31.1万円 115.9万円 489.3万円
64歳 23.3万円 86.9万円 367.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三菱化工機の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,334.5万円
課長 1,043.8万円
係長 794.9万円
20~24歳の一般社員 448.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三菱化工機の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.85万円
修士了 22.45万円

※リクナビ2018より参照しています。

三菱化工機における大卒、院卒の初任給は上記のとおりです。大卒が20万8,500円、修士了が22万4,500円です。また、高専卒の場合の初任給は18万5,300円です。

電機・家電大手業界における年収の傾向と生涯賃金

電機・家電大手業界とは

電機・家電大手業界とは、電化製品、充電製品、コンピュータ製品、オフィス機器、医療機器、産業用機器、自動車や船舶用の電子機器を開発販売、製造している業界です。三菱化工機は、中でもプラント、環境改善設備、産業機械を扱っている企業です。

業界規模は推定で67兆円という巨大産業です。業界規模は他の業界と比較しても常にトップクラスを誇ります。現在ではBtoBやIoTの製品に手を伸ばしつつ、海外展開の強化を行っている業界でもあります。

電機・家電大手業界の平均年収推移と生涯賃金


年齢 三菱化工機 電機・家電大手業界
20~24歳 448.3万円 451.1万円
25~29歳 584.0万円 563.3万円
30~34歳 664.3万円 645.8万円
35~39歳 718.9万円 692.5万円
40~44歳 777.7万円 755.5万円
45~49歳 841.2万円 809.7万円
50~54歳 876.6万円 860.2万円
55~59歳 871.2万円 835.2万円
60~64歳 611.7万円 578.6万円
生涯賃金 3.20億円 3.10億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

三菱化工機と電機・家電大手業界の平均年収を比較すると、三菱化工機は20~24歳で約448万円、電機・家電大手業界の平均は20~24歳で451万と、業界平均のほうが年収が高いことがわかります。しかし、25歳~29歳では三菱化工機の年収のほうが21万円ほど上回っています。生涯賃金でも、三菱化工機のほうが高水準という予測結果となりました。

まとめ

ここまで三菱化工機の年収を調査してきました。三菱化工機は化学工業の機械の製造業を主事業としています。環境対策にも強く、水素水発生装置は業界トップクラスの実績を誇ります。大手三菱グループのひとつでもあり、優良企業と言えるでしょう。

監修者プロフィール

redhope1369のプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。