履歴書

【履歴書の形式別テンプレート付き】書き方のポイントと合わせて紹介

就活生が使用する履歴書の様式は3パターン

自分に合った履歴書を選ぶには、履歴書の使用用途から考えていきましょう。どのようなシーンで履歴書を使うのか、どのような企業に提出する履歴書なのかによっても、履歴書のテンプレートを変えることが大切です。

履歴書のテンプレートは基本的にはどれを使用しても問題はありません。しかし選び方次第では印象が変わる場合もありますので、シチュエーションごとに、自分に合ったものを使用することが大切です。使用用途を考えて、履歴書のテンプレートも選んでいきましょう。

①JIS規格

履歴書のテンプレートとしてはJIS規格ものがあります。これは全国的に統一された履歴書の規格ですので、最もスタンダードな履歴書のテンプレートだと言えます。JIS規格の履歴書は自己PRの欄が少ないことが特徴です。

志望動機、特技、好きな学科、アピールポイントの中から自身で一つを選び、アピールすることになります。JIS規格は自己PRは必要最小限になりますが、その分自身の経歴をアピールすることに優れている履歴書です。

これまでの経歴に自信がある、転職回数が多い人にはおすすめのテンプレートだと言えます。JIS規格は最もスタンダードな履歴書のテンプレートであるため、どこで使っても間違いはありませんが、歴史の古い企業などで使用すると高評価を得やすいでしょう。

②大学指定

ほとんどの大学にはオリジナルの履歴書が用意されており、校内で購入できるようになっています。この「大学指定」の履歴書は、新卒用に作られているため、学生に最適な内容でメリットが多いのが特長です。新卒には不要な項目が省かれ、自己PR・志望動機・大学で力を入れたこと・ゼミや卒論の研究テーマ・得意科目など、学生向けの欄が数もスペースもたくさん設けられています。

細分化された項目立てにより、それぞれについて深く記述できるので、自分を詳しく知ってもらえる充実した仕上がりとなります。また、これらの内容は企業側が知りたいことでもあるのです。そのため、募集要項において大学指定の履歴書の使用を指示している企業も見られます。大学指定の履歴書は、合否に直接関係ないものの、学生にとってアピール力が高いのは確かです。

履歴書の書き方

履歴書を作成するにあたって、注意点が幾つかあります。履歴書は、企業に接触する最初の手段であり、採用試験の最後まで関わってくるツールです。自分について知らせるべき最低限の情報を網羅し、より有意義に面接が展開される内容を打ち出さなければなりません。終始自分を売り込むために用いる大事なものですから、ファーストステップでつまずくことのないよう、基本を押さえておきましょう。ここではポイントを3つご紹介していきます。

必須項目は5つ

どの履歴書にも必ずセットされて欠かせない項目があります。日付・名前・証明写真・住所と電話番号・学歴です。日付は記入日でなく持参または発送日とするのがルールで、枠外に添えるケースが多いため漏れに注意しましょう。名前は氏と名を少し離すと読みやすくなります。証明写真は、印象の決め手です。服装や髪型を清潔に整え、爽やかさを感じさせる表情を心がけましょう。

写真館や証明写真機の利用と、白かブルーの背景をおすすめします。住所は都道府県から建物名まで、電話番号も市外局番を忘れずに書きましょう。学歴は、企業の指示や特別なアピール事情がない限り、中学卒業から始めるのが一般的です。以上は全て、年号を統一し、正式名称で、横書きの場合はアラビア数字を用いて記入します。誤記がないことはもちろんですが、配慮や注意力も見られていますので、気をつけてください。

資格欄は取得年月日も記入

資格欄もまた、あらゆる履歴書に共通して設けられている項目です。新卒の就活生は仕事に対するスキルを提示しにくいため主に人柄が重視されますが、資格欄を活用すれば職務に役立ちそうな能力をアピールできます。免許・資格を取得した年月(日)も漏らすことなく、年号を他項目と統一のうえ、取得順に列記します。

取得日は、受験日や証書発行日等でなく、合格して認可が下りた日です。証明書や合格通知などで確認し、正しく転記する必要があります。不明なら実施団体へ問い合わせ、それでも判明しなければ、日付が分からなかった旨を添えるとよいでしょう。名称は略さず、民間資格は主催団体も書きます。保持資格が多数にわたる場合は、業務との関連度から優先順位を決めて抜粋しましょう。簡単なレベルのものは逆効果なので省いたほうが無難です。

空欄は作らない

履歴書作成の鉄則は、空欄を残さないことです。何も書かれていない項目があった際、書くことがなかったのか書き忘れたのか、企業側からは判別がつきません。いずれにせよ、やる気がないと思われるのがオチで、アピール力もアピールポイントもない人と判断されても仕方がありません。但し書きに従う場合を除き、空欄は作らず全ての項目を埋めましょう。連絡先の「同上」などもその一つです。

どうしても書ける内容がないときには「特になし」と記入すべきですが、趣味・特技・本人希望等の欄ではそれも避け、必ず何かを述べましょう。資格欄なら「取得予定」や「勉強中」と記載するのもアリです。読みやすい範囲で、空白感のない完成形を目指してみてください。自分が情報を盛り込めそうな項目で構成された履歴書を選ぶのも良策です。

履歴書作成において、志望動機や自己PRなど上記で紹介した項目以外についての記載方法を知りたい人は、ぜひ資料もチェックしてください。履歴書は内定を勝ち取るための書類選考において必須です。自分が納得する内容で提出できるようにしましょう。

ファイル形式から選ぶ履歴書テンプレート

履歴書のテンプレートを選ぶときには、ファイルの形式から選ぶのもおすすめです。最近ではWEBでも履歴書のテンプレートをダウンロードすることができますし、自身のパソコン環境に合わせてファイル形式を選ぶようにしましょう。フォーマットが同じ場合でも、ファイルの形式が違えば、使い勝手も異なります。履歴書のテンプレートにはさまざまなファイル形式がありますので、それぞれの特徴を知り、自分に合ったものを選んでいきましょう。

Microsoft Word形式

履歴書のテンプレートとしてWord形式のものがあります。Wordはパソコンに基本的に入っているソフトですし、操作もそれほど難しくはありませんので、比較的簡単に履歴書を作成することができます。

またWordであれば、パソコン内で記入して印刷することもできますし、そのままデータで履歴書を送ることも可能です。使い勝手が良く、一般的なファイル形式ですので、大抵のパソコン環境で使用することができ、おすすめです。

Wordの履歴書をパソコンで作成する場合は、基本的には明朝体で、文字サイズも項目ごとに合わせて書くようにしましょう。全体で書体が違ったり、文字サイズが適当でないと違和感を感じてしまいますので、書体は統一し、文字サイズは項目に合わせて変化させていきましょう。

Microsoft Excel形式

履歴書のテンプレートには、Excel形式もあります。ExcelもWord同様にパソコン画面で打ち込んで作成することもできますし、これも基本的なソフトですので、多くのパソコン環境で使用することができます。

しかしExcelの場合はデータで提出するときには注意が必要で、そのままの形式で送るのではなく、他の形式に出力し直してから送らなければなりません。Excelはパソコン環境によっては上手く表示されないこともありますので、自分のパソコンでは綺麗に表示されていても、企業のパソコンでは表示が崩れてしまう可能性があります。

Excelは操作がしやすく、履歴書の作成には便利ですが、企業に提出するときには別のファイル形式にする、あるいは印刷して郵送するなどの工夫が必要です。

PDF形式

履歴書のテンプレートにはPDF形式のファイルもあります。PDFは基本的にはPC上で履歴書の内容を打ち込んでいくことができません。そのため印刷して手書きで使用するのに向いているファイル形式だと言えます。

手書きの履歴書はボールペンで記入しますので、一発勝負ですし、修正液などで修正することもできません。書き損じがあれば、その時点で書き直しになってしまい、履歴書が無駄になってしまいます。履歴書を購入するのは面倒ですし、お金がかかります。

PDFのテンプレートがあれば、自宅で簡単に履歴書を印刷し、書き直しが可能です。またPDFは表示が崩れにくいのが特徴でもあり、WordやExcelで作成した履歴書をネットで送る場合にはPDF形式に変換して提出するのもおすすめです。

MAC PC

履歴書のテンプレートのファイル形式は使用するパソコンによっても異なります。Windowsのパソコンを使用していれば、WordやExcelなどでも問題はありませんが、MAC PCを使用している場合には、それに合わせたファイル形式を使用する必要があります。

MAC PCの場合はzipファイルのテンプレートを使用するようにしましょう。MAC PCのファイル形式は他のパソコンとは異なっている場合も多いのです。企業に提出するときにはPDF化する、あるいは印刷して郵送するなどの工夫が必要です。

素晴らしい履歴書を書くことができても、そのファイルが開けないのでは意味がありません。MAC PCはファイルが開けないトラブルが起こりがちですので、注意しましょう。

履歴書テンプレートを有効的に活用しよう

就活で使用できる履歴書はさまざまな種類があり、テンプレートは一つだけではありません。基本的にはどのテンプレートを使用しても問題はありませんが、それぞれに違いや特徴がありますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

履歴書はテンプレートによってアピールできることも変わりますし、履歴書で伝えられる内容も変わります。またファイルの形式によっては作成しやすいもの、作成が難しいものもあります。自身のパソコン環境やパソコンスキルなどを考えて、ファイル形式を選択するのも大切です。

履歴書はどのテンプレートを使用すれば正解というものではありません。自分に合ったものを選び、有効活用できることが大切になります。それぞれの特徴から自分に合ったテンプレートを見つけていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ