企業研究

東亞合成の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

東亞合成における最近の平均年収推移

東亞合成とは、誰もが一度は使ったことがあるであろう「アロンアルファ」を手がけている会社です。またアロンアルファのような最終消費財だけでなくいろいろな産業の基礎材料にも事業を広げています。今回はそんな東亞合成における年収について分析を行っていきます。

東亞合成とは

正式名称:東亞合成株式会社
所在地:東京都港区西新橋1丁目14−1 東亞合成ビル
従業員数:1,189人
平均年齢:46.29歳
平均勤続年数:22.27年
//www.toagosei.co.jp/
※有価証券報告書を参照

平均勤続年数を見ると22.27年と非常に長いことが見て取れます。上場企業の平均勤続年数が14.7年ですから、平均よりも約8年も上回っていることがわかります。仕事のやりがいをはじめとして、労働環境・待遇の面など様々な面で優れていることがわかります。

近年の平均年収推移

東亞合成の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 657.0万円
平成27年 651.0万円
平成26年 648.0万円
平成25年 652.0万円
平成24年 649.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平均年収の推移表・グラフを見るとわかるように、過去5年で大きな変動は見られません。安定感があることがわかると同時に、上場企業の平均である605万円を上回る高水準であることも読み取ることができます。

東亞合成における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 395.9万円 24.7万円 99.2万円
25~29歳 536.9万円 33.5万円 134.6万円
30~34歳 619.6万円 38.7万円 155.3万円
35~39歳 677.0万円 42.3万円 169.7万円
40~44歳 731.0万円 45.6万円 183.2万円
45~49歳 791.9万円 49.4万円 198.5万円
50~54歳 830.0万円 51.8万円 208.1万円
55~59歳 799.4万円 49.9万円 200.4万円
60~64歳 535.0万円 33.4万円 134.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

東亞合成の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 24.7万円 99.2万円 395.9万円
23歳 26.5万円 106.3万円 424.1万円
24歳 28.2万円 113.4万円 452.3万円
25歳 30.0万円 120.4万円 480.5万円
26歳 31.8万円 127.5万円 508.7万円
27歳 33.5万円 134.6万円 536.9万円
28歳 34.6万円 138.7万円 553.4万円
29歳 35.6万円 142.9万円 570.0万円
30歳 36.6万円 147.0万円 586.5万円
31歳 37.7万円 151.2万円 603.0万円
32歳 38.7万円 155.3万円 619.6万円
33歳 39.4万円 158.2万円 631.1万円
34歳 40.1万円 161.1万円 642.6万円
35歳 40.8万円 163.9万円 654.0万円
36歳 41.6万円 166.8万円 665.5万円
37歳 42.3万円 169.7万円 677.0万円
38歳 43.0万円 172.4万円 687.8万円
39歳 43.6万円 175.1万円 698.6万円
40歳 44.3万円 177.8万円 709.4万円
41歳 45.0万円 180.5万円 720.2万円
42歳 45.6万円 183.2万円 731.0万円
43歳 46.4万円 186.3万円 743.2万円
44歳 47.2万円 189.3万円 755.3万円
45歳 47.9万円 192.4万円 767.5万円
46歳 48.7万円 195.4万円 779.7万円
47歳 49.4万円 198.5万円 791.9万円
48歳 49.9万円 200.4万円 799.5万円
49歳 50.4万円 202.3万円 807.1万円
50歳 50.9万円 204.2万円 814.8万円
51歳 51.4万円 206.1万円 822.4万円
52歳 51.8万円 208.1万円 830.0万円
53歳 51.4万円 206.5万円 823.9万円
54歳 51.1万円 205.0万円 817.8万円
55歳 50.7万円 203.4万円 811.6万円
56歳 50.3万円 201.9万円 805.5万円
57歳 49.9万円 200.4万円 799.4万円
58歳 46.6万円 187.1万円 746.5万円
59歳 43.3万円 173.9万円 693.6万円
60歳 40.0万円 160.6万円 640.8万円
61歳 36.7万円 147.4万円 587.9万円
62歳 33.4万円 134.1万円 535.0万円
63歳 26.7万円 107.3万円 428.0万円
64歳 20.0万円 80.5万円 321.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

東亞合成の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,178.6万円
課長 921.9万円
係長 702.0万円
20~24歳の一般社員 395.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

東亞合成の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 22.45万円
修士了 23.75万円
博士了 26.55万円

※リクナビ2018より参照しています。

東亞合成の初任給を平成28年賃金構造基本統計調査(初任給)における大卒者の平均初任給(約20万円)、院卒者の平均初任給(約23万円)と比べてみると、高めか平均的な水準であることがわかります。また、技術を要する業界ですから博士卒もかなり高い初任給が設定されていることが読み取れます。

化学業界における年収の傾向と生涯賃金

化学業界とは

私たちの身の回りにあるほとんど物に化学製品が使われていることからわかるように、市場規模としてはかなりの大きさを持っている化学業界です。しかし、近年では好調を保っている国内化学メーカーですが将来的に人口減少などから市場の縮小が予想されています。そのため多くの企業が国内向けだけでなく海外市場を見据えた製品作りに力を入れているようです。

化学業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 東亞合成 化学業界
20~24歳 395.9万円 405.2万円
25~29歳 536.9万円 506.0万円
30~34歳 619.6万円 580.1万円
35~39歳 677.0万円 622.0万円
40~44歳 731.0万円 678.6万円
45~49歳 791.9万円 727.3万円
50~54歳 830.0万円 772.7万円
55~59歳 799.4万円 750.3万円
60~64歳 535.0万円 519.7万円
生涯賃金 2.96億円 2.78億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

化学業界全体の平均年収とと東亞合成の平均年収の比較シミュレーションを行いました。20代前半以外ではどの年代でも東亞合成が上回っているのがわかります。アロンアルファをはじめとした高クオリティの商品が多く生産されているので、業績もそれなりに良いことがうかがえます。

まとめ

以上、東亞合成の平均年収に焦点を当てて分析を行ってきました。現在では売り上げ・業績は好調なようですが、今後変わっていくであろう化学業界でどのような戦略を立ててくるのか、今後注目すべきでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ