企業研究

わらべや日洋の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

わらべや日洋における最近の平均年収推移

わらべや日洋ではコンビニ食品を主な事業としており、その規模の大きさはグループ全体で1日最大600万食を生産するほどです。今回はわらべや日洋の平均年収を同業界との比較などを交えながら分析していきます。

わらべや日洋とは

正式名称:わらべや日洋ホールディングス株式会社
所在地:東京都小平市小川東町5-7-10
従業員数:23人
平均年齢:43.1歳
平均勤続年数:7.8年
//www.warabeya.co.jp/index.html
※有価証券報告書を参照

わらべや日洋について、平成28年9月1日付で持株会社体制へ移行したため、従業員数が1,019名ほど減少した数値が出ていますが、実質1,000人を超えている大企業と言っても良いでしょう。

近年の平均年収推移

わらべや日洋の近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 789.0万円
平成27年 503.0万円
平成26年 496.0万円
平成25年 491.0万円
平成24年 484.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

平成28年度から大きく数字が伸びていますが、平成28年9月1日付で持株会社体制へ移行した影響だと考えられます。したがって実質の平均年収は平成24年から平成27年の間の数値と変わらないと見て良いでしょう。

わらべや日洋における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 504.6万円 34.9万円 85.5万円
25~29歳 638.7万円 44.2万円 108.2万円
30~34歳 729.6万円 50.5万円 123.6万円
35~39歳 796.5万円 55.1万円 135.0万円
40~44歳 861.7万円 59.6万円 146.0万円
45~49歳 900.9万円 62.4万円 152.6万円
50~54歳 971.0万円 67.2万円 164.5万円
55~59歳 947.1万円 65.6万円 160.5万円
60~64歳 751.7万円 52.0万円 127.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

わらべや日洋の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 34.9万円 85.5万円 504.6万円
23歳 36.8万円 90.0万円 531.4万円
24歳 38.6万円 94.6万円 558.2万円
25歳 40.5万円 99.1万円 585.1万円
26歳 42.4万円 103.7万円 611.9万円
27歳 44.2万円 108.2万円 638.7万円
28歳 45.5万円 111.3万円 656.9万円
29歳 46.7万円 114.4万円 675.1万円
30歳 48.0万円 117.5万円 693.3万円
31歳 49.2万円 120.5万円 711.4万円
32歳 50.5万円 123.6万円 729.6万円
33歳 51.4万円 125.9万円 743.0万円
34歳 52.4万円 128.2万円 756.4万円
35歳 53.3万円 130.4万円 769.8万円
36歳 54.2万円 132.7万円 783.1万円
37歳 55.1万円 135.0万円 796.5万円
38歳 56.0万円 137.2万円 809.6万円
39歳 56.9万円 139.4万円 822.6万円
40歳 57.8万円 141.6万円 835.6万円
41歳 58.7万円 143.8万円 848.7万円
42歳 59.6万円 146.0万円 861.7万円
43歳 60.2万円 147.3万円 869.5万円
44歳 60.7万円 148.7万円 877.4万円
45歳 61.3万円 150.0万円 885.2万円
46歳 61.8万円 151.3万円 893.1万円
47歳 62.4万円 152.6万円 900.9万円
48歳 63.3万円 155.0万円 914.9万円
49歳 64.3万円 157.4万円 928.9万円
50歳 65.3万円 159.8万円 943.0万円
51歳 66.2万円 162.1万円 957.0万円
52歳 67.2万円 164.5万円 971.0万円
53歳 66.9万円 163.7万円 966.2万円
54歳 66.5万円 162.9万円 961.5万円
55歳 66.2万円 162.1万円 956.7万円
56歳 65.9万円 161.3万円 951.9万円
57歳 65.6万円 160.5万円 947.1万円
58歳 62.8万円 153.8万円 908.0万円
59歳 60.1万円 147.2万円 869.0万円
60歳 57.4万円 140.6万円 829.9万円
61歳 54.7万円 134.0万円 790.8万円
62歳 52.0万円 127.4万円 751.7万円
63歳 41.6万円 101.9万円 601.4万円
64歳 31.2万円 76.4万円 451.0万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

わらべや日洋の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,502.1万円
課長 1,174.9万円
係長 894.6万円
20~24歳の一般社員 504.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

わらべや日洋の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 21万円
修士了 21万円
博士了 -

※リクナビ2018より参照しています。

わらべや日洋における初任給を調べました。大卒であっても大学院卒であっても初任給は21万円と変わりません。その他超過勤務手当・交替勤務手当・通勤手当・住宅手当・家族手当などが上記の数値に加算されます。

食品業界における年収の傾向と生涯賃金

食品業界とは

食品業界は、景気による消費者心理や原材料の価格が影響するため、あまり今後の予測がしにくい業界でもあります。近年では、円安の影響で原材料の輸入コストが上昇し、輸入に頼るメーカーにとっては逆風となりつつあります。また、食品業界全体として国内市場に伸び悩みが見られ、海外進出を見据える企業が増えている傾向も見られます。

食品業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 わらべや日洋 食品業界
20~24歳 504.6万円 369.8万円
25~29歳 638.7万円 461.8万円
30~34歳 729.6万円 529.4万円
35~39歳 796.5万円 567.7万円
40~44歳 861.7万円 619.3万円
45~49歳 900.9万円 663.8万円
50~54歳 971.0万円 705.2万円
55~59歳 947.1万円 684.7万円
60~64歳 751.7万円 474.3万円
生涯賃金 3.55億円 2.54億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

上記はわらべや日洋における平均年収と食品業界全体の平均年収を比較シミュレーションを行った結果です。全体的に、わらべや日洋が平均を上回ると予想され、40代前半ではわらべや日洋が約240万円、50代前半では約270万円上回ると予測が出ています。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

まとめ

以上、わらべや日洋の簡単な会社概要、平均年収の分析などを行ってきました。コンビニ食品業界ではトップクラスのシェアを維持しており、商品のクオリティも高いと、良い評判を受けているため、社員の年収も高くなるのは当然だと考えられます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ